30代の転職活動がうまくいかない原因。年齢のせいにしてはいけない。

30代の転職活動がうまくいかない原因。年齢のせいにしてはいけない。

いざ転職をすると決意して転職活動を始めたけれど、実際に応募してみるとなかなかうまくいかないと悩んでいませんか?

そんな時頭によぎるのは年齢面でのデメリットですよね。30代だとどこも採用してくれないんではないのか、そんな風に考えてしまいがちです。

ただ、一方で30代でもすんなり転職することができる人も多くいます。それこそ大幅な年収アップを実現することができたという人も少なくありません。

では30代でも転職がうまくいく人、全然うまくいかない人にはどういった違いがあるのでしょうか。今回は30代で転職がうまくいかない原因、見直すべき点を紹介します。

関連:中小企業から大企業に転職を成功させた人の体験談、安定、高年収を手に入れた方法とは?

関連:未経験だけど大手企業の正社員に転職する方法はある?

転職がうまくいかないのは年齢のせいではない

30代の場合、転職がうまくいかないとすぐに年齢のせいにしてしまう人がいます。

確かに転職市場では20代のほうが何かと選択肢も多いですし、転職しやすいというのは事実です。何も考えずにがむしゃらにやればなんとかなった20代とは違います。

ただ、それでも転職を成功させている人は多数いるわけで、転職がうまくいかない原因は他にあるはずなんです。

転職は20代のうちにすべきだ、転職の限界は35歳だなんて言葉を言う意見を聞いたことがあるかもしれませんが、それは昔の話です。

転職成功者の平均年齢は年々上昇していて、現在は32歳以上となっており、30代後半の人だってばんばん転職を成功させています。

転職活動がうまくいかない30代も多い

年齢を言い訳にしてしまえば、楽といえば楽なんですが、そこには反省も無い為、改善もありません。

うまくいかない原因は、むしろ他にあると考えてください。そしてそれはたいていが自分の問題です。自分のミスだからこそ直すことは十分にできます。

企業のニーズにあっていない

即戦力を求められる30代にとって、どういった会社を応募するかというのはかなり大事。それこそ企業が希望しているスキルを身につけていなければ採用してはもらえません。

20代であればまだポテンシャルの高さを買ってくれることもあるのですが、30代ともなるとこれから勉強しますだとか、成長していきますなんてことはほとんど通用しません。

それは未経験可となっている企業でも一緒。いくら未経験であっても、全く何もできなくて良いというわけではありません。それまでの経験で生かせるものを持っていることが必要になってくるのです。

転職活動の際、つい自分はこういったことがやりたいといったように自分の考えばかりを考えてしまいがちです。

もちろん自分の希望を叶えるというのは大切ではあるんですが、一度企業の立場にも考えてみることも必要です。企業はどういった人材を欲しがっているのか、その人材に自分が合っているのかということを客観的に見るようにしてみましょう。

年齢相応のスキルがない、実績を残していない

経験者を求める企業は、単に経験しているということだけではなく、年齢に対してどの程度のスキルを持っているか、これまでどんな実績を残しているかということを特に見ています。

当然年齢相応のスキルがない人、実績がないという人というのは、たとえこれからの仕事に関する最低限の能力が備わっていたとしても採用はしません。

そういった人は仕事に対するモチベーションが低い、今後の成長も見込めないというように思われてしまうのです。

たいていはアピール不足でそういった風に思われてしまうことが多いので、今一度スキルの棚卸とどんな実績をアピールしていくかの見直しをしてみましょう。

自分の能力を過信している

能力が高くても面接官に嫌われてしまうのが、自分の能力を過信しすぎている志望者。

やたら自身満々だったり、なぜか上から目線だったり、アピールが自慢になってしまっていたり。そんな人は当然受かるわけがないんですが、20代よりも30代の人にはこういった人が実際に多いんです。

また過信は実力に見合わない条件を望んでしまうということにもつながってしまいます。

転職では全てが理想通りとはいきません。どこかで自分の実力を客観的に見て条件等を決めていかなくてはなりません。そこを見誤って自分の実力に見合わない企業ばかりを受けていてもなかなかうまくいかないのは当然のことです。

熱意をアピールできていない

30代で経験者として転職しようとしている場合に、よく軽視してしまいがちなのが熱意です。

ただ、実は企業が一番重要視するのはスキルや実績なんかよりも熱意だそうです。とは言ってもスキルがなければ受からないんですが、それぐらい熱意も大事ということです。

熱意って実はアピールするのが難しいんですよね。なぜその会社を選んだのか、なぜその仕事をしたいのかということを伝える為にはその業界、会社、商品についてよく調べなくてはなりませんし、仕事内容をイメージして具体性をアピールしなくてはなりません。

当然、面接で突然質問された時には答えられるものではないんです。

履歴書の書き方、面接のやり方が間違っている

転職活動をすすめるにあたり、履歴書の書き方にもコツがありますし、面接でも気をつけなくてはいけないことがあります。練習も当然しなくては当日なかなかうまくはいきません。

実は転職がうまくいかないという人の中で、この基本的なことができていない人も実は多いんです。

在職中に転職活動を進めていると何かと忙しくて手を抜いてしまいがちになるのが主な原因と考えられます。

一度転職エージェントに相談してみましょう

転職がうまくいかない原因を紹介してきましたが、なかなか自分ではどうしていいかわからないもの。あまり自分で何とかしようとはせずに転職エージェントの力も頼ってみましょう。

転職エージェントは30代という年齢、そしてこれまでの職歴やあなたの希望を考慮した上で受かる可能性のある会社を紹介してくれますし、自己分析から履歴書の添削、面接練習といったものまでサポートしてくれますからうまくいかないと悩んでいる人にはかなりの手助けになると思います。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:面接で答える転職理由で注意すべき点。辞めた理由と間違えて人間関係と答えるのはNG


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ