30代の転職活動に疲れた人が見直すべき転職活動との向き合い方。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

30代の転職活動に疲れた人が見直すべき転職活動との向き合い方。

20代に比べると厳しいと言われている30代の転職活動。

中々内定を貰うことができず、転職活動の長期化による体力的、精神的に疲れてしまう人は多いようです。

ただそうなってしまうと、モチベーションが低下してしまったり、焦りや不安から誤った選択をしてしまったり、余計に上手くいかなくなるという悪循環を生み出す可能性があります。

だからこそ気を付けたい転職活動との向き合い方。

がむしゃらにただやり続けることができるのは1ヶ月から2ヶ月程度。それ以上の期間がかかることも多い30代は、心も体も余裕を持ちながら転職活動を行っていかなくてはなりません。

関連:転職がうまくいかない、疲れた。体力的にも精神的にもきついと感じた時はどうすればいい?

関連:30代後半の転職は本当に厳しいのか。成功する人と失敗する人の違いは?

厳しかった、大変だったという声も多い30代の転職活動

20代で転職した人に対し、30代で転職した人は転職活動に対して厳しかった、大変だったと感じている人はやはり多いです。

  • 応募できる求人が20代に比べて少なかった
  • 書類選考すら全然通らなかった
  • 求められる能力がかなり高いと感じた
  • 面接で20代ならと言われた
  • 長期化し精神的に辛かった

こんな意見がよく聞かれます。

転職市場は売り手市場となっており、30代以上のミドル層の中途採用も以前に比べてかなり活発になってきてはいますが、それでも決して簡単に終わることではありません。

実際30代は20代に比べると転職活動期間はかなり長い傾向にあります。

エン・ジャパンが調査した「転職活動期間に関する調査」によると、20代と30代の転職活動期間は以下の通り。

【20代】

  • 1ヶ月半以内:42.9%
  • 3ヶ月以内:47.6%
  • 6ヶ月以内:7.6%

【30代】

  • 1ヶ月半以内:19.2%
  • 3ヶ月以内:62.5%
  • 6ヶ月以内:18.3%

20代の半数は1ヶ月半以内に、3ヶ月以内であれば9割程度の人が終わるのに対し、30代の場合だと1ヶ月半以内に終わる人はたった2割、3ヶ月以内でも8割程度。

20代と30代でかなり差がついていることがわかります。

当然応募する会社の数は多いし、不採用となる会社の数も多い。転職活動に費やすことになった時間も長くなるのが30代の転職活動です。

30代の転職活動で疲れたと感じる人は多い

このように20代に比べて厳しいものがある30代の転職活動。

当然精神的、体力的に疲れたと感じる人は多くなります。

そしてその原因は以下の点から来ている場合が多いです。

忙しい仕事と転職活動の同時並行

転職活動を行っている多くの人は仕事を辞めず、仕事をしながら転職活動を行っていると思います。

その為、当然ながら求人を探して企業について調べ、履歴書を作り応募するという転職活動の一連の流れを休日等仕事以外の時間を使って行わなくてはなりません。

これが疲れる主な原因になっている人は多いでしょう。ブラック企業を避ける為には絶対に行うべき企業情報の調査ですが、企業について調べようと思ったらかなり時間がかかりますしね。

またプライベートな時間を削って行う体力的な部分だけではなく、面接日程を調整し有給休暇を取らなくてはいけないなど精神的に疲れることも多いのが転職活動。

30代ともなれば、責任のある仕事を任せられ残業も多く仕事に追われている人が多いですから、時間のやりくりして転職活動を続けていくのはやはりかなり大変なことです。

不採用が続く現実

30代が転職活動を行った場合の平均応募社数は15社~20社程度に及び、人によっては30社、50社も受ける人がいます。

相当合格率は低いのです。

ただそれでもせっかく応募したのに不採用となり、それが続いてしまうのは精神的にかなりきついこと。

その企業について時間をかかえて調べ、気合を入れて履歴書を書き応募したのに簡単に不採用となってしまうとそれまでの苦労が水の泡となりどっと疲れを感じてしまうことになります。

実際、転職活動が辛かった、しんどかったという理由では不採用が続いたということを挙げている人は少なくありません。

家庭と転職活動

30代の人だと結婚していて、子供もいる人も多いと思います。

そういう人の場合、仕事から家に帰っての時間や休日を全て転職活動の為の時間に捧ぐことができない人も少なくないと思います。

中々上手くいかないことによるストレスに加え、やりたいことの時間がとれないストレス、加えてあれこれと言われることへのストレスによって疲れてしまったという人もいるのではないでしょうか。

気を遣い神経質になりすぎている

仕事をしながらの転職活動は気を遣うことも多いですよね。

転職活動していることにばれないように気を遣うこともあれば、面接で休まなくてはいけないことにも気を遣う。

特に後者の面接日程の調整と有給休暇取得は苦労することも多いと思いますし、それが何度も何度もしなくてはいけないとなると、もう疲れて嫌になってしまうのも仕方がないことですよね。

期待が大きい分、精神的なダメージも大きい

転職活動をスタートする時点では、ほとんどの人はそれなりに転職に大して期待を抱いていたはず。

ただ実際に転職活動を始めてみると思いのほか厳しく、希望にあった求人がなかったり、応募しても全然受からなかったり。

期待していたものと大きく違ってしまうと当然精神的なダメージは大きく、余計に疲れたと感じる原因になっている人も多いのではないでしょうか。

転職活動に疲れを感じている30代が見直すべき転職活動との向き合い方

ではそんな30代がこれからどんな風に転職活動を進めていけば良いのでしょうか。

ぜひ以下の点を見直してみて下さい。

ハードワークになりすぎていないか

転職活動に疲れてしまっている人のほとんどは、仕事以外の空いた時間を全て転職活動に当てているような状態になってしまいがち。

自主的に行っている転職活動と言えども、これではストレスも解消できず疲労も回復しません。

もちろんできる限り早く転職活動は終わらせたい、失敗はしたくないという気持ちを持つのは当然。

ただだからと言って無茶なことをし続けては、結局うまくいかないだけです。

転職活動は例えば2ヶ月以内に終わらせなくてはもう転職できなくなるなんて時間制限があるものではありません。

だからこそ自分のペースで、大きな負担にならない程度に進めていくことをお勧めします。

そして意外にその方が短期集中でき、結局早く決まる場合が多いです。

慎重になるあまり条件を上げすぎていないか

30代で転職する多くの人はその転職に慎重になっているはず。

年齢的に最後の転職になる、失敗したら取り返すチャンスはない、そんな風に考えて転職活動に望んでいる人が多いです。

ただあまりに慎重になりすぎることによって、せっかくのチャンスを逃している人が非常に多いです。

もちろん慎重さは大切。ただそれだけではなく、自分が本当に希望していることは何か、何なら犠牲にすることができるかを考えたり、今すぐにではなく長期的な目線で考えることも転職活動では大切です。

焦る気持ちが先行してしまっていないか

転職活動において焦る気持ちは厳禁。

焦るが故に無理をしてしまうし、焦るが故に精神的に辛いと感じることも多いし、焦るが故に間違った選択をしてしまうことも増えます。

30代である以上転職活動はある程度長期戦を覚悟。

ある程度時間がかかってしまうこと、不採用となってしまう場合が多いことはある程度受け入れて、仕方ないと割り切る気持ちを持っていきましょう。

全ては最後転職活動が終わった時に報われます。

ツールを有効活用しているか

ハローワーク、転職サイト、転職エージェントなど転職活動を行う為のツールは色々あります。

これらのものを有効的に活用していますか?

これらの利用は全て無料、だからこそぜひ色々と使ってみてください。

転職活動を行っている多くの人が思い込みやめんどくささからしっかり活用することができていませんが、これは機会損失。

転職サイトにはまともな求人がない、スカウト機能を使ってもろくなオファーは来ない、転職エージェントは利用のハードルが高い。

実際使ってみた場合、確かにそう感じる人もいますが、思っているより役にたったという人も多く、それによって転職成功につながったという人も多いです。

転職サイトや転職エージェントなんて登録はすぐ終わるし、手間が増えるわけでもありませんから、機会はしっかり増やすようにしましょう。

効率を考えて行っているか

転職活動は効率良く進めることも大切。

特に仕事に家庭にと忙しい30代はただがむしゃらに思いつくままに転職活動を行っていてはだめです。

転職サイトはスカウト機能に期待しオファーが来るのを待つだけにし基本は転職エージェントを利用。

転職エージェントも頼めることと自分でやらなくてはいけないことをはっきりさせ、無駄に一人で悩まず相談するようにする。

企業についての情報収集も調べる内容をリストアップしておく。

無駄なことに時間を使わず、転職活動にあてる時間とそうではない時間のメリハリをつけることが精神的に安定させながら転職活動を進めていく上で大切なことです。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ