30代のリアルな転職体験談。みんなはどうやって転職をしている?

30代のリアルな転職体験談。みんなはどうやって転職をしている?

30代にもなったら転職はやめておいたほうが良い、転職するなら20代のうちにしておくべきだ。そんな話はもう昔の話。

以前に比べて転職が一般的なものとなり、転職者の平均年齢は年々上昇。30代で転職することは全然珍しいことではなくなりました。

とは言えそれまで働いてきた会社を離れ新たな場所に身を移すことはとても不安なこと。中々踏み切れずにいる人も多いかと思います。

今回紹介するのは実際に転職をした30代の方々の転職体験談。転職した人がどのように転職活動を進め、転職した結果どうなったのか、ぜひ参考にしてみてください。

関連:30代の転職活動がうまくいかない原因。年齢のせいにしてはいけない。

関連:30歳を超えてからの女性の転職は厳しい?成功させるにはどうする?

30代の転職事情

まずは30代の転職事情について簡単に紹介していきましょう。

30代前半はまだまだ

平均的な転職の難易度としては30代は決して高くありません。選択しとしても豊富ですし、企業側からも年齢が高いとは思われずに年齢面での不利なく転職活動を進めることができるでしょう。

もちろん30代ならば即戦力を求められることが多いですし、会社の事情によってはより若い年代の採用を考えている場合もあり、全ての会社に可能性があるわけではありません。

ただ全体的な傾向としてはまだまだ若くばりばり仕事ができる上にある程度経験を積んできている為にスキルも備わっている、そして今後の伸びしろにも期待ができるといった点から30代前半の採用に関して積極的に行っている企業は多いです。

30代後半からは難しくなる

30代前半から一転、30代後半の転職は難易度が高くなってしまいます。

ただし35歳転職限界説なんて言われていた以前に比べるだいぶ転職はしやすくなりました。

転職では年齢相応の高い能力を求められますし、管理職やチームリーダーとしてのマネジメント能力を求められる場合も増えてきます。

ただ能力さえ備わっていれば求人自体は少ないわけではないのでキャリアアップの転職も十分に可能です。

転職するには年齢が高すぎると諦める年齢ではありません。

未経験の転職

ここまで紹介したのはあくまで即戦力になりうる経験者としての転職。

30代の前半にしろ後半にしろ、未経験職への転職は難しいというのが実情です。

30代に期待されるのは仕事での高いスキル。それがない未経験者採用は求人自体が少ないし、あまり条件が良くない場合が多いです。

それでいて企業も採用するのは今後の伸びしろが期待できる若い人材。20代と30代なら20代、30代前半と30代後半なら30代後半を優先して採用します。

求人の時点で30代未満、35歳未満なんていう条件を課している場合も少なくありません。応募することすらできない企業も多々でてきてしまうのです。

30代前半のリアルな転職体験談

こういった感じの30代の転職。ただあくまで傾向であって未経験職への転職を成功させた人だって当然います。

ここではまず30代前半の転職体験談を紹介していきましょう。

33歳男性、年収アップを目指して転職

まず紹介するのは33歳男性の転職体験談です。

転職者の詳細

  • 職種;開発職
  • 学歴:大学院卒修士課程
  • 過去の転職回数:0回
  • 勤続年数;9年間
  • 直近の年収:500万円
  • 平均残業時間:月3~40時間程度

大学で理系学部を卒業した私は大学院に進学、2年間通った後に24歳の時に中堅メーカーの開発職として就職しました。

そこから転職等をすることもなくおよそ9年間働いたところで転職をしました。

転職を決めた理由

仕事自体はそれほど嫌ではなかったし、休日数や残業時間という面でも文句を言うほど悪いものではありませんでしたから満足していたと言えば満足していました。

ただ年収に関しては不満でした。同業種の他メーカーに比べて年収は低かったし、他業種に進んだ大学時代の友人に比べてもかなり低かったのでかなり不満を感じながら働いていました。

年収ばかりは会社としてほぼ決められいることで、出世したところでたかが知れているということから、年収アップには転職するしかないと考えて転職するに至りました。

転職活動の詳細、やり方

  • 転職活動のやり方・・・まず転職サイトを使い、その後転職エージェントを利用
  • 転職活動期間・・・2ヶ月
  • 応募社数、内定数・・・6社中1社
  • 転職活動でかかった費用・・・5千円程度
  • 転職結果・・・年収500万円から700万円にアップ

転職活動を始めるにあたりまずは転職サイトへ登録。ただすぐに転職エージェントを利用して転職活動を進めていました。

転職エージェントには年収アップが目標であることを伝え、その希望に合っている企業を複数紹介して貰いましたが、知名度のある大企業が多かったですね。

最終的には2ヶ月程度で6社に応募してその内1社に内定。同業種の大手に転職することができ、年収も200万円もアップすることができました。

転職活動自体にかかった費用は5千円程度。全て交通費です。幸いなことに遠方での面接に行くことはなかったのであまりお金がかからずに済みました。

転職活動をしてみた感想

30代の転職に関しては不安な部分もありましたが、実際にやってみると年齢で不利に感じることはし、応募できる企業もたくさんあったので良かったですね。

応募した6社のうち5社は書類選考に通って面接しましたが、面接では仕事での実績などについて聞かれることが多かったし、実際の技術者の人もいて専門的な話になる場合もありました。

新卒時と違ってやはり実力重視なんだなということを強く感じましたね。

転職後の状況

幸いなことに大手メーカーに転職できたわけですが、大手は本当に恵まれているなと感じました。

労働時間としては少なくなったものの年収は大幅アップしましたし、福利厚生や教育等も充実しています。

また転職者に対しても優しかったので最初から働きやすかったですね。

ですので転職して良かったとは転職後2年たった今も同様に思っています。

ただ周りは優秀な人も多く、以前より一人当たりに任せられる仕事の量が多かったり、内容も厳しかったりと大変ではありますね。

これから転職活動する人へのアドバイス

仕事に対して不満があるならまず転職活動を始めてみてください。始めないことには何も進みませんからね。

始めてみると意外に良い企業が見つかったりもしますし、転職することに対しての不安が楽しみに変わることだってあります。

私自身、転職活動を始めた時にまさか大手に転職できるとは思っていなかったし、年収が200万円も上がるとは思っていませんでしたが、とりあえず始めてみて本当に良かったと思います。

32歳男性、未経験職への転職

次に紹介するのは30代になると厳しいと言われる未経験職への転職を行った32歳の男性の体験談です。

転職者の詳細

  • 職種;営業職
  • 学歴:4年制大学卒
  • 過去の転職回数:0回
  • 勤続年数;10年間
  • 直近の年収:500万円
  • 平均残業時間:月6~70時間程度

大学を卒業してから入社した会社では、法人営業職に配属されて10年ほど働いてきました。

転職を決めた理由

10年たっても営業という仕事にやりがいを感じることができなかったし、毎月課されるノルマへのプレッシャーや自分にとっては多すぎる残業時間にうんざりしていたことで、仕事に限界を感じたというのが転職を決めた理由です。

営業という仕事自体に嫌気がさしてしまったので転職は違う職種を希望。30代で未経験は難しいだろうというのはわかっていたものの、それでも営業を続けるのは無理でした。

転職活動の詳細、やり方

  • 転職活動のやり方・・・ハローワークと複数の転職サイト
  • 転職活動期間・・・4ヶ月
  • 応募社数、内定数・・・22社中1社
  • 転職活動でかかった費用・・・5万円程度
  • 転職結果・・・職種は希望通り、年収は100万円減

転職活動では最初はハローワークと転職サイト両方を使っていましたが後半は転職サイト一本でした。

ただ未経験可に絞るとどうしても求人数が少なくなるので複数の転職サイトを利用して求人をチェックするようにしました。登録したサイトは8つ、4つくらいは最後まで使っていました。

転職活動自体は22社に履歴書を出して9社が書類選考通過、そのうち1社から内定を頂くことができました。

ちなみに未経験者可でなく応募条件のある求人に試しにだしてみましたが予想通り落ちました。

勤務地へのこだわりもなかったので遠方の企業に面接に行くこともあったので交通費で5万円ほどは使ってしまいましたね。

転職活動をしてみた感想

30代では厳しいと言われている未経験職への転職ですが、私自身では想像していたものよりは難しくなかったです。

年収も100万円減程度で納められたし、希望の職につくことができたので良かったです。

転職後の状況

転職してしばらくたった今もトータルでは転職してよかったと思います。前の仕事は今考えても続けるのは無理だったと思っているので。

ただ年収100万円減はやっぱりきついなというのを実際に転職して生活していると感じましたね。

ただ今の会社でキャリアを積めば年収アップは可能なのでしばらくのしんぼうです。

これから転職活動する人へのアドバイス

自分にとって大事なことを見極め、妥協するところは妥協するということも転職では大事だと思います。

確かに100%満足できる転職が一番いいんですが、こだわりすぎると転職できないままただ時間だけが過ぎ去っていくことになってしまいますから。

未経験という不利な要素がある以上は、妥協できるものは何かということを考えてみてください。

30代後半のリアルな転職体験談

では次に30代後半の転職体験談を紹介します。

37歳男性、管理職としての転職

まずは30代後半で管理職として転職した人の体験談です。

転職者の詳細

  • 職種;経理
  • 学歴:4年制大学卒
  • 過去の転職回数:1回
  • 勤続年数;12年間
  • 直近の年収:800万円
  • 平均残業時間:月50時間程度

大学を卒業してから入社した会社で営業をしていたものの25歳の時に1度転職。それ以来経理部署で仕事を続け、35歳で管理職に昇格し課長として仕事を行ってきました。

転職を決めた理由

元々いつかは転職したいと思っていたこと、そして中途で入社した自分は過去の例を見るとこれ以上は出世することができないということがあったのが転職を決めた主な理由です。

管理職として転職したいと思っていたこともあってとりあえず1年の経験をしてから転職活動に踏み切りました。

ただ管理職としての経験が1年程度というのはどうなのかわからなかったので、上手く行かなければもう少し経験を積んでから再チャレンジすればいいやという程度に思っていました。

転職活動の詳細、やり方

  • 転職活動のやり方・・・転職エージェント
  • 転職活動期間・・・2ヶ月
  • 応募社数、内定数・・・5社中2社
  • 転職活動でかかった費用・・・2千円程度
  • 転職結果・・・年収1000万円

管理職の求人はほぼ転職サイトには掲載されていませんから、最初から転職エージェント一本で転職活動を行いました。

年齢的にどうなんだろう、管理職としての経験1年はどうなんだろうという不安がありましたが、転職エージェント側からは十分に今よりキャリアアップできると言われたので安心して転職活動を行うことができましたね。

転職する条件としてはその時の年収800万円から100万円を上乗せして900万円。休日や労働時間なども気にしていた点です。

その条件にマッチした会社をいくつか紹介して貰い、最終的に内定を貰って決めた会社は年収1000万円(950万円だったところを交渉して+50万円)という好待遇。

転職活動自体も2ヶ月という割と短期間で終わったので良かったです。

転職活動をしてみた感想

自分が希望していた通りの転職をすることができたというが非常に良かったですね。

転職活動自体もこの年齢や目指していた条件の高さの割にすんなり行って良かったです。転職エージェントの方のおかげである部分も大きかったと感じます。

ただ内定を貰って前の会社で退職を伝えた時は色々苦労しました。

転職先の会社からは1ヶ月後には入社してほしいと言われていたんですが、退職まで2ヶ月はいろだとか、管理職の立場なんだから責任を持てだとか言われてトラブルにもなりましたし、部下からも陰で色々言われていましたね。

まあこれは仕方がない部分かなと思っています。

転職後の状況

転職に関しては待遇面もそうですが、仕事内容やその後のキャリアといった部分に関しても希望していたものとマッチしていたので転職したこと自体は本当に成功だったと思います。

ただ覚悟はしていましたが、この年齢である程度の地位を得た状態で入社するのは人間関係で苦労する部分がありましたね。自分が逆の立場でもちょっと嫌ですから。

ただ真面目に、決して上から目線にならないようにいると、少しずつ関係は良くなってきたので良かったです。

これから転職活動する人へのアドバイス

キャリアアップしたいならどこでもいいので転職エージェントは絶対に使ったほうが良いと思います。

利用しないとそもそも応募できない求人が世の中にはたくさんありますし、良い条件のものとなればなおさらです。

サポートも手厚くしてくれますし、短期間で終わらせるのにも役に立ちますよ。

39歳女性、働きやすさ重視で転職

最後に紹介するのは39歳女性の転職体験談です。

転職者の詳細

  • 職種;事務職
  • 学歴:4年制大学卒
  • 過去の転職回数:3回
  • 勤続年数;5年間
  • 直近の年収:400万円
  • 平均残業時間:月30時間程度

結婚をし、旦那の転勤などもあって過去に3回ほど転職をした経験があり、今回の企業では5年ほど働いてきました。

職種としてはずっと一応営業事務なんですが、何だかんだで実際に営業をすることもありましたね。

転職を決めた理由

転職を決めた理由は旦那の転勤です。子供が中学生だったのでまだ単身赴任ではなく、家族と過ごすことを重視して家族で引っ越すことにした為、私は仕事を辞める必要がありました。

旦那からは派遣社員やパートでも良いとは言われたのですが、私自身は正社員として働きたいという希望があったので正社員を目指して転職活動を始めました。

希望は前職通りの事務職ですが、残業時間は10時間以内。以前のように30時間もあるのはちょっと辛かったので、年収は下がってもいいから残業が少ないことを第一に考えて仕事を探しました。

転職活動の詳細、やり方

  • 転職活動のやり方・・・転職エージェント
  • 転職活動期間・・・1.5ヶ月
  • 応募社数、内定数・・・7社中1社
  • 転職活動でかかった費用・・・2千円程度
  • 転職結果・・・年収300万円程度

以前までは転職活動の際にハローワークを利用していたんですが、友人の勧めでとある転職エージェントを初めて利用してみました。

希望を言うとその条件にあった仕事を紹介してくれるし、転職活動の相談にも乗ってくれたのでとてもありがたかったですね。

転職活動をしてみた感想

数社落ちた段階で正直正社員を諦めかけたこともあったんですが、なんとか1社から内定を貰うことができて良かったです。

年収は決して良いとは言えないものの残業はゼロですし、仕事自体の負担も少ないのでまあ希望通りだったかなという感じです。

転職後の状況

今の仕事に変わってから、以前の仕事よりも時間的な余裕ができたことが本当に良かったなと感じています。

職場の環境も良いですし、中途採用の中年のおばさんにもとても優しくしてくれるので良い会社に転職できました。

これから転職活動する人へのアドバイス

共働き家庭の人の中には私のように転職を余儀なくされてしまう人も多いかと思います。

そのたびに転職活動をしてって本当に大変ですよね。

でも転勤を決めるのは旦那さんではなく、旦那さんが悪いわけではありませんから、当たっても仕方ありません。

私も転勤嫌だな、転職活動嫌だなと思いましたが、できるだけ前向きに受け止めるようにしています。

30代だって転職は成功可能

今回は4人の30代の方の転職体験談を紹介いたしました。この人達は無事転職を成功させることができています。

もちろん転職が失敗に終わったり、受けても全然決まらないなんてこともあるでしょう。成功率は100%ではありません。

ただ成功させることは十分可能。転職したいと思っているならまずは転職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

質問に答えるだけでどれくらいの年収で転職しているかを算出、簡単に市場価値を知ることができます

また企業から面接確約のオファーを貰えることも可能。

書類選考なしで簡単に転職することができるかもしれません。どうせ無料ならとりあえず登録して待ってみるというのは一つの手ですね。

ただあくまで受け身だけになってしまうのでDODAなどと併用しましょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応しています。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主(東京、神奈川、千葉、埼玉)。それ以外の地域ならDODAなど大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

関連:36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ