30歳で大手企業からベンチャー企業への転職を決心。その結果、年収は400万円アップ!

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

30歳で大手企業からベンチャー企業への転職を決心。その結果、年収は400万円アップ!

大企業と言えば、安定しているし、年収も高い。休日数などの労働条件も良いことが多く、ホワイト企業であることが多いです。

その為、就職、転職市場においてかなり人気があり、倍率も高くなっています。

しかし、そんな大企業でも退職する人はいます。

ただ、退職したからといって絶対に年収が下がるわけでも、労働条件が悪化するわけでもありません。

そこで今回は大企業からベンチャー企業に転職し、年収を400万円も大幅アップさせた人の体験談を紹介します。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。

30歳で大手企業からベンチャー企業に転職した人の体験談

私はもともと大企業志向が強く、学生時代も就職活動で受けたのは大企業ばかりでした。運よくその受けた会社の中から内定を貰うことができ、入社してから約8年間働きました。

仕事はかなり恵まれていたと思います。30歳の時点で年収は700万円程度、周囲よりも多い額を貰えていましたし、残業時間は平均30時間、多くても45時間程度で休日も多く、世間の一般的な企業よりもずっと恵まれた環境で働くことができていたと思います。

転職のきっかけ

そんな私がベンチャー企業に転職したきっかけは大学の友人との会話でした。

その友人は私同様に新卒で大企業に就職しましたが入社3年目で退職し、ベンチャー企業へ転職していました。驚いたことに年収は800万円を超えており、かなりの高収入を得ていたのです。

それよりも驚いたのは仕事に関する考え方です。

会社の同期や同僚と話した時にでてくるのは、愚痴であったり辞めたい、だるいといった後ろ向きな言葉ばかりでした。それは自分も同様で、仕事の面白さは感じることはできなくなってきて、つい口にしてしまうのは後ろ向きな言葉ばかりでした。

しかし、その友人は愚痴などの前向きな発言が多かったです。

年収は高いものの残業時間は多く忙しそうだったし、仕事も話を聞く限りかなり大変そうだったのにそれでも前向きな発言が多かったのです。

そこから色々仕事に関して考えるようになりました。

確かに大企業で働くことができるというのかなり幸せなことで、多くの恩恵を受けています。ただ、そのことによってただ漠然と仕事をするようになってしまっていたのです。

そのことを意識した時、このまま働いていても幸せとは言えないなと感じるようになり、転職を決意しました。

転職活動

私の場合は最初からベンチャー企業に転職したいと思っていたわけではありません。

ただ、友人の話を聞いてベンチャー企業への転職自体にハードルが低かった為、大企業のこだわるということはなくなっていました。

そして、転職エージェントから大企業、ベンチャー企業ともに紹介してもらい仕事の内容を重視しながら応募しました。

転職自体は色々とサポートも手厚かった為、特に迷うこともなうすんなり内定を頂くことができました。

その転職活動で、ベンチャー企業だけではなく、実は大企業の内定も頂くことができました。

どっちに行くか、正直かなり悩みました。

仕事の内容でいったらベンチャー企業、ただ将来の安定性、給料でいうと大企業のほうであり、結婚をしている身だから自分だけのことを考えるにはいかず、かなり悩みました。

しかし、妻が大企業を選んだらまた一緒じゃんと言ってくれ、思い切ってベンチャー企業に転職することに決めました。

転職後

ベンチャー企業に転職直後は、年収に変化はありませんでした。年収700万円がそのまま700万円という形です。

ただ、翌年に仕事ぶりを評価され、なんと年収が400万円もアップし、1100万円となりました。大企業で働いている場合、年齢、役職によってある程度決まっている為そんなに多く給料がアップするなんてありませんから、ベンチャー企業の醍醐味と言えるでしょう。

仕事に関していえば、確かに仕事自体も楽しいと感じることができる内容だったのですが、自分の意思で転職してこの仕事を選んだという意識から、確実い仕事への向き合い方は前向きになりました。

残業は前職よりもちょっと増えましたが、体力的にそこまできついとも感じませんから、現時点ではこの転職は成功だと思っています。

ベンチャー企業に転職して年収アップする人は意外に多い

今回紹介した方は、大企業からベンチャー企業に転職した直後は年収維持、翌年に大幅な年収アップという形でしたが、

実際は転職活動時点で大幅な年収アップを提示されることも少なくはありません。

もちろん、大企業にいてかなり高い収入を得ている人だと年収がダウンしてしまう可能性もありますが、それは能力次第。

高いの能力が備わっているのであれば、十分に年収アップは可能であると言えます。da

その一方で後悔してしまう人もまた多い

ここまで、ベンチャーへの転職した例を紹介してきましたが、忘れていけないのが失敗した人もいるということです。

大企業を辞めてしまったことに大きな後悔を感じる人は少なくありません。

大企業ではかなり恵まれた環境で働くことができている人もかなりいるでしょう。しかし、実際に中で働いていることには恵まれているということに気づくことができず、辞めて初めて気づくようになっていまうのです。

転職するかどうかはメリット、デメリットをよく考えて決めよう

ベンチャー企業への転職は大きな可能性のあり非常に魅力的かもしれません。

ただ、転職する前にはメリット、デメリットを冷静に考え判断しなくてなりません。

しかもそのメリット、デメリットからの判断はは安定だとか年収だとか表面的なものだけではなく、自分の将来のキャリアプランを考えながら、自分で徹底的に調べて納得した上で答えをだす必要があります。

まあ、とは言っても時には思いきってチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。勇気を持ってベンチャー企業に転職するか、それとも大企業に転職するか、それとも同じ会社で働き続けるか、自分で納得して行うのであればどれも正解となるでしょう。

転職活動をする場合は転職サイトや転職エージェントを有効的に使っていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?



このページの先頭へ