30代で公務員に転職するにはどうすれば良い?転職方法と注意点

30代で公務員に転職するにはどうすれば良い?転職方法と注意点

公務員になる方法として一般的なのは公務員試験ですが、これには年齢制限があります。

その為、30代になると受験することができない場合が多いです。

ただだからと言って30代から公務員に転職することが不可能かというとそういうわけではありません。

そこで今回は30代で公務員に転職する方法、そして30代以降で公務員に転職する場合の注意点を紹介していきます。

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

関連:公務員の仕事が激務で残業代が出ない、そんな仕事を辞めたくなったら?

公務員試験は基本的に30歳以下

公務員になる為の方法で一般的には公務員試験を受けることです。

受験者には学生が多いですが、新卒である必要はなく社会人になってから公務員試験を受けて公務員に転職するという人も少なくありません。

ただ公務員試験には年齢制限があり、誰でもかれでも受けることができるわけではありません。

この年齢制限はどの公務員かにもよりますが、国家公務員の場合は30歳以下であることが一般的であり、地方自治体も多くが30歳以下になっています。

すなわち30代ではそもそも公務員試験の受験資格がなく応募することすらできない場合が多いです。

30代で公務員になる為の方法

では30代で公務員になろうと思ったらどういう方法があるのでしょうか。

その手段は2つあります。

30代でも応募できる公務員試験に応募

地方公務員の場合、年齢制限は各自治体によって異なります。

自治体によっては32歳以下、35歳以下という所も多少ある為、そういった自治体を狙っていくのがまず一つの手段です。

各自治体によって待遇等は異なりますが、もし勤務地に特別こだわりがなく待遇も希望に見合ったものがあるならばこれを狙ってみるのはありでしょう。

ただ公務員試験は決して簡単ではありません。

試験の為の勉強にはそれなりの時間を確保しなくてはなりませんが、働きながらだとかなり大変。

とりあえず公務員試験の勉強を始めようと思ったものの仕事で疲れて全然はかどらずに諦めてしまうという人が実際かなり大勢いるのが現実です。

効率良く、かつ自分に厳しくできる人でなければ中々合格はできないでしょう。

社会人採用で応募

公務員試験とは別に、民間企業で社会人を経験した人を採用する「社会人経験者採用」を行っている自治体は非常に多くあり、こちらなら30代どころか40代、50代でも受験することが可能となっています。

受験資格は各自治体ごとに年齢、職務経験で制限されていますが、年齢は59歳未満としている場所が多くほぼないようなもの。

職務経験は5年以上としているところが多いですが、直近7年中5年、直近10年中5年など無職期間がある人でも応募することが可能です。

試験は教養試験や小論文、面接程度で公務員試験に比べるとそこまで勉強に時間を費やす必要はありませんが決して簡単なわけではありません。

社会人採用では一般の公務員試験ほど筆記試験を重要視されないだけで、論文や面接が重要視される為、そちらの対策をしっかり行うことが必要になります。

社会人採用は年に1回、秋ごろに行われますので応募してみたいと思う自治体があれば各自治体のHPを確認してみてください。

30代で公務員に転職する場合の注意点

このように30代であっても民間企業から公務員に転職することは不可能ではありませんし、実際に転職を実現している人はたくさんいます。

しかし公務員に転職するにあたり、いくつか気を付けなくてはいけない点があります。

公務員に淡い期待を抱いてはだめ

公務員になりたいと思った理由は人それでしょうが、公務員に対してあまりに良いイメージを抱きすぎてそれが転職の理由になっている人が少なくありません。

公務員なら仕事が楽、残業が少ない、そういったことですね。

ただ実際は公務員でも残業が物凄い多い部署があったり、仕事が忙しすぎてストレスフルな部署があったりで、決して羨ましがられるような環境ではない場合もあります。

また30代で公務員に転職となると、給料がかなり少なくなってしまう場合もあります。人によっては半分以下になったという人もいるくらいです。

他にも人間関係で苦労したり、仕事にやりがいを感じることができなかったり、評価に不満を感じたりといった理由から公務員に転職して後悔する人も多いです。

人気がある自治体の倍率はかなり高い

社会人採用の倍率はかなり高く、人気のある自治体だと100倍を超えるところもあります。

その分しっかり対策に時間をかけなくてはなりませんが、どれだけ対策をしてもこれだけの倍率ですからかなり厳しいのが現実です。

民間企業の場合は1社の倍率は高くても同時に複数社、そして期限なく受かるまで何社でも受けることができますが、社会人採用試験は各自治体で年に1回のみなので失敗するとまた再挑戦できるのは1年後です。

何度もチャレンジすること自体はできるものの受かるまでチャレンジしていると時間がかかりすぎ、どんどん年齢が高くなる危険性があります。

転職前には必ず民間企業も検討しよう

公務員はあくまで一つの選択肢です。

特に条件面で公務員への転職を希望している場合、それが公務員でしか実現できないなんてことはありません。

ですから転職時には必ず民間企業も検討するようにしてください。

残業が少ない会社はたくさんありますし、給料アップだって十分実現可能です。

30代前半ならば転職時に年齢面で不利になることはありませんし、転職での年齢は上昇しており転職35歳限界説は崩壊しチャンスは広がっています。

最初から民間企業を選択肢から外してしまうのはかなりもったいないことです。

まずは転職サイト、転職エージェントを利用するところから始めましょう。使うことで気づくことも多いと思います。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ