30歳を超えてからの女性の転職は厳しい?成功させるにはどうする?

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

30歳を超えてからの女性の転職は厳しい?成功させるにはどうする?

男性であろうと女性であろうと、20代であろうと30代であろうと、転職したいと思うことは誰だってあります。

ただやっぱり30代よりも20代のほうが転職はしやすいし、同じ30代であれば女性よりも男性のほうが転職しやすい傾向にありますから、30代の女性が転職しようとしても中々厳しい部分があるのも事実です。

実際、女性30歳転職限界説なんて言葉もあります。

とは言え、今までの同じ会社で働き続けるなんて無理だと感じている人は結局どこかでその厳しい環境を乗り越えて転職を実現しなくてはなりません。

そこで、今回は30歳を超えてからの女性の転職について現実と成功に向けた取り組みについて紹介していきます。

関連:25歳、29歳、33歳、37歳女性の転職成功体験談。何が良かった?

関連:短大卒、専門卒の女性は早めに長く働ける会社に転職しよう。未経験職種へのチャレンジは年齢次第

30歳を超えてからの女性の転職の現実

30歳を超えた女性が転職しようとるとどんな現実があるのでしょうか。

年齢による壁

まず一つ目が年齢による壁があるが故に転職が厳しくなるという現実。

企業の中でも20代を取りたいと考える場合もかなり多く、30歳という時点で書類選考で切られる可能性が高くなります。

未経験の場合はそれが特に顕著です。

経験者の場合であれば、たとえ年齢が高くても年齢相応のスキルを持って入ればその点を見込まれて転職しやすくなりますが、未経験となると20代の人に比べて優位性を持てないというのが主な原因です。

出産や結婚による壁

30歳の男性と女性を比較した場合、男性に比べて女性が転職で不利になってしまう主な理由が結婚や出産。

まず独身女性の場合は、採用したとしても結婚や出産をきっかけに会社を辞めてしまう可能性があることから敬遠しがちになります、

既婚女性で子供がいない場合も同様ですね。

実際、約6割の女性は出産、育児によって退職しており、辞める可能性が高いと思われるのも仕方がないことかもしれません。

既婚女性で子供がすでにいる場合は、働き方への融通が利きにくいことから敬遠されがちです。

30代前半となるとまだ子供も小さい為、残業ができない、休むことが多くなるなど、企業にとっては希望通りの働き方をしてもらえないと考えられてしまうことが多いです。

最近は育児休暇制度も整えられ、女性であっても働きやすい環境ができつつありますが、それはまだまだ大企業にとどまる話。

中小企業ではまだまだ十分とは言えず、ただでさえ少ない社員から育児等を理由に一人欠員がでてしまったり、予想通りに働いてもらうことができないとなると、企業運営に支障をきたす場合もあります。

契約社員や派遣社員として働く人が多い

非正規雇用者の割合は約4割と言われていますが、特に女性が占める割合が強く、女性のうち約6割の人が非正規社員として働いています。

女性の場合は、家事や育児との両立の為であったり、自分の都合のよい時間に働きたいという理由であったりと、あえて希望している人が多いです。

ただ、正社員になれないから非正規社員として働くという人もおよそ12%いて、厳しい現実があるというのは確かです。

ただ意外に成功率は高い

ここまでネガティブなことばかりを言ってはきましたが、ポジティブなデータも実はあります。

転職に対してリスクが高いと考える女性も非常に多いかもしれませんが、実際に転職した30代女性のおよそ8割は転職して良かったと感じているそうです。

30歳を超えると転職が厳しいものになるのは間違いありませんが、それでもそこを乗り越えれば明るい未来が待っている可能性が非常に高いのです。

女性の転職者年齢は年々上昇

もう一つ30歳以上の女性にとって前向きになれるデータを紹介します。

それが、転職成功者の平均年齢。

転職サイトDODAが行った調査結果によれば、転職成功者の平均年齢は、全体が32.3歳、男性が32.9歳、女性が29.7歳となっています。

女性であっても平均年齢はおよそ30歳となっていますから、30歳を超えても転職を成功させることは十分に可能という結果です。

ちなみに約10年前は27.5歳。年々年齢が高くなっていっています。

この背景としてあるのが若手の人材不足と中途採用マーケット市場の活発化。

以前に比べると、30歳を超えたとしても転職しやすい環境になっているのは間違いありません。

30歳以上の女性が転職を成功させるには

ここまでの話をまとめると、女性の場合は30歳を超えると転職が厳しくなる面もあるが、決して不可能なわけではなく、最初からあきらめるのではなくチャレンジしてみる価値は十分にあるということ。

とは言っても、がむしゃらにやっていては中々転職も上手くはいきません。

いくつか注意点がありますのでまとめていきます。

キャリアプランを明確に

今後のキャリアプランをどうしたいのか、より具体的に考えておかなくてはなりません・

女性の場合は会社から、結婚や出産によって辞める可能性があるのではないかと思われてしまいます。

そんな中で今後どうなりたいかという質問にしっかりと答えられなければ、一時的に働くだけだと思われても仕方ありません。

明確なキャリアプランがあるからこそ面接官にとっても採用したいと思わせることができるのです。

どんなスキルがあるのか見つめなおす

たとえ未経験の仕事に転職しようとする場合でも、必ずスキルの棚卸は行ってください。

30代の転職で求められるのは、やはり年齢相応のスキルと経験です。

特に役に立つスキルもない、これまでもたいした経験していないでは、どこの会社もとってはくれません。

これまで社会人として働いてきた経験があるならば、必ず何かアピールできるポイントがあるはず。

自分にはスキルがないと最初から諦めるのではなく、これまでの社会人経験をしっかる振り返りましょう。

甘えは許されない。できて当然のことはしっかりやる。

20代であれば、多少マナーなどができていなくても笑って過ごしてくれる場合もあるかもしれませんが、30代ともなるとまずありません。

30歳にもなってできて当然のことができていなければ、企業にとっては採用に値する人材にはなりえません。

履歴書の書き方や面接での応対、服装には十分に気を付けるようにしましょう。

簡単に辞めない

転職活動を始めたけど全然受からなくて辞めたなんて女性もちらほらいます。

でもよく聞くとたかが10社程度受けただけで諦めてしまった人も多いんですね。

30歳以上ともなると、2、30社程度受けるなんて当然の話。10社程度でねをあげていては話になりません。

確かに30社も手を抜かずに履歴書を書くのは大変かもしれません。

ただ、それをしなければ転職することはできないのです。

結局転職なんてめぐり合わせ。落ちたからといって過度に落ち込まずに、前向きに考えて転職活動を進めていくことが大切です。

情報収集と転職ノウハウ

転職活動を進めるにあたり、カギとなるのは情報収集と転職のノウハウを知ること。

まず情報収集ですが、基本的には転職サイトを利用することになると思いますが、あまりそれに固執しすぎてはだめ。

転職サイトに掲載されている求人なんて、実際に世にある求人のほんの少しの部分です。

複数の転職サイトを利用するというのは当然のことですが、転職エージェントを利用して非公開求人を紹介したり、企業のホームページを見に行ったり、気になる企業があれば直接企業に問い合わせるなんて方法もあります。

転職ノウハウに関しては、個人の力でなんとかしようとするのではなくプロの力を頼ることが大事。

転職は履歴書と面接のみで会社が判断しなくてはいけませんから、どれだけ自分をアピールできるかはどうしてもノウハウに頼るしかありません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

最後に

昔に比べれば、女性であっても転職しやすい環境ができあがってきています。

チャンスは目の前に転がっているのですから、とにもかくにもまずはチャレンジしてみることが大切です。

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

関連:36歳から39歳女性の転職事情。30代後半だと未経験の異業種転職はやっぱり厳しい?



このページの先頭へ