退職を2週間前に申し出たら上司に非常識だと怒られたら?無理に円満退職をしなくたっていい。

退職を2週間前に申し出たら上司に非常識だと怒られたら?無理に円満退職をしなくたっていい。

転職活動も大変ですが、同様に大変なのが退職。

上司に個室に来てもらって退職することを伝え、引継ぎを行う。何も問題なくスムーズに行けばいいんですが、特に上司に退職を伝えた時に色々と面倒ごとに巻き込まれてしまうことも多いです。

特に就業規則で定められている日数より短い期間で退職しようとすれば大変。怒られることも覚悟しなくてはならないでしょう。

関連:派遣社員、契約社員は基本的に契約途中に辞められない。転職タイミングはどうする?

関連:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

退職を伝えるのは基本的に2週間前でOK

とうとう不満もピークを迎えて上司に退職届を突き付けて会社を辞める。残念ながらこれは法律上許されていません。

しかし何か月も前から相談、準備をする必要はなく、必要なのはたった2週間という期間です。

退職は労働者の権利、2週間前に告げれば法律上はOK

退職は会社や上司の合意がなくてはならないと勘違いしている人もいるんですが、退職するかどうかを決めるのは労働者本人。合意は必要ありません。

いくら会社側が辞めてほしくないと思ったって、労働者が辞めたいと思ったら反対することはできず、断ることなんて当然できません。

これは法律によって決められた労働者の権利です。

ただ辞めたい時にすぐ辞めることができるわけではなく、退職を告げてから2週間の期間は待たなくてはなりません。

会社側にとってもさすがにいきなり明日から来なくなるとなれば大変ですからね。

民法627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

就業規則では1ヶ月前、2ヶ月前と書かれている場合もある

法律では2週間前と定められているものの、企業によっては就業規則で1ヶ月前、2ヶ月前というようにもっと長い期間が設定されている場合が少なくありません。

会社にとってみると、2週間という期間は足りなすぎるのが本音。

代わりになる人材を探し、時には求人を出して新たに採用し、引継ぎを行う。1ヶ月あっても足りないのに2週間ともなるとどうやったって足りません。

特に今のような人手不足の企業が多いような状況では余計大変でしょう。

ただ就業規則でどんな日数が記載されていても優先されるのは法律。1ヶ月と書かれていようが、2ヶ月と書かれていようが、法律で2週間と書かれているのですから、労働者側が2週間後に退職したいと言えば従うしかありません。

派遣社員や契約社員は2週間前でもダメな場合がある

上述した内容は、無期雇用である正社員に限られます。

契約期間が決まっている有期雇用の派遣社員や契約社員の場合だと、2週間前ではだめな場合がほとんど。

期間が定められている雇用形態の場合、病気など働くことがどうしてもできなくなってしまう場合以外は基本的にはその期間が終わるまで退職することはできません。

これは法律でも以下のように定められています。

民法627条2項、3項

期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

もし契約期間が半年以上になっている場合は、その契約期間が終わらなくても退職はできますが、それでも3ヶ月前に退職を申し出なくてはなりません。

ただしもし上司が辞めることに合意してくれれば、契約期間が終わっていなくても退職することは可能です。

退職を申し出たら怒られた!

このように、2週間前に退職を申し出さえすれば退職はできるはずです。それは法律で決められたことであり、それにとやかく言われる筋合いは本来ありません。

ただ実際は上司から怒られてしまうことが多々あります。特に就業規則では1ヶ月前と書かれているのに2週間後に退職しますと言えば、怒られることは必至です。

法律上は正しくても迷惑はかかる

確かに法律上正しいのは労働者側。法律に従って2週間前に退職を告げて退職をしようとしているわけですからね。

ただ就業規則内で書かれていることに反してさっさと退職することにしてしまえば、確実に迷惑がかかるんだということを忘れてはいけません。

上司にとってみれば、今から2週間後に退職されるから急いで人材の補填もしなくてはいけないしその仕事を回りに分配したり、引継ぎを上手くやらないとと四苦八苦します。

思いもよらずいきなり仕事が増えるわけですね。

またさらに上の役職の人から怒られたり、部下がそんな辞め方をすることで評価が下がってしまうことだってあります。

上司だって単なる労働者。仕事が増えるのだって、怒られるのだって嫌です。

ですからつい感情的になってしまうのもある意味仕方がないことではあるんです。

2週間前であれば良いという法律を知らない場合も

そもそも上司が2週間前なら良いという法律を知らないことだってあります。

これまで退職したことがない人、退職の時に何も疑わずに就業規則に従っている人だと、そんな法律を知る機会には恵まれませんからね。

そうなると結局一番に信じるのは就業規則。その決められた就業規則を破ろうなんてされればつい怒ってしまうこともあるものです。

どれだけ前に言っても怒られる時は怒られる

このように就業規則に反して2週間前に辞めようと思えば、ある意味怒られるのは仕方がないこと。

では就業規則通りに従えば怒られないかというとそういうわけではありません。

就業規則では1ヶ月前と書かれているにも関わらず、2ヶ月前に退職を伝えても怒られる時は怒られます。もうそれは上司次第。

こっちが会社が定められているルールに従ってあげているにも関わらず怒ってくるなんて正直意味がわかりませんが、冷静に物事を考えることができずに怒ってくる人はいるものです。

また中には何とか辞めさせないようにとわざと怒ってくるような場合もあります。

円満退職にこだわりすぎない

結局のところ、退職する場合には怒られる時には怒られます。それは仕方がないこととして諦めることも大切です。

確かに退職するなら円満退職するのがベスト。せっかく仲良くなった、お世話になった人と最後の最後で嫌われたまま退職するのは少し寂しいです。

ただそれにこだわりすぎて自分を犠牲にするのはやめたほうが良いでしょう。

例えば在職中に転職活動を行い転職先を決めてから退職する場合。通常転職先からは内定から1ヶ月以内に入社することを求められます。

そこで就業規則で2ヶ月前に退職を申し出ることを求められているから内定を断るなんてもってのほかだし、その為に辞めてから転職活動を行うようにするのも避けたほうがいいこと。

決して円満退職にこだわりすぎず、過去のことより将来のことを見据えましょう。

あまりにひどい嫌がらせをされたら

とは言え、退職を申し出た際にトラブルが生じると面倒なのが退職日までの過ごし方。

上司から無視されても周りが普通に接してくれればいいんですが、上司が率先して嫌がらせをしてくるなんてことも多いようです。時にはそれに影響されて同僚すら嫌がらせをしてくるなんて場合もあります。

基本的には気にせず無視すればいいんですが、もうこれ以上は無理、もう限界というようなひどい状況になったら我慢しすぎないでください。

最悪の場合は遠慮なく有給休暇消化で乗り切りましょう。次の日から退職日まで有給を使って会社を休み、1日たりとも会社に行かなければいいんです。

上司がそんなの許さないと言っても、これは権利であり義務。上司が取得を拒否することはできませんから、強気に有無をいわさず会社に行くのを辞めてしまいましょう。

転職に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ