保育士のおよそ2割が辞めるつもり、でも本当に辞めても大丈夫?

保育士のおよそ2割が辞めるつもり、でも本当に辞めても大丈夫?

わざわざ資格をとってせっかくなった保育士ですが、その保育士を辞めることを考えている人は少なくありません。

実際、離職率はおよそ10%、勤続年数が2年未満の保育士に限ると15%にも上り、退職を検討している人の割合はさらに高いのが現状です。

関連:保育士転職の成功体験談。転職して良かったと感じている人は多い

関連:保育士が仕事を辞めて良かった、違う保育園に転職して良かったと思ったこと

およそ2割の保育士が今後保育士を辞めるつもり

東京都保育士実態調査報告書によると、保育士の今後の就業継続意向に関しては以下のようになっています。

  • 今後も保育士として働き続けたい・・・78.7%
  • 今後は保育士を辞めて保育士以外の職種で働きたい・・・16.0%
  • 今後は保育士を辞め働かないつもりだ・・・3.2%
  • 無回答・・・2.1%

なんと現時点で保育士として働いている人のうちおよそ2割の人は保育士を辞めることを考えているのです。

女性が多い職種の為、結婚や妊娠を機に働くこと自体を辞める人もいますがそれは少数。ほとんどの人は保育士以外の仕事に就くことを考えているのが現状です。

なぜ保育士を辞めるつもりなのか

せっかく資格をとって保育士になり働いてきた人の多くが、なぜここまで保育士を辞めて違う職種に転職することを考えているのでしょうか。

保育士を辞めるつもりである理由は以下のものが挙げられています(複数回答)。

  1. 給料が安い・・・65.1%
  2. 仕事量が多い・・・52.2%
  3. 労働時間が長い・・・37.3%
  4. 他業種への興味・・・30.6%
  5. 職場の人間関係・・・24.9%

ほとんどが保育士としての仕事自体への不満が原因となっており、他業種をやりたいからという前向きな理由の人はたったの3割しかいないのが現実です。

保育士自体を辞める前に考えたいこと

もし他業種がやりたいというのが理由ならば、保育士を辞めてぜひチャレンジしてみるべきだと思います。

しかしほとんどの人は条件面、働き方への不満から転職を考えており、こういった人は本当に保育士を辞めることが幸せにつながるのかは考えてみなくてはなりません。

なぜなら仕事ではやりがいというものもとても重要になるからです。

特に保育士のような仕事の場合、全く違う業界で仕事をすることになると全くやりがいを感じることができずに仕事に行くことがただただ苦痛になってしまう可能性があります。

他の仕事をしている人の中で給料が高くても、仕事にやりがいが感じられない、仕事がつまらないという理由から仕事を辞める人は決して少なくないのです。

だからこそ辞めたいという理由が給料や労働条件ならば、本当に保育士を辞めるのか考えてみなくてはなりません。

給料アップには他業界で働くしかないのか

保育士が辞めたいと思う最大の理由は給料の低さです。

保育士の平均年収はおよそ327万円で、他の職種に比べると少ないのは確かです。

未経験者が転職する場合だと高い給料はあまり望めませんが、それでも他業種転職が年収アップに繋がる可能性はあるでしょう。

しかし保育士として違う職場に転職しても年収アップできる可能性がないわけではありません。

院内保育所、企業内保育所に転職することで年収アップすることができたという人もいますし、保育園によっても年収は異なります。

保育士として転職したとしても年収アップが絶対に不可能というわけではないのです。

労働環境改善には他業界で働くしかないのか

休みが少ない、労働時間が長いということで悩んでいる保育士の人は多いでしょう。

そんな人にとって完全週休二日制で残業なしの会社で働いている人はとても羨ましく思えることでしょう。

ただ現在は保育園でも残業なし、年間休日120日以上という恵まれたところがでてきています。

全職種の平均年間休日数は113日程度ですし、正社員なら毎月の残業が20時間程度ある場合が多く、それよりも良い労働条件である場所もあるのです。

やりがいのない仕事、つまらない仕事を続ける大変さ

給料や労働条件を考えて保育士以外の他の仕事に転職したことを考えてみてください。

いくら条件が良いとは言え、1日8時間、週5日、それだけの長い時間を仕事に充てることになるわけです。

全く興味がなくやりがいもない、そしてつまらない仕事にそれだけの時間を何年も費やすことになるというのはかなり大変であると想像することは難しくないと思います。

保育士としての仕事のやりがいを感じていた人ならなおさら強く感じることになるでしょう。

保育士にやりがいを感じているならまずは保育士として満足できる職場を探すべき

条件の良い保育園、保育所は当然人気も高く、応募したからといってそこで働くことができるわけではありません。

ただ可能性がないわけではありません。

ぜひ一度無料の保育士、幼稚園教諭向けの転職支援サイトを利用して自分が満足できる職場がないか探してみてください。

保育園や幼稚園だけではなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれますのでできるだけ少ない労力で満足する転職先を見つけることができるかと思います。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

また職場の雰囲気など、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイトでは、以下の大手二つがおすすめです。

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

他にも全国対応している転職支援サイトとして保育Aidというものもあります。

事前に求人を厳選した上で求人を扱っており、ヒアリング等も丁寧で職場見学や体験保育等も希望すれば可能です。

またこちらはわざわざ来社する必要がなく、電話やSkypeで対応して貰うことが可能というメリットもあります。

■公式サイト:保育Aid



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ