2回目の転職が不利になる場合は?20代だとまずい?

2回目の転職が不利になる場合は?20代だとまずい?

転職回数が多くなるとどんどん転職するのは難しくなってくるというイメージを持っている人は多いとでしょう。

まあこれに関してはまぎれもない事実。

転職回数が多いことは企業側にとって「すぐに辞める可能性が高い」「一つの仕事を続けていないのでスキルが不足している」といった懸念を抱かれてしまう要因になり、書類選考すら中々通らなくなってしまう場合が多いです。

とは言えやっぱり2回目の転職に踏み切りたいという時もありますよね。転職先の会社がブラック企業であった場合はそのまま続けることなんてできません。

そこで今回紹介するのは2回目の転職について。どういった場合に不利になる可能性があるのかについて紹介していきます。

関連:転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

2回目の転職は必ずしも不利になるとは限らない

2回も転職するなんてどうなんだろう、転職先は見つかるんだろうか、そんな不安を抱いてしまっている人は多いと思います。

新卒で入社した会社を辞め、転職した会社をまた辞めたとなれば、企業側に与える心象は悪くなってしまいそうですからね。

ただ実際のところは、2回くらいならそこまで不利にはならない場合が多いようです。

1度も転職したことがない人に比べればすぐ辞めるかもしれないなどのリスクは高くなるものの、その転職内容によっては幅広い経験をしてきたという面が評価される場合もあり、むしろ有利に働くなんて場合もあるくらいです。

2回目の転職が不利になってしまう場合

しかしながら人によっては2回目の転職が不利になってしまう場合があります。

転職回数が多い人を企業が避ける理由としては、

  • すぐ辞めてしまう、仕事が続かない
  • ストレス耐性が低い
  • コミュニケーションに問題がある
  • 年齢相応のスキルが身についていない

といったリスクがある為。

2回目の転職でもそれを色濃く匂わせてしまう場合というのは、不利になる原因となってしまいます。

直前の会社の在籍期間が短い

まず不利になってしまう一つ目の要因として挙げられるのは直前の会社の在籍期間が短いということ。

会社にとって採用した時に最も避けたいのが転職後すぐに辞められてしまうことです。

人を一人採用するのにはかなりのお金がかかります。

転職サイトに求人を掲載しようと思ったら数十万円、転職エージェントなら転職者の年収の2~3割程度かかるので100万円を超える場合だってあります。

また新たに雇ったとしても会社にとって給料以上の働きをしてくれるのはある程度時間がたってから。ある程度の期間働いてもらわなければ、会社にとってその採用が赤字でしかなくなってしまんです。

直近で1年以内に退職してしまった場合はそのリスクが高まる為、企業も採用することに対して後ろ向きになってしまう場合が多いと考えてください。

キャリアに一貫性がない、職歴がバラバラ

キャリアに一貫性がない場合も転職時に不利になる傾向が高くなります。

過去の仕事に全くつながりがないと、スキルが身についていない、気変わりする可能性が高いからすぐ辞めるかもしれないと思われてしまう為です。

職種未経験だとしても同業種内の仕事で近い仕事をしてきた経験が今回の応募につながっている、他業種でも同じ職種の仕事でキャリアを積んでいこうという意図があると思われれば高評価に繋がるものの、

新卒で入社した会社から1回目の転職で職種も業種も全く違う会社に転職し、さらに今回全く違う会社に転職するとなれば、面接官に与える印象は悪くなってしまうでしょう。

20代前半、第二新卒として転職

20代前半で第二新卒として転職する場合は特に注意が必要。

社会人になってから間もないのに2回も転職するということは、一つ目の会社も短期で退職し、2つ目の会社も短期で退職するということ。

過去2回がすぐ辞めたとなれば、3回目となる今回もそうなってしまうのではないだろうかと当然思いますよね。

1回目ならばたまたまブラック企業にはいってしまっただとかもありますが、2回連続ともなれば本人に何かしらの問題があると思われても仕方ありません。

退職理由をしっかり話すことができない

もし直前の会社で3年以上働いていて、それまでの職歴も一貫性が見てとれる場合、2回目の転職だからと言ってあまり心配する必要はありません。

ただその場合でも退職理由に関してしっかり話すことができなければだめ。

2回目の転職であるということである以上はすぐ辞めるかもしれないというリスクは、これまで一度も辞めた経験がない人に比べれば高いわけですから、相手の納得できる退職理由を話せる準備をしておかなくてはなりません。

20代前半、在籍期間が短い状態で転職を成功させるには?

このように、2回目の転職はそこまで心配する必要はないものの、人によっては不利になってしまう場合もあります。

では20代前半であったり、在職期間が短いような場合はどうすればいいのでしょう。転職は諦めたほうがいいのでしょうか。

いいえそんなことはありません。

もちろん人によってはもう少しその会社で続けたほうが良いという場合がありますが、不利になることがあっても2回目の転職にさっさと踏み切ったほうが良い場合もありますから。

不利になる原因は先ほど述べた通り。ただ転職活動時のやり方次第では企業側にリスクがある人材だとは思わせないことも十分可能です。

これまでのキャリアに対して自分なりの一貫性を持ち、キャリアプランについてもしっかり考えていることをアピールし簡単に転職を決めているわけではないということを納得させる。

これまで2社経験したことでどんなことを学び、どのように生かしていけるかをアピールする。

相手の心配事を解決することができるアピールができれば、決して不利な要素を持っていたとしても採用につながる可能性は十分にあるでしょう。

どうアピールしていけばいいのかと言うのは少々難しいかもしれませんが、転職エージェントからのアドバイスも貰いながらしっかり考えるようにしてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ