新卒入社2年目での転職で失敗を恐れる必要なし。一生働くことが無理ならばさっさと動き出そう。

新卒入社2年目での転職で失敗を恐れる必要なし。一生働くことが無理ならばさっさと動き出そう。

希望や夢、緊張と不安を抱きながら入社した新入社員の頃から1年もたてば、良い意味でも悪い意味でも現実を直視させられます。

それが前向きに考えられるものであればいいのですが、やはり後ろ向きなことが多く、色々な悩みを持つことになった人も多いのではないでしょうか。

そしていずれ考えるようになるのが「仕事を辞めたい」、「転職したい」といったことです。ただ、それを実際に行動に移すことは簡単なことではありません。

入社3年以内の離職者に対しての考え方が変わってきたと言っても、未だに3年は働けという考え方が少なからず残ってはいるし、転職すること自体も失敗の可能性が高いというイメージがある為です。

しかし、そんなことで転職するか悩んだり、踏みとどまったりするのははっきり言って無駄です。周囲がどうだとか、失敗が怖いからとかで、決めるものではありません。

私個人の意見としては、転職したいなら転職すればいいと思っています。なぜならその環境が十分にあるからです。

転職できる環境は整っている

入社した3年以内だとまともな転職ができないなんて昔の話で、多くの企業では若手の人材が不足していることもあって、第二新卒者の需要が非常に高まっています。

需要が高まっているということはすなわち、転職しやすい環境になっているということです。ですから、当然希望の会社に転職する可能性も増えます。

すでに、転職市場においては入社3年以内だからといって転職を踏みとどまる理由がなくなっています。

未経験の業界、職種へ転職する場合であれば、下手に年齢が高い人よりもむしろ有利になるくらいです。

ちなみに、現在は第二新卒に特化した転職サイトも多数あります。

入社3年以内に辞める人が非常に多いと同時に、第二新卒を採用しようとしている企業も非常に多い為、第二新卒に特化しても十分に転職サイトとして利益をだすことができるのです。

それくらい今は第二新卒として転職することが一般的になっています。

失敗を恐れる必要はない

転職できる環境が整っていたとしても、転職で失敗する可能性がゼロになるわけではありません。

ただ、そこまで恐れる必要はないと私は考えます。

2年目なら転職で失敗しても影響は少ない

確かに転職が失敗に終わる人は確実にいます。成功率が100%であれば自信をもって転職できますが、やはりそういうわけには行きません。

給料や待遇が上がったけれど、やりがいがなくなった。残業が多すぎる会社に転職してしまった。転職早々異動させられ、仕事内容が変わった。

失敗例は色々とあります。ただ、これがどんな失敗であれ、入社2年目であれば、まだなんとかなります。

もしこの失敗が30代以降での転職であれば、取り返すことが厳しくなってきますが、入社2年目であれば、いずれは再チャレンジして逆転することも十分可能です。

だからこそ挑戦しやすい年齢なのです。

もちろん、全員が影響が少ないかというとそういうわけではありません。

現在、一部上場の有名人気企業に勤めている場合であれば、一度辞めてしまうと、転職でまたそのレベルの会社に入ることが難しくなるので、他の人よりはリスクが高いと言えるかもしれません。

ただ、少なくとも転職が失敗に終わったことで、どうにもならなくなるような状態にはなりません。自分次第で今後どうとでもすることができるのです。

そもそも失敗自体が少ない

上記では、失敗してもそこまで影響はないということを紹介しましたが、そもそも転職では失敗すること自体が少数派です。

厚生労働省が行った調査結果によれば、実際に転職した人の中で転職して良かったという人はおよそ8割にも上ることがわかってします。

まあ2割は失敗する可能性があるといえば確かにそうですが、そこに恐れるなら転職せずに働き続けたほうが良いでしょう。

失敗を避ける方法はいくらでもある

転職は一か八かの博打なんかではありませんし、失敗を避ける方法なんていくらでもあります。

転職での失敗というと、年収が下がってしまった、残業の多い会社に入ってしまった、やりがいがなかったといったことをよく聞きます。

ただ、これらの失敗は在職中に転職活動を進め、自己分析や企業分析をしっかり行うことで十分に避けることができるものです。

失敗の原因は大半が運ではなく、転職活動のやり方、進め方によるものです。だからこそ少し気をつければ十分に避けることができるものなのです。

転職するかどうかを決めるのはあくまで自分

ここまで、新卒入社2年目の人の転職について、転職できる環境が整っていること、失敗を必要以上に恐れる必要がないということを紹介してきました。

ただ、これはあくまで転職したほうが良いということを言っているわけではありません。

こういった環境であるからこそ、周囲になんて言われたからだとか、失敗するかもしれないからなんてことは関係なく、自分自身が転職したいのか、将来的にどうなりたいのか、今の仕事が一生の仕事にできるのかということを考え、どうするかを自分で決めることが大切なのです。

そうして考えた結果、もう少し働き続けることに決めたならば、それはそれで自分が納得しながら真剣に取り組むことができるようになりますし、転職することにしたなら行動に移すことができるはずです.

失敗を避ける為には面倒くさがらないことが大切

さて、実際に転職することに決めた場合、失敗を避けるように転職を進めていくことが必要になります。

その中で一番重要なのは面倒くさがらないことです。

使えるものは全部使い、やるべきことは多少時間がかかっても確実にやるようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ