辞めたい2年目保育士が知っておきたい転職事情。違う保育園で働くか他業種に転職するか

辞めたい2年目保育士が知っておきたい転職事情。違う保育園で働くか他業種に転職するか

保育士として働き1年がたち2年目として働いているものの、今の保育園を辞めたいと転職を考えている人は多いはず。

保育士に限らず社会人になって2年目というのは、中々辛いことも多いので、そんな風に考えてしまうんですよね。

実際、短大卒の30%、大卒の23%の人は最初に入った会社を2年以内に辞めています。

そこで今回紹介するのは保育士2年目の転職に関して。転職が頭をちらついている人は参考にしてみてください。

関連:保育士が転職フェアに参加する意義やメリット、服装などの注意点

関連:保育士転職で使いたい転職サイトのおすすめランキングと利用するメリット。

2年目保育士の辛いこと、辞めたいと思うことだってあって当たり前

1年目から2年目になると、周りからの接し方や環境、そして自分自身の中でも色々なことが変わってくることが多いです。

それが良い方向に働いてくれれば良いのですが、中々そうも上手くいかない場合が多く、仕事が辛い、仕事を辞めたい、そんな風に考えてしまっている人も少なくないでしょう。

理想と現実のギャップ

1年目の時はとにかく必死に仕事に向き合い、なんとか仕事を覚えよう、成長しようと思っていた気持ちも、2年目にもなると否が応にも現実が見えてきてしまうのも。

仕事の向き不向き、保育の難しさ、やりがいと責任、様々なことがわかってきてしまって、理想としていた保育士の姿と現実のあまりのギャップに悩んでしまっている人も多いのではないでしょうか。

あたりが厳しくなる

1年目だと許されていたことも2年目になるとそうもいかなくなって先輩や上司から当たりが厳しくなってしまうなんてこともありますよね。

1年目の後輩が入ってきたらなおさら。

自分自身の中でも先輩になったという気持ちが芽生え、しっかりしなきゃと思いすぎたり、それ故に聞きたいことが聞けなくなったり自分で自分を追い込んでしまったりもします。

2年目になって責任の重い仕事を任されるようになるのもプレッシャーを感じる要因にもなりますよね。

劣悪な労働環境

労働環境が悪くて辞めたくなりだすのもこの時期。

給料が安いままあがらないのはもちろん、残業は多くて残業代も出ない、家にも仕事を持ち帰らなくてはいけないくらいの忙しさ、休みの少なさなどに不満を感じている人は多いはず。

2年目になって仕事がより一層増えたという人も多いでしょうしね。

難しい人間関係

人間関係でも悩みがでてきますよね。

1年目の時から上手くいっていなかったという人もいるでしょうし、時間がたつにつれて上手く行かなくなってきたという人もいるでしょう。

女性の多い保育園ではこの人間関係で悩み、そして辞める人がたくさんいるのが現実。

上手く行かない状態で仕事に行くのは本当に大きなストレスですよね。

2年目で違う保育園に転職するのは早すぎる?

こういった理由から今の保育園は辞めたい、違う保育園に転職したいと考える2年目の人は多いのだと思います。

ただその転職に関して、まず頭をよぎるのは「2年目での転職は早すぎる」のではないかということ。

まだたった1年しか働いていない、まだ3年も働いていない、そういった理由から転職することに躊躇してしまう人は少なくないでしょう。

これに関しては難しいですね。

まず転職すること自体ができるかどうかですが、2年目であっても他の保育園に転職することは十分可能です。

保育園に対する不満に限らず、結婚や出産といった事情、他業種への興味などから若手が退職して不足してしまっている保育園も多く、1年であっても保育士としての経験があり、若い世代の需要は高いです。

ストレス耐性が低くすぐ辞めてしまうと思われるのではないかという不安もあるでしょうが、最近は入社後間もなく辞めてしまう人に対しての考え方も変わってきており、面接でそう思わせないようにすることも十分できます。

よって転職活動を始めること自体には早すぎるなんてことはありません。

ただ転職して物事が良い方向に進むかどうかという点は、場合によって早すぎる場合もあります。

これからも保育士として働き続けるにあたり、いや社会人として働いていくにあたり、多少は我慢しなくてはならないことだってあります。

先輩のあたりが厳しくなっているのも、さらなる成長を望んでのことかもしれません。

2年目になったことでわかってくることも多いでしょうが、逆に2年目ではまだまだわかっていないことも多いのです。

そこらへんの見極めは必要。ただそれはそれぞれの状況によりますから、全く早すぎない人もいます。そしてそれは自分自身で判断しなくてはいけないことです。

保育園が変われば働き方は変わる

とは言え、保育園が変わることに対するメリットはやっぱり大きいです。

労働条件に関しては保育園自体を変えなくてはどうしようもないことがほとんどでしょうし、人間関係なんかもそうですね。

また保育園を変えても変わらなかったことがあったらそれはそれで一つの経験になります。

我慢すべきことなのか、自分自身を成長させるべきことなのか、それとも保育園次第なのか、そういったことも2つの保育園を経験したからこそわかることが多いと思います。

ですからあまり2年目だから早すぎると決めつけるのではなく、まずは転職活動を始めて他の職場にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

転職しようかなと考えている人がいれば、一度無料の保育士、幼稚園教諭向けの転職支援サイトを利用してみて下さい。

保育園や幼稚園だけではなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれますのでできるだけ少ない労力で満足する転職先を見つけることができるかと思います。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

また職場の雰囲気など、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイトでは、以下の大手二つがおすすめです。

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

他にも全国対応している転職支援サイトとして保育Aidというものもあります。

事前に求人を厳選した上で求人を扱っており、ヒアリング等も丁寧で職場見学や体験保育等も希望すれば可能です。

またこちらはわざわざ来社する必要がなく、電話やSkypeで対応して貰うことが可能というメリットもあります。

■公式サイト:保育Aid



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ