29歳は転職回数が2回目なら問題なし。20代のうちに転職するほうがメリットは大きい

29歳は転職回数が2回目なら問題なし。20代のうちに転職するほうがメリットは大きい

29歳ともなると、一度は転職を経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

新卒入社3年以内で退職する人は大卒者で3割もいるわけですから、29歳ともなると、むしろ転職したことがない人のほうが少ないかもしれません。

そこで気になるのが転職回数です。一度転職をした経験があるし、複数回転職するのはまずいのではないかなんていうに思う人もいるでしょう。中にはそのことで本当は転職したいのに我慢しているなんて人もいます。

ただ、29歳であれば転職回数が2回目なら、気にする必要はなくむしろ積極的に転職をしていくべきです。

関連:28歳、29歳の転職事情や成功する為に行うべきこと。異業種、未経験職種はラストチャンス!

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

転職回数が多いほうがやっぱり不利

転職回数が多くなればなるほど、転職活動において不利になるのはやっぱり確かなことです。

企業は転職回数が多い人に対して、すぐ辞める可能性が高い、ころころ仕事を変えているから仕事の経験が浅いといった悪いイメージをもってしまう為、転職回数が多い人よりも少ない人のほうがリスクが低いと考えます。

しかし、企業によってもどれくらい転職回数があるかによって感じ方は違い、29歳なら2回目の転職はほぼ気にする必要はありません。

下記は 転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性です。

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e5%9b%9e%e6%95%b0%ef%bc%91

29歳があてはまる20代後半では、2回目の転職回数でもそこまで成功率は落ちません。ただ、3回目になるとかなり落ち込んでしまい、成功率の人に比べると成功率は半数以下になってしまいます。

まあ何回目の転職でも成功者がいないわけではなく、単に成功率が落ちるだけですが、2回目であればそれほど不利にはならないということがこのデータからもわかります。

同様にエン・ジャパンが行った調査によると、若手層に対して転職回数が気になるので最も多いのは過去2回している場合で42.2%、次に多いのが過去3回している場合で40.7%となっています。

2回目の転職であれば過去に1回転職を経験しているわけですが、1回を気にすると回答しているのは11.9%に過ぎず、ほとんど気にする必要はないことがわかります。

むしろ勤続年数のほうが影響ある

29歳男性の場合、気にすべきは転職回数よりもむしろ勤続年数です。

例えば、第二新卒として2年目で1度転職し、29歳まで働くと勤続年数は5、6年になっており、それなりに経験がある人材として認めてくれ、転職活動において不利になることはほぼありません。

しかし、例えば新卒で入社した会社で6年、28歳まで働いた後に1回目の転職、そして1年程度でまた転職となると、短期離職者となってしまって不利になる可能性がかなりあります。

同じ二回目でも企業が見るのは直前の職歴であり、短期離職なのかどうなのかで大きな差があります。

それでも転職したいならしたほうがいい

29歳で現在の仕事で勤続年数が3年以上あって、今回の転職が2回目の転職であるならば転職したいなら迷わずGOです。

特に何の心配もすることなく、転職活動を進めていけばいいでしょう。

ただ、もし直近の勤続年数が短かったり、3、4回転職を繰り返している場合であっても、やっぱり転職したいならGOです。

その理由には二つあります。

まず一つ目が20代と30代ではやはり20代であるほうが印象が良く転職しやすいという点です。

転職回数の多さはちょっと働いたことで関係なくなるというものではないし、それならば20代のうちに転職してしまったほうが得策です。

29歳だと、もうあと1年たてば30歳。たった1年の差ですが、28歳と29歳の違いが与える印象の差と、29歳と30歳の違いが与える印象の差はかなり違うものです。

もう一つが、現在が人手不足が顕著となっていてとにかく転職しやすい状況であるということです。景気良し悪しは転職のしやすさに大きく影響があります。転職回数や、職歴なんていうものよりも大きく影響します。

だからこそ今のうちに転職したほうがいいのです。

勤続年数が短いからもう少し働いてからだとか、もう2回転職したから年齢が高くなってからなんていう様に先延ばしすることは最もやってはいけないことです。

もちろん、不利になる要素を抱えていることには変わりない為、仕事を辞めてしまうのではなく、在職中に転職活動を進めてリスクを下げることは必要です。

複数回、短期離職の転職を成功させる為に

転職活動を成功させる為には転職サイト、転職エージェントを有効活用することは必須です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動始めるならまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の20代向け転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、まずは相談するだけしてみてください。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみにとりあえず情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXTがいいです。

国内No.1の転職サイトで掲載されている求人量、スカウトメール機能、診断テストなどが充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:20代後半男性が転職するなら仕事のこと、結婚などの生活のことも考えておこう

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。



このページの先頭へ