28歳で転職に踏み切るメリットとパターン別の転職事情

28歳で転職に踏み切るメリットとパターン別の転職事情

社会人になってから数年が経ち、気が付けば28歳。

順調な会社生活を送っている人もいれば、何かしら不満を感じ転職を考えている人もいると思います。

後者の人の場合、転職するなら20代のうちにと考えたら残す期間はあと1、2年。実はそれほど猶予はありません。

28歳は転職市場において非常に大きなチャンスがある年齢ですから、先延ばしせずにすぐに転職にチャレンジしてみましょう。

関連記事

 

28歳で転職するメリット

28歳での転職は、他の年齢に比べると多くのメリットがあります。

転職市場価値が高い

転職市場において28歳の転職市場は非常に価値が高いです。

数年の社会人経験からそれなりのスキルを保有しており、即戦力として期待できる存在。

ビジネスマナーはもちろん、仕事の進め方、責任の持ち方等は未経験の仕事に転職する場合であっても役に立ちます。

それに加えて若さもあるので、今後の成長という観点からも◎。

仕事を教えれば覚えるのは早いし、上司との年齢逆転現象が起きないので指導もしやすい。それでいて長期的に雇用できるので会社への貢献度も高いことが期待されます。

20代前半の第二新卒者向け、30代以降の高スキル者向け、40代の管理職向けなど様々な求人がありますが、結局一番多い求人はそこそこ仕事の経験があって今後にも期待できる人材であり、それに見合った28歳は転職市場において非常に価値が高いとされているのです。

選択肢が豊富、キャリアアップも未経験職への転職も可

28歳と転職する場合、それまでの仕事を活かして経験者としてキャリアアップしていく転職をする場合と未経験職への転職をする場合、どちらでもそれなりの選択肢が残されています。

特に未経験職へと転職する場合、これ以上年齢が高くなると、職種がかなり限定されてしまったり、求人自体も少なくなりかなり難易度が増してしまいます。

経験者採用の場合、職種としての経験が十分あるとともに将来への成長も期待することができるという点でかなり重宝されます。

入社後も馴染みやすい

転職において成功・失敗のカギを握るのは転職活動だけではありません。

実はそれ以上に大切なのが入社後のこと。

条件が良いホワイト企業に転職することができたにも関わらず、人間関係が上手くいかなかったり、職場に馴染むことができなかったせいでまたすぐに転職することになってしまう人も少なからずいます。

特に年齢が高くなればなるほど、職場に馴染むことが難しい傾向が強くなります。

ただ28歳であれば職場内ではまだ若い年齢。

すでにいる人としても受け入れやすいし、仕事を覚えるのも早いので職場に馴染みやすいので、転職後に馴染めず失敗となってしまう可能性が低いです。

転職後に後悔する可能性も少ない

例えば入社して1年、2年という期間で転職を決めてしまうと、辞めてから前職でのメリットに気づき辞めなきゃ良かったと後悔する人も少なからずいます。

不満ばかりに目が行ってしまい見極めが不十分のまま決断をしてしまうのです。

ただ28歳にもなれば、働いている会社に対する見極めが不十分なんてことはなく、辞めた後にメリットに気づくなんてことはなくなるでしょう。

転職エージェントからのサポートも充実

先ほども述べたように28歳の転職市場価値は非常に高い為、DODAなどの転職エージェントにとっても積極的にサポートしたいと思える存在。

転職エージェントは転職が決定して初めて報酬を得ることができる成果報酬型である上、その報酬は年収によって変動する為、転職しやすくそれなりに高い年収で転職する可能性がある20代後半は非常にありがたい存在なのです。

それ故に力を入れてもらえることが多く、充実したサポートを受けることができるので、その分好条件で良い転職をすることができる可能性が高まります。

実際30代になってから後悔する人も多い

余談になりますが、30代男性にとったアンケートに以下のものがあります。

【20代でやっておけば良かったと後悔したこと(アイリサーチ)】

  1. 資格取得
  2. 語学の勉強
  3. ITスキルを磨く
  4. 定期的な運動
  5. キャリアプランを明確に持つ
  6. 副業
  7. 転職する
  8. 趣味を極める
  9. 定期的な読書
  10. 社外の人脈を築く

 

転職というのが7位に挙がっているとともに、5位にもキャリアプランの明確化が挙げられています。

30代になっても転職することができなくなるわけではないとは言え、やはり選択肢が広く自由度も高いのは20代。

後悔しない為にも今のうちに行動を起こすというのはやはり大切なことです。

28歳での様々な転職パターン

ではここから28歳での転職パターンについて、その現状を紹介していくことにしましょう。

キャリアアップ転職

給料アップやスキルアップを求めるキャリアアップ転職。

転職市場価値の高い28歳であれば、キャリアアップを実現することが出来る可能性は十分高いと言えます。

28歳としてこのキャリアアップ転職を目指す場合に必要なのは、当然ながらこれまで培った経験や実績をアピールすることです。

20代でこの先の成長にも期待できるとは言え、企業は即戦力として働くことができる人材。

もちろん仕事に対する熱意や意欲、将来を見据えたポテンシャルの高さといったものももちろん大切ですが、すでにそれなりの年数を社会人として働いてきたのに特段アピールするものがない人に期待なんてできません。

そして求められるものとしてはその職種での実績はもちろん、場合によってはチームリーダーとしてチームをまとめてきた経験が必要となる場合もあります。

仕事は色々な人と行うもの。25、6歳ならまだしも、28歳ともなれば人をまきこみ、まとめながら高い実績を出してきたという点の方が高く評価されるでしょう。

ただキャリアアップ転職をする上では、マッチングが非常に重要であることを忘れてはいけません。

仕事内容でのマッチングはもちろんですが、年齢面でも20代後半を求めている場合もあれば30代以降、中には30代後半から40代をターゲットとしている求人もあるのです。

それ故に自分に合った求人に応募することがとても大切です。

このマッチングを考えた場合、転職エージェントを利用するというのは非常に有用。ただしどの転職エージェントを使うかは注意が必要です。

例えばJAC Recruitmentという転職エージェントは高収入の求人を扱っているもののターゲット層は30代以降。7割以上が35歳以上となっており、28歳では中々マッチングしません。

ですから転職を成功させようと思ったら、DODAリクルートエージェントあたりの大手転職エージェントを使うようにしましょう。

未経験職へのキャリアチェンジ転職

未経験職への転職は28歳だとかなりぎりぎりの年齢。

大手でも30歳未満という年齢条件を課している場合もあり、まだまだ選択肢としてあるものの、職種としての経験がなくなる為、給料が多少なりとも下がることに対してある程度覚悟は必要です。

また応募する際には未経験可と書かれている求人に絞ってしまわないのも一つのポイント。経験が必要と書かれていても、実は未経験者を採用してくれるパターンも少なからずあるのです。

もちろんがむしゃらに応募しても書類選考で不合格になってしまう場合がほとんどですが、転職エージェントを利用すると合格の可能性がある求人を紹介してくれます。

実際私の知人が20代後半で全く違う職種に転職しようとした際も、大手で経験必須と書かれていた大手の求人をいくつか紹介、内定まで行きました。

未経験職への転職を希望している場合、DODAのような大手の転職エージェントの他にハタラクティブなんかもおすすめ。

20代を対象に未経験者への転職に強い転職エージェントとなっています。

労働条件改善の為の転職

おそらく転職する理由として最も多いのはキャリアアップでもキャリアチェンジでもなく、労働条件改善の為ではないでしょうか。

休みが少ない、残業が多いといった点はどの年代においても非常に多い転職理由です。

また他にも人間関係が悪い、会社に将来性を感じないといった点もよくある理由。

このようなネガティブな理由をきっかけは逃げの転職でうまくいかないなんて言われることもありますが、私はそうは思いません。

そもそもほとんどの人はこういった理由から転職に踏み切っていて、しかもそれで成功させている人はたくさんいますからね。

28歳という転職しやすい年齢だからこそ、ただ我慢するのではなく、自分で不満を解消する為に行動するのは良いことだし、もし何もしないまま年齢を重ねていってしまえば後悔すること間違いありません。

ただ転職活動ではこのネガティブな転職理由をポジティブなものに変えることが必要。企業はマイナスをプラスに変えることができる人材を求めています。

また労働条件を良くしようと思ったら、リクナビNEXTのスカウト機能やDODAなどの転職エージェントを利用し非公開求人へ応募できるように転職活動を行ってください。

給料が良い、休みが多い、残業が少ないといった好条件の求人は非公開求人の方が多い為です。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動始めるならまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の20代向け転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、まずは相談するだけしてみてください。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみにとりあえず情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXTがいいです。

国内No.1の転職サイトで掲載されている求人量、スカウトメール機能、診断テストなどが充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ