27歳女性の仕事事情、転職事情。将来に向けて今やるべきことは?

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

27歳女性の仕事事情、転職事情。将来に向けて今やるべきことは?

仕事にプライベート、全てが順風満帆に行くのが理想。ただそうは上手くいかずに悩みを抱えてしまっている人は少なくないでしょう。

特に27歳という就職してから時間がたち、それでいて30代も意識し始める年齢ですから色々と考えてしまうこともあると思いますし、それ故にモヤモヤしている人も多いかと思います。

ただぼーっとしていても何か答えが見つかるわけではありません。一度、じっくり今後のことについて考えてみてはいかがでしょうか。

27歳女性の仕事事情

まずは自分の取り巻く環境や問題について考えてみましょう。

仕事を覚え、環境に慣れてくる

就職してから数年、新入社員の頃には右も左もわからなかった仕事も徐々に覚えて、後輩もできて指導する立場になり、職場の環境自体にも慣れてくる年次だと思います。

ただ一方で色々と飽きがでてくる時期でもありますね。そして仕事がつまらなく感じたり、毎日同じようなことばかりで不満を感じている人も多いのではないでしょうか。

理想とのギャップ、将来との差異に悩む時期

本当は○○の仕事がしたかったのになー、このまま働き続けたらどうなるのかななんて言う風に理想と思い描いていたものとのギャップや将来に対する不安も感じてくるのが多いのもこの時期。

がむしゃらに働き、色々な期待をしていた新入社員の頃と違って、慣れてきたがゆえに冷静に今の会社、今の仕事について考えるようになってしまうためです。

結婚しても働き続けることができるのか、子供が生まれても働き続けることができるのか、出世に影響してしまうのではないかなんてことも頭に浮かびますよね。

仕事を辞めたいと考えている人も多いのでは?

実際、こういった悩みを抱えてしまい仕事を辞めたいと感じている人は非常に多いでしょう。

今の仕事はつまらなくてはりがない、自分のやりたいことができていない、育児の制度が整っていなくてこのまま働くことは不満といったことや、

新入社員の頃から全く給料が増えていない、残業が多くて仕事ばかりの人生になっているなんて不満を持っている人もいるかと思います。

27歳女性の転職事情

仕事を辞めたいと考えたらまず考えるのは転職。

ただ転職に対して正しい認識をせずに現実以上にハードルが高いものだと考えてしまい、何も行動を起こせていないまま現状を受け入れるしかなくなっているという人は多いのではないでしょうか。

そこで実際の転職事情を紹介していきましょう。

企業からの需要は高い

27 歳の女性は企業にとってかなり需要が高い世代であり、転職するにあたりかなり恵まれています。

女性の場合、今後結婚による退職や出産による休業が考えられますが、27歳であれば少なくとも3年くらいは働けそうであるし、近年は女性の割合を高めようとする意識も企業の中に強いので、仕事の見つけやすさという点ではかなり恵まれています。

中途採用の場合に求められるのは、ある程度の社会人としての経験があること、一定年数働いてくれること、柔軟性があり新たな環境に馴染みやすいことです。

それを考えた場合、27歳女性が需要が高くなるというのは納得できますね。

未経験職種への転換がしやすい

20代であれば未経験職種にチャレンジしやすいというのも特徴です。

経験ほど優遇される転職市場において、未経験職種へ転職するというのは正直簡単なことではありません。

ただ、それは年齢が高い場合であって、まだ20代であれば今後の伸びしろを考えて未経験でも可という仕事はかなりあります。

職種を変えたいならできるだけ若いほうが良いというのは間違い事実です。

転職回数が多い人も意外に多い

転職市場において、転職回数が多いことは不利になると考えられています。

これは確かに事実であり、平均すると3回目の転職から企業はマイナスポイントとして見る傾向が強くなってきます。

ただ、男性に比べると女性は転職回数が多い傾向にあり、逆に言えば企業側も転職回数に対して男性よりも許されることが多いということです。

女性の場合だと20代後半でも転職回数が3回以上ある人が3割くらいいますからね。

将来に向けて今やるべきこと

では、こういったことを踏まえて、今現状に不満や不安を抱いている人が行うべきことを紹介します。

理想と現実のギャップをしっかり認識する

まずは、自分がこうなりたいという理想と、現実とのギャップをしっかり認識するところから始めましょう。

年収400万円は欲しいけど現実は年収300万円以下、将来を考えて育児に関する制度が整っている会社で働きたいけど今の会社ではあまり育休を取れる雰囲気ではない、プライベートを充実させたいので残業は少ないほうがいいけど今は毎日21時くらいまで仕事。

こういった理想とギャップは必ずあると思います。まずそれをはっきりさせましょう。

ギャップを埋める為の方法を考える

自分にとってのギャップが明確になったら、それを埋める為の方法を考えてみてください。

その際、人を頼る方法は選ばないでください。

もしかしたら今の会社が条件面を上げてくれるかもしれない、高い年収のいい人と結婚することができて仕事を辞めることができるかもしれないといった人を頼った考えは捨てましょう。

会社が条件をあげてくれたり、従業員が働きやすい会社に変えてくれるなんてことはできませんし、結婚するにしても日本の平均年収が420万円である以上は専業主婦になることができるとは限りません。

考えるべきは自分でギャップを埋める為の方法。それは転職なのか、働く中で何かを変えていくことなのか、プライベートの面を変えるという場合もあり得るでしょう。

人任せ、環境任せにして淡い期待を抱いている限り、それは実現される日まで不安は解消されることはありません。

環境を変えることを恐れない

多くの人は環境を変えることに恐れを感じます。

まあそうですよね。せっかく慣れた環境を捨てて、新たな人間関係を築いていかなくてはならないし、仕事も覚えていかなくてはならないのですから不安があるのは当然のこと。

ただ、何かを変えない限り現状の不満からは逃れることはできません、年齢が高くなればなるほどに環境を変えることが難しくなってきます。

時には多少のリスクを背負ってでも変える勇気をもつことは大事なことです。

人任せにはしないことが重要

とにかく大事なのは人任せにせずに、自分でなんとかしようとする気持ちです。

将来になってから後悔することがないよう、自分で変えていく意識を持ってみてください.

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職に向けた準備で学校に通ったり資格を取る前に何よりも優先してやるべきこと

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと



このページの先頭へ