25歳男性が未経験の仕事に転職する場合の難しさや転職活動で感じる苦労

25歳男性が未経験の仕事に転職する場合の難しさや転職活動で感じる苦労

社会人として数年、あなたは日々どんな思いを感じながら働いているでしょうか。

楽しく仕事ができているという人ももちろんいるでしょうが、残業が多すぎる、仕事がつまらないなんていう不満を抱いている人も少なくはないと思います。

また今の仕事ではなく、違う仕事をしたいと考えている人も多いと思います。

新卒で仕事を決めた時から考えが変わった人、実際に働いてみてギャップを感じた人、配属が希望通りに行かずにやりたい仕事ができなかったなんて人は珍しくありませんからね。

では25歳という年齢で未経験の仕事に転職するというのは難しいのでしょうか。

関連:25歳で退職、転職を悩んでいる人への為が今後行うべきこと。

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。

25歳が未経験の仕事に転職するのは難しい?

新卒の時と違って、中途採用は経験がものを言う世界。

経験者と未経験者のどちらを採用するかといえば、やっぱり前者を採用したいと思うのは、仕方がないことです。

ただ25歳ならまだ仕事を変えるチャンスは大いに残されています。

若手人材は不足しており、転職はしやすい

25歳は転職市場でまだまだ若手に位置する年齢。大卒ならだいたい3年目から4年目というところですから、中堅でもありません。

この年代は、たとえその業務に対する経験が全くなかったとしても、転職市場において非常に魅力的な人材です。

現在は少子化の影響と好景気による影響から若手人材の人手不足が著しく、それが経営にも悪影響を及ぼしだしていると回答している企業が増えています。

すなわち25歳はたとえ未経験でも企業にとっては喉から手が出るほど欲しい人材であり、転職難易度としてはかなり低くなっている状況にあります。

入社2年目、3年目の人の場合は第二新卒で

25歳の場合だと、大卒であれば基本的には入社3年目もしくは4年目の人がほとんどだと思いますが、一度留年や浪人を経験している人だと2年目の人もいるかと思います。

そしてこのうち2年目、3年目の人は、第二新卒採用枠で転職活動を進めることになるでしょう。

第二新卒採用枠は基本的に入社1年目から3年目の人を対象にしたものであり、全員が未経験者という位置づけで、違う仕事に就きたいという人にとっては願ってもない採用活動です。

ただもし同職種へ転職する場合も、それまでの経験があまり重視されないという欠点があります。2年以上その仕事をしてきたのに未経験者と同等に考えられてしまうというのは少々悲しいですね。

この第二新卒採用は先ほど紹介した若手人材の不足の背景もあって近年増加傾向にあります。

中小企業はもちろん、大手企業も積極的に採用を増やしている状況です。

入社4年目以降の人は未経験者採用で

第二新卒は基本的に入社3年以内がターゲット層になっていますので、4年目以降だと第二新卒としてではなく、未経験者可となっている求人に応募することになります。

第二新卒採用は全員が未経験者という立場で応募することになるのですが、未経験可の求人は経験者もその求人に応募する場合がある為、未経験であることが不利に働いてしまう場合はあります。

ただし25歳ならまだ仕事の経験よりもその人自体のポテンシャルを重視する傾向にあるので、未経験であることで即不採用にはならないでしょう。

ただ第二新卒採用も入社4年目でも応募可能な求人が多数あるので、そちらのチェックも逃してはいけません。大手企業もありますしね。

25歳の強みと弱み

ここで一旦25歳の強みと弱みを考えてみましょう。

未経験者を採用するならば若い方が絶対に良いと考えられてしまうなら、3年目よりも1年目の人の方が良いとなりますが、25歳には25歳の強みがあり、それをアピールするのが転職成功へのカギを握ります。

25歳の強みは、社会人を経験したことによる基本的なビジネスマナーや仕事の進め方が身についている点と、多職種の経験を持っているという点。

若手人材が不足しているとは言っても、大手企業なら正直言って新卒者だけでも十分に人は集まります。

ただ若手でかつ多職種の数年の経験があることが、長い目で見た時に企業を良い方向にもたらしてくれることもあり、それが25歳の強みであり、期待される点です。

一方で年齢はやはり弱みになってしまう部分。まだ若いですから仕事を覚えるのも早いでしょうし適応力にもそこまで心配されることはありませんが、同じ25歳で新卒から入社した会社に入った人に比べると仕事の面で大きな差がでてしまっていることが大きいですからね。

転職活動ではその強みをいかにアピールし、いかに弱みを補えることができるかが重要になります。

採用される可能性がある企業と可能性がない企業

第二新卒にしろ未経験者採用にしろ、昔に比べると選択の幅は広がっています。

大手は経験者採用のみしか行っていないから、未経験者では入社するのは無理というのはなくなってきているんです。

しかしそうは言ってもまだ経験者採用しか行っていない企業もたくさんあります。

ですから新卒同様の幅で選択肢があると考えるのはもってのほかで、中堅企業、中小企業にも目を向ける必要がでてくるでしょう。

転職のやり方

転職活動は基本的に転職サイトや転職エージェントを利用して進めていくことになるでしょう。

特に転職エージェントは利用する恩恵が大きいので絶対に使うようにしてください。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのがまず以下の2つ。

登録は無料でしかも数分で終わります。あっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。

転職活動以外の道

では最後に転職活動以外の道も紹介したいと思います。

まず多いのが公務員試験。25歳ならばなだ公務員試験への応募資格があるので、公務員になることが可能です。

ただ仕事をしながらの勉強は中々ハードルも高く、世間が抱いている高給で仕事は楽なんてイメージがあまり合っていない場合もある為、どうしても公務員になりたいという思いがない限りはあまりおすすめできません。

また一度仕事を辞めて大学院に進学する、海外の大学に留学するなんて方法もあります。

やりたいことがあるならばそうするのもありにはあり。

ただこちらの場合、学校に一旦戻ったからと言って卒業する時に新卒として就職することができるわけではなく、年齢が高くなって社会人としての経験が少ない中で就職活動をするという難易度が高いことに挑む必要がでてくるので、その覚悟を持たなくてはなりません。

25歳が未経験の仕事への転職で感じたこと

このように、25歳で転職するというのはそこまで難しいことではなく、もしやりたい仕事があるならばチャレンジする価値は大いにあると思います。

ただ転職活動でも転職後でも苦労することはあるもの。そこでここでは実際に25歳で転職した人が感じた苦労、そしてアドバイスを紹介していきたいと思います。

転職活動で感じた苦労

転職活動の中で一番苦労したのは、本当に転職して良いのかと自分の中での葛藤が大きかった点です。とりあえず3年は働くべきなのか、今のうちに転職した方が良いのか、どちらを選ぶのが後悔が少ないのか最後の最後まで悩みました。

一度転職してしまうと、ほとんどの場合は前の会社に戻ることなんてできませんし、戻れたとしても前と同じように働くことなんてできません。

だからこそ悩みますよね。実際に転職してから転職しなければ良かったと後悔する人もいますし。

実際にどうなるのかはやってみなくてはわかりません。とにかく考えに考えぬいて、最後は覚悟を決めて決断することが求められるでしょう。

ただ実際は転職して良かったと感じる人が多いということだけはお伝えしておきます。

転職活動では、自分のスキルや実績などをどうアピールしていいのかということに一番悩みました。

2年以上の社会人経験があるとは言え、前の会社では最初の1年がほぼ教育で特別業務を行ってなく、残りの1年も仕事を覚えることが必至でアピールできるほどのことがあまり思いつきませんでした。

中途採用である以上はどんな仕事をしてきて、どういったスキルを身につけたか、どういった実績を残してきたかという点はアピールしていかなくてはなりません。

社会人経験が浅いと難しいかもしれませんが、ある程度は仕事をしてきたならば何もスキルがないなんてありえないはず。

転職エージェントと相談し、自分の強みやこれまで経験してきたことを一つ一つ確認しアピールポイントを探っていきましょう。

転職後に感じた苦労

25歳にもなると、その会社で新卒から入社した人はすでに一人でばりばりを仕事をこなしていっている状態。それどころか年下の人だって自分よりも仕事ができる状態。

最初はとにかく仕事を覚え、なんとかして同世代に追いつこうと必死になりました。

未経験者が中途採用で入った時に一番大変なのは周りとの差でしょう。この年齢ならばできて当たり前ということも最初はできませんからね。

だからこそ最初は仕事を覚えることに必死にならなくてはなりません。

ただ仕事をする基盤はできているはずで、そこを見込まれて採用されているわけですから、頑張っていれば数か月もたつと意外になんとかなるものです。

新入社員であれば手とり足取りで教えて貰うことも、中途採用者にはそんなに優しく仕事を教えて貰えることがなかったので、何でも自分で積極的にやらなくてはいけませんでした。

周りも新入社員と中途採用者に対しては違う目をもち、それ相応の態度で接してくることになります。

受け身ではなく積極性を持って自ら行動する。中途採用者にはそれが必要になるでしょう。

これから転職する人へのアドバイス

入社して数年で転職するとなると周りはあまり良い目でみてくれませんが、転職する土壌はできているし、今しないと後悔することになるから自分は絶対に転職した方が良いと思います。

自分も周りに言われて心が折れかけたことはありますが、今は転職して良かったと心から思えています。

入社3年以内で転職するとなれば、周りは甘えだ、とりあえず3年は働くべきだと転職に否定的なことを言ってくる場合が多いです。

しかし実際の転職では、特に未経験職に転職する場合だと長く働けば働くほどに年齢が高くなって不利になってきますから、周りになんと言われようと自分がこうと決めたものがあるならぜひやってみてください。

私からのアドバイスは転職エージェントを利用すること、それだけです。

最初転職サイトだけで自分なりにやっていたんですが中々上手くいかず、転職エージェントを利用したところあっという間に転職が決まりました。

そもそも応募できる仕事が転職サイト経由とでは全然違うし、色々なことをサポートしてくれるので圧倒的に楽に転職活動を進めることができます。

転職エージェントは、転職サイトなどで公開されていない求人を多数もっているので、条件さえあえばたくさんの求人を紹介して貰えるし、履歴書や面接に関するサポートも行ってくれるので非常に有用です。

割と気軽に使えるので、まずは一度面談してみましょう。

20代はどんどんチャレンジするべき

これからの長い会社生活、どんな仕事をするのか、どんな会社で過ごすことになるのか、20代ならまだ色々な選択を持っています。

しかし年齢を重ねれば重ねるほどに選択肢は減り、不満を感じていても身動きがとれなく状態になってしまいます・

もしあなたが今仕事を変えたいと思うなら、それが実現できるうちにどんどんチャレンジしていくべき。それがきっと将来への充実につながっていくはずです。



このページの先頭へ