24歳で未経験の仕事に転職を成功させるポイント。今やらなければきっと後悔する。

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

24歳で未経験の仕事に転職を成功させるポイント。

元から違う仕事をしたいと考えていた人や違う仕事に興味がでてきた人、仕事をし始めてからギャップを感じた人なども多いのではないでしょうか。

入社してから数年がたった24歳はそんな理由から転職するタイミングとしてもかなり良いと言え、実際多くの人がキャリアチェンジを成功させています。

もし現在転職するか悩んでいる人がいたら、ぜひこの機会に転職活動を始めてみてください。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:私の転職体験談。私は24歳と31歳に成功と言える転職ができた。

24歳は未経験の仕事に転職するにはベストな年齢

これまでの仕事の経験を生かして同職種に転職することを考えているならば、まだ社会人経験も浅く年齢が低い24歳に転職することが不利に働いてしまう場合があります。

しかし「未経験」の仕事に転職するならば24歳という年齢は大きな武器。将来のことを見据えると今のうちに転職しておく方が得策であると言えます。

大卒なら第二新卒として転職可

24歳だと大卒ならば第二新卒として転職することが可能となります。

中途採用ではその仕事での経験や実績をものをいうのが一般的ですが、第二新卒採用では経験ではなく熱意やポテンシャルを重視。

未経験であることが不利にならず、それどころか違う職種の経験が今後の仕事に生きると前向きに考えている企業も少なくありません。

そしてこの第二新卒の転職需要は近年増加傾向にあり、選択の幅が大きく広がっています。

ビジネスマナーや仕事のやり方が身についている

入社1年以上たっていることによって基本的なビジネスマナーや仕事のやり方が身についているというのも企業側にとっては大きなメリットとなる点です。

最初の1、2年はその仕事のスキルを身につけるよりも社会人としての基礎を身につける期間。

それはどこの会社でも同じであり、転職したとしても新卒者に比べて大きなメリットとなる点です。

入社後に1から教えていかなくてはならない新卒者と基本的なことはできすぐに業務に取り掛かってもらうことができる24歳。両者の違いはかなり大きいです。

年齢が若いことに対するメリット

大卒にしろ高卒にしろ、24歳は社会人としてまだかなり若手と位置付けられますが、この年齢は未経験の仕事に就く上で大きなメリットになる点です。

もちろん個人差はありますが、基本的な傾向としては仕事を覚えるのが早く、会社に馴染みやすく、その後の伸びしろにも大きな期待が持てる。

さらに先輩と後輩、上司と部下の関係で年齢が逆転しない。年齢が低い分給料が低くて済み、未経験者に対して高い年収を出す必要がないといったメリットもあります。

転職後のメリットも大きい

転職でのメリットは単に転職活動に関してだけではなく、転職後も大きなメリットがあります。

ある程度年齢が高くなってからの転職は、求められる能力の高さ、他の人からの視線、新たな人間関係などで四苦八苦することになる可能性が高まります。

他の会社でも若いと思われるような年齢で転職しておくことで、過度な期待を寄せられることが少なくなり、そこを逆に頑張ることで高評価を得られる可能性も高くなるわけです。

24歳の転職におけるマイナスポイント

このように企業側にとってもメリットが大きい24歳は転職市場においてかなり優遇される傾向があり、転職したいと考えているならぜひ転職活動を始めることをおすすめします。

ただマイナスポイントがないわけではありません。転職活動を始めるにあたり、その点もしっかり把握しておきましょう。

経験ありとは自信満々に言えない

未経験の仕事に転職する場合であっても、以前の仕事ではどういった経験をしてきてどういったスキルを身につけてきたのかという点は見られる点であるし、自分自身でもアピールしていかなくてはならない点です。

ただ2年程度しか経験してこなかったのに中々実績をアピールすることは難しいし、あまりに自信満々に経験がある、スキルがあるとアピールしてもそれはそれで悪い印象を抱かれてしまう可能性があります。

転職活動においてどうアピールしていくか。これには第二新卒特有の難しさがありますね。

ただそれは他の人も同じ。上手くアピールすることができれば他のライバルに差をつけれる点でもあります。ですのでDODAハタラクティブといった第二新卒者でも使える転職支援サービスを使ってアピール方法のアドバイスを貰っていくことが重要になります。

すぐ辞めるかもしれない人材

若いこと、社会人になって間もないこと、1年以上働いているので基本的なことは身についているという点で需要は高い年齢とは言え、それらと同時に「すぐ辞める」「すぐ転職する」という実績を持ってしまっている人材であることは忘れてはいけません。

せっかく採用したのにすぐ辞められてしまうのは企業のとっても絶対に避けたいことですから、その点の不安は面接で解消していくようなアピールをしていかなくてはなりません。

新卒時ほど選択肢が広いわけではない

いくら第二新卒としての採用が活発になってきたとは言え、新卒並みに選択肢があるなんてことは考えてはいけません。

最近は大手企業でも第二新卒採用を行うようになってきましたが、まだまだ行っていない企業もたくさんあるのが現実です。

ですので特定の企業を目指すのではなく、自分のやりたいことが実現できる企業、希望条件に合った企業をできる限り視野を広げて探してみなくてはなりません。

転職先をしっかり選ばなければ痛い目を見る

企業が第二新卒採用を行う目的は大きく分けて二つ。

  • 第二新卒者の中にも優秀な人材はいるので採用を行っている
  • 離職者の人材補填、新卒者で採用しきれなかった部分を採用

離職率も低く人気があって新卒者に困らないような大手企業は前者の理由から採用活動を行っていますが、後者のように人材補填もしくは新卒者では不十分だった場合で行われる場合も多いです。

条件が良い企業であれば新卒者は集まるし、働く上で恵まれている企業ならば離職者は出にくいわけですから、後者の理由から採用活動を行っている企業は何かしら問題を抱えている可能性があります。

もちろんそういった企業ばかりではありませんが、社員を使い捨てにするようなブラック企業も紛れている可能性があるということを忘れずに、しっかりと仕事選びを行わなくては痛い目を見ることになるので注意しましょう。

24歳での転職成功に向けて

24歳が転職に向けて、やるべきことはただ一つ。とにかく転職活動を始めることです。

環境、状況ではすでに有利な状況が揃っています。

後はやるかやらないかです。

アピールすべき点を間違えない、退職理由をしっかり答えることができるようにする、自己分析や企業分析を行って転職を繰り返さないように気を付けるなど、転職活動で注意しなくてはいけない点は色々とありますが、それらは転職エージェントに相談するだけでOK。

あとはやるかやらないかだけです。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ