24歳女性は早めの転職決断が功を奏す!まずは将来どうなりたいかを考えてみよう

24歳女性は早めの転職決断が功を奏す!まずは将来どうなりたいかを考えてみよう

転職市場において本来は男女によって差別してはいけないものです。しかし実際は性別による差はあるのが現実です。そしてその差は年齢が高くなるにつれて顕著にあらわれてきてしまいます。

ただ24歳であれば、まだ若く性別による影響は大きくはなく、20代後半になった時よりも転職しやすい状況です。

もちろん今の会社に満足しているならばそれはそれで良いことですが、もし少しでも仕事に不満を感じていたり、将来への不安を感じているならば一度転職も考えてみたほうが良いでしょう。

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

関連:仕事を辞めたい女性は絶対に転職するべき!転職で良かったと感じた人はこんなに多い!

年齢が高くなってくるほど転職はしにくくなってくる

男性の場合であれば、20代後半はあぶらののた時期であり、転職市場においても重宝されます。

しかし、女性の場合は20代後半になると不利な要素ができてしまい、20代前半に比べて転職がしにくくなる場合もあります。

結婚、出産の企業側のリスクが大きい

20代後半となると、やはり企業側は結婚や出産を意識してしまい、そのリスクから採用に対して消極的になってしまう場合があります。

例えば、すぐ結婚して退職してしまうのではないかだとか、出産して産休、育児休暇をとるのではないかと考えてしまいます。

せっかく新たに採用したのにすぐ辞められてしまったり、すぐ産休をとられてしまうと、企業にとっては損することになります。

採用したからには最低でも3年は働いてもらいたいと考えている為、20代前半であれば日本の平均的な結婚する年齢に対してはまだ期間があります。しかし20代後半になるとそのリスクが強くなってくるのです。

子育てによる影響も大きい

企業にとっての出産の影響は産休、育休だけではありません。

子育ての為に、残業ができなくなったり、時短勤務をせざるを得なくなる場合は多々あります。男性、女性ともに働いている場合は協力しあえればいいのですが、だいたいその負担を女性側が負いです。

採用時には本来こういう働き方をしてもらいたいと企業が考えていることに対し、それが数年間できなくなる可能性があることに対してネガティブに捉えてしまう企業は少なくありません。

早めの転職が功を奏す理由

こういった理由から女性は若いうちに転職を決断したほうが良いという面があります。

ただそれ以外にも24歳で転職するメリットも色々とあります。

企業は若手の人材を求めている

現在、多くの企業で若手の人材が不足しています。会社によってはその影響が大きく経営面にも影響を及ぼしている場合おあるくらいです。

ですから24歳という年齢は非常に重宝されます。

社会人として数年の経験があり、基本的なことはでき、それでいて今後の成長も期待できるという大きなメリットがある為、年齢面での

第二新卒としての転職が可

24歳は大卒の場合であれば入社3年以内での転職となる為、第二新卒者として転職活動を行うことになります。

つい最近まではとりあえず3年は働けという考え方が広まっていましたが、今は違い第二新卒者を欲しがる企業は非常に増えています。

第二新卒としての転職では、通常の中途採用よりも経験面を重視されない為、未経験職種への転職もしやすいので、下手に3年以上働くよりも有利である場合があります。

あと1年もすれば入社後3年がたち、第二新卒としての転職ができなくなります。

だからこそ24歳という年齢で早めに決断することが大切になります。

女性の割合を高めたがっている

大企業を中心に、女性従業員の採用を増やして女性従業員の割合を高めたがっている企業がたくさんあります。

女性が活躍する社会にする為にとう名目のもと、新卒社員だけでなく、中途採用市場においても女性に焦点を絞った採用活動を行っています。

同じくらいの能力の人がいたらあえて女性を採用するという企業も少なくありません。

そういった企業では、男性がその企業に中途入社するよりも女性であるが故に難易度ががくっと落ちていることも少なくはなく、女性にとってはチャンスであると言えます。

働き方を変えるなら今しかない

年齢が高くなってくると、徐々に転職しにくくなり、働き方を変えるチャンスがなくなってきます。

女性の場合、これから結婚や出産、育児といった仕事との両立が難しくなってくる要因も少なくありません。

そういった場合に福利厚生がどうなっているかや在宅勤務や時短勤務の制度があるかなどは非常に重要になってきます。

自分で将来を考え、今の会社は制度が充実していないと感じているならば、早めに変えることが必要です。

実際にその時が来たときに変えるのでは手遅れであることがほとんどです。

まずは今の仕事、働き方と将来なりたい姿のギャップを確認してみよう

転職することが必ずしも正しいとは限りません。

今の仕事が楽しい、今後結婚や出産しても制度が充実している為、長く働けそうだと感じているならば、わざわざ転職する必要はありません。

ただ、もし今の仕事と、将来の自分の姿をイメージしてギャップが生じている場合は早めに転職を決断したほうが良いでしょう。

まずは、最初のステップとしてそのギャップについて考えてみることから初めてみましょう。

転職に向けて

転職活動を行う際は、転職サイトや転職エージェントを有効活用していくようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が

関連:キャリアチェンジの転職をする人は実は多い!年齢が高くても挑戦する価値はあり。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ