20代前半の仕事事情。転職するならすぐにやるべき?しばらく辛抱するべき?

20代前半の仕事事情。転職するならすぐにやるべき?しばらく辛抱するべき?

まだまだ社会人になりたてで会社でも下っ端として色々と苦労がある20代前半。

仕事に慣れて充実した会社生活を送っている人もいれば、なかなか仕事に慣れることができなかったりなにかと仕事に不満を感じたりしている人もいるかと思います。

今回は20代前半の仕事事情や転職に関して話して行きたいと思います。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:1年目、2年目、3年目だと退職金はない?退職前の資金計画は確実に

20代前半と仕事

浪人や留年をすることなく大学を卒業した場合であれば新入社員として会社に入社するのは22歳。ですので20代前半なら入社3年以内という人が多いですね。

社会人になって最初の3年というのは今後の仕事のやり方などが決まるとても重要な時であるということをよく言われていることです。

今後どんな仕事人生を送っていくのかを決めるとても重要なタイミングになるということは間違いありません。

そしてこのタイミングは仕事に対する向き合い方によって大きく差がついてくるタイミングとも言えます。

まだ仕事に関してわからないことが多いこと、変な風に染まっていないこと、頭が柔軟で物覚えがいいことなどの理由から人によっては急激に成長していく人もいますが、逆になかなか仕事に対するモチベーションが上がらずにだらだらと仕事をしてしまうと成長も遅くなってしまうとともにダラダラした仕事のやり方に慣れてしまうなんて人もいます。

人生は仕事だけではありませんから仕事だけに全精力を注ぎ込む必要はありませんが、今後の会社生活のことを考えればちょっと頑張ったほうがいい時期なのかもしれません。

仕事に対してどう考えているかというのは人によって本当に大きく違いますね。中にはすでに仕事に諦めを感じてただお金を稼ぐ為の手段になっている人もいます。

ただ20代前半ならまだ割り切るのはちょっと早すぎます。20代前半はまだいくらでも選択肢があり、自分の力で現状を変えることが可能。早々に諦めてただ時間を浪費していくことは決して良いこととは言えません。

20代前半の仕事事情

では周りの20代前半の人達はどのような仕事生活を送っているでしょうか。

22歳、1年目

新入社員として社会人生活をスタートする1年目。

会社によって研修期間に大きな差があり、入社した次の日から配属先でばりばり仕事をすることになる人もいれば、半年以上研修が続く場合もあります。

配属されてからは思ってたようには上手くいかない人も多いみたいですね。上司や先輩と上手くやれない、仕事を教えて貰えない、放置プレイされるなど仕事が辛いという話をよく聞きます。

実は新入社員として配属された時というのは会社生活の中でかなり辛い時期かもしれません。

そして入社した人のうち1割以上の人が1年目に会社を辞め転職してしまいます。

もちろん全員が全員仕事が辛いというわけではありません。中には良き上司、先輩に恵まれ、仕事も順調にできるようになってきて働くほどに仕事にやりがいを感じることができるようになってくるという人も多いでしょう。

ちなみに1年目は夏ボーナスがほとんど貰えないことがほとんど。夏ボーナスの査定期間は前年度の3月までなのでその期間に入社していない1年目社員は基本的に貰えませんね。数万円程度の寸志を出してくれる会社もありますが、本格的にボーナスは冬ボーナスからです。

23歳、2年目

2年目になると会社によってはそこそこ昇給がある人もいますが、全く上がらないなんて人もいて給料に差がついてきます。

給料が上がらないという人はなかなか厳しいですね。2年目だと住民税がとられるようになるので1年目の時よりも手取りが減ってしまうなんてこともよくあることです。

仕事では同期などとも差が徐々につき始めます。どんどん仕事を覚え、それなりの仕事を任せられ周囲からの信頼を得ることができる人がいる一方で、なかなか仕事を覚えられずに周囲から仕事ができないというレッテルを張られてしまう人なんかもでてきます。

仕事のやりがいも徐々に面白くなる人がいる一方で、希望の仕事と違っていたりイメージとのギャップが大きかった人は仕事を続ければ続けるほどにつまらないと不満を感じてしまっている人もいます。

ちなみに2年目でまた1割以上の人が会社を辞めてしまいます。1年目で辞めてしまった人と合わせて2割以上の人が最初にいた会社から転職してしまうのです。

24歳、3年目

3年目になると会社によってかなり給料が変わってきて、新入社員の時に同じ年収だった場合でも3年目には100万円以上、下手したら200万円も差がついてしまう場合もあります。

仕事の評価による差もありますが、ほとんどは会社の給与形態による部分がほとんど。結局学生時代の就職活動が大きく影響することになります。

仕事に関しては3年目にもなると同じ時期に入社して同じ年数だけ仕事をしてきたはずでも大きな差がついてしまっていることが多々ありますね。

仕事がつまらなかったり、会社に不満があったりする中でなんとか頑張ってきたものの限界を感じて仕事を辞めてしまうという人も少なくありません。

3年目のうちにまた1割の人が会社を辞めることになり、最終的に同じ時期に入社した人の3割が会社を辞めてしまうことになります。

ただ中には最初の2年は仕事に対して悶々としてきたものの、仕事を覚え何度かこなしていると仕事のやりがいに気づき楽しくなってくるという人もいます。続けることによって得られることというものもあるんですね。

20代前半の転職

このように20代前半の人の中には仕事を楽しくできている人がいる反面、仕事に不満を感じている人は少なくはなく、現に3割以上の人が最初に入社した会社を辞めてしまいます。

仕事を辞めてしまうことに関しては色々な意見もあるでしょう。良しとする人もいればそうではない人もいます。

それぞれの状況、環境、考え方も違うわけですから何が正しいかということは簡単に言えることではありません。

ただ20代前半の転職に関しては割と恵まれている部分が多いという事実があります。

20代前半の転職が恵まれている点

20代前半という若さは転職においてかなりの武器になります。どこの企業もとにかく若い人材を求めているので転職は有利に進めることができるということは間違いありません。

そもそも20代前半のように入社3年目の人というのは第二新卒として転職することになります。この若い年代は他の年代の転職者と区別され、積極的に採用されているというのが昨今の転職市場の傾向です。

私の知人にも20代前半のうちに転職した人が数人いますが、転職活動でそこまで苦労したというのは聞いたことがありません。倍率の高い大企業ばかり狙っていればなかなか決まらないかもしれませんが、半年以上転職活動をし続けても転職先が見つからないなんて事例はそうないでしょう。

第二新卒としての転職は未経験に仕事に変えやすいというのも恵まれている点。

20代後半以降で仕事を変えようと思えば年収が下がることを覚悟しなくてはなりませんが、第二新卒としての転職ならば仕事での経験を重視されるわけではないので年収を下げることなく転職することも十分可能となっています。

20代前半の転職が不利な点

では20代前半の転職で不利な点といえばなんでしょう。

第二新卒としての転職が活発化した現在、すぐに仕事を辞めて転職するという行為が不利に働くことというのは実はあまりありません。

少し前まではそんなに早く仕事を辞めてしまうと忍耐力がないと思われてまともな転職先が見つからないなんていうイメージもありましたが、今はそれも全くありません。実際、就職市場でも超人気がある大手企業も第二新卒の採用を行っています。

確かに全ての企業が第二新卒採用を行っているわけではありません。第二新卒採用を一切行っていない大手企業もたくさんあるのは事実で新卒の就職活動時代に比べれば選択肢としては少なくなってしまうでしょう。

しかし働き続けたら続けたからといってそれが良くなるわけではありません。大手企業はだいたい経験者採用しか行っていませんから未経験の時点で応募不可能。しかも大手企業はかなり狭い領域での仕事経験を求めてくるので選択肢としては第二新卒の時よりもずっと少なくなることになってしまいます。

唯一20代前半の転職が難しいのは、仕事を辞める判断するまでの時間が短く、間違った判断をしてしまう可能性が高いということ。

先ほども少し話したように、例えば最初の2年は仕事が嫌だったにも関わらず3年目になって仕事をこなせるようになってくると楽しくなってきたなんて事例もあるので、転職するという判断が実は正しくなかったなんて場合もあるのです。

10年間ずっと仕事が嫌だった人であれば、その後考え方が変わるということはそうないでしょう。しかし20代前半ならまだまだ変わる可能性もあることには注意しなくてはなりません。

あらためて仕事としっかり向き合ってみよう

20代前半は今後の会社生活がどうなっていくかを決めるとても大切な時期です。

だからこそ流れに身を任せるのではなく、しっかり仕事と向き合っていかなくてはなりません。

今の仕事は自分にとってどうなのか、自分は今後どうなっていきたいのか、今の仕事を続けることに幸せはあるのか。

結果的に転職という手段をとるのも良いでしょう。まだまだ変えることができる年齢です。まずはしっかり向き合ってみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。

関連:20代で正社員の仕事が見つからないという場合にすべきこと。やれることは全部やった?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ