派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと

派遣社員や契約社員といった非正規労働者の割合は4割にもなったというニュースを見たことがあるかもしれません。

ただ、その割合は男女で大きく異なり、男性の場合は2割程度であるのに対し、女性は5割程度となっています。

男性に比べると、女性はあまり正社員にこだわることなく、派遣社員や契約社員でもいいかと考えている人も多いです。

ただ、20代女性は安易にその選択をするのではなく、しっかり考えた末に働き方を決めなくてはなりません。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

20代女性の非正規社員の割合

女性全体で言えば非正規社員の割合は5割程度となっていますが、20代に限るとそこまで高くはありません。

20代前半の女性の場合で仕事をしている人の中で非正規社員の人の割合は36%、20代後半女性だと33%となっています。

30代、40代になるとパートとして働く女性も多い為、どうしても非正規社員の割合は高くなってしまうので、このような結果になっています。

ただ、20代の女性が他の年代に比べて低いとは言っても男性に比べるとかなり多く、3人に1人は派遣社員や契約社員といった非正規社員として働いていることになります。

女性が派遣社員や契約社員を選ぶ理由

女性が派遣社員や契約社員を選ぶ理由にはどういったものがあるのでしょうか。

総務省統計局の労働力調査によると、25歳から34歳までの女性が選んだ理由は以下のようになっています。

  • 自分の都合のよい時間に働きたいから・・・23.9%
  • 家計の補助・学費等を得たいから・・・13.3%
  • 家事・育児・介護等と両立したいから・・・22.2%
  • 通勤時間が短いから・・・3.3%
  • 専門的な技能等をいかせるから・・・6.1%
  • 正規の職員の仕事がないから・・・19.4%
  • その他・・・11.7%

男性にくらべると女性は厳しく、正規の職員の仕事がないと回答する人も多いですが、働き方の観点から自ら選んでいる人がやはり最も多いという結果になっています。

本当は女性こそ正社員で働くべき

20代の人の中でも、家庭の都合上そういう働き方しかできないといった場合や、何かしら特別な理由、目的があって派遣社員や契約社員で働いている場合は問題ありません。

ただ、就職活動で正社員の仕事に就くことがことができなかった場合や、ただなんとなく正社員として働くのが嫌で派遣社員や契約社員として働いている場合はやはり正社員を目指して転職活動を行い、正社員として働くべきだと考えます。

産休、育休は正社員の方が圧倒的に取りやすい

女性の場合、今後結婚、そして出産が人生のイベントとして待っています。出産となると当然ある程度の期間は休まなくてはなりません。

労働基準法上、産休は出産予定日の6週間前から出産後8週間まで、育休は子供が1歳になるまで(事情がある場合は1歳6ヶ月まで)は取得が可能です。

この制度は派遣社員や契約社員であっても取得できるものではありますが、有期雇用者の場合はいくつか注意が必要です。

育休をとる場合の条件は以下の通りです。

  • 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている
  • 子どもの1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる
  • 子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでない

派遣社員や契約社員の場合、この条件を満たすことができないことから育休を取れないことが多々あります。

正社員であれば、無期雇用であって1年後、2年後も当然働き続けることが見込まれていますから、1年働いてさえいれば取得できるのですが、派遣社員や契約社員は育休をとれずに辞めるしかない状況に追い込まれてしまう可能性が非常に高いのです。

出産することが決まってからでは手遅れ

いざ妊娠し、出産することが決まってからだと正社員に転職することはかなり難易度が高く、ほぼ不可能といってもいいくらいです。

採用してもすぐに出産し育休を取られてしまうことはやはり企業にとってメリットのあるものではありません。

育休後の選択肢が増える

出産前に正社員でいることのメリットは、育休だけではなく、育休後の選択肢が増えるということもあります。

子供が1歳になった後に働こうとした場合、保育園等に預ける必要がありますが、正社員であれば時短勤務という選択ができる場合もありますし、やっぱりそこから派遣社員として働くという選択をすることだってできます。

しかし、元々派遣社員であった場合、フルで働くことができない可能性がある点などから転職で不利になる場合があり、なかなか正社員になることができません。

最近では、女性の働き方を考え直して育児をしている女性であっても正社員として採用する企業が増えてきてはいるのですが、やはりまだまだ完全に浸透しているとは言えない現状があります。

年齢が増えるにつれてデメリットが増えてくる

20代のうちは派遣社員や契約社員として働いていても、それほどデメリットは見えてきません。

場合によっては下手な企業よりも給料を多くもらえる場合もありますし、プライベートを充実させる働き方もしやすいです。

正社員として働いていた場合は精神的にきつかったけれど、派遣社員に変えたことで精神的に楽になったという場合もあります。

ただ、20代から30代、30代から40代と年齢を増すごとに今度はメリットの部分よりもデメリットの部分がかなり目立ってくるようになります。

昇給がなく給料が上がらない、紹介される仕事が少なくなってくる、いつ切られるかわからないなど、不満、不安を感じることが非常に多くなってくるでしょう。

しかし、そのデメリットを感じるようになった時には正社員に転職することが20代の頃にくらべてかなり困難になってしまうことがほとんどです。

将来を考えて働き方を決めよう

派遣社員や契約社員で働くことあが必ずしも悪いわけではありません。

ニュースでは非正規社員が4割にものぼって大問題だなんて言い方をしてはいますが、中には好きでその働き方を選んでいる人も大勢いますし、その働き方ではないと働くことができないという人もいます。

メリットも色々とあって、柔軟に働き方を決めることができる、希望の仕事に就きやすい、正社員ほど仕事ばかりの人生にならないといったものがあり、人によっては非常に魅力的な働き方です。

ただ、どういった働き方を選ぶかというのは、その場限りのことだけを考えるのではなく、もっと長い目で将来についてもよく考えた上で決めなくてはなりません。

60歳まで働くことを考えると、20代はまだまだ働き続けなければなりません。そして現在の選択によってその大半が決まってくるのです。

時間がたってあの時ああしていればと後悔することがないようにしっかり考えておきましょう。

20代なら十分正社員になることは可能

確かに正社員に転職することは難しいことかもしれません。実際、本当は正社員になりたいのになれずにいる人もたくさんいます。

しかし、20代であればまだまだ正社員に転職できる可能性は十分に高く、転職活動のやり方を間違わず、粘り強く行っていけばきっと良い会社で正社員になることができるはずです。

もし今がリーマンショックなどの大不況下であれば話は別ですが、現在は多くの会社で人手不足となっており、転職が非常にしやすくなっています。

このチャンスを逃すと、また次のチャンスが来る頃には年齢が高くなってしまっているかもしれませんから、今動く必要があります。

転職活動では転職サイト、転職エージェントを有効活用して進めていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:正社員になれない理由とは?派遣社員、契約社員から抜け出す為に大切なこと

関連:新卒で派遣社員、契約社員として働く人の割合や理由、メリットやデメリット



このページの先頭へ