20代後半の転職が転職適齢期と言われる理由や転職理由、転職を成功させる為のコツ

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

20代後半の転職が転職適齢期と言われる理由や転職理由、転職を成功させる為のコツ

転職を初めて考える年齢として最も多いのが20代後半。

とりあえずの3年が過ぎ、仕事もそこそこ経験し、他の会社のことも気になり始める年代です。

そしてこの年代は他の年代に比べると転職がしやすい年齢でもあります。

転職市場では転職適齢期と言われ、それ故にかなりの人が20代後半に転職に踏み切っているのです。

そこで今回は20代後半の転職が転職適齢期だと言われる理由や20代後半の転職に関する情報、そして転職成功に向けたコツを紹介して行きたいと思います。

関連:有利なはずの20代の転職活動が上手くいかない原因。自信が過信になっては絶対だめ。

関連:20代の転職に対する悩み。不安が大きくて踏み出せない場合はどうすれば良い?

20代後半の転職が転職適齢期だと言われる理由

転職適齢期だと言われている20代後半。なぜこの年代は転職適齢期だと言われているのでしょうか。

その理由は以下の点が挙げられます。

企業からの需要が高い

社会人3年目以内、20代前半の人を対象にする第二新卒転職。経験が豊富な30代前半の転職。30代後半、40代でマネージャーとしての能力が望まれるミドル層の転職。

どの年代であっても、その年代だからこそ持っている能力に期待し採用活動を行っている企業はあり、求人もあります。

ただ求人数はそれぞれの年代ごとで全く違い、最もターゲットになっている年代で多いのが20代後半。

経験者を募集する場合、求人票には年齢制限を課すことは基本的にできません。ただそれは書かれていないのであって企業側にこの年代を取ろうという考えは当然あります。

20代後半は最も有力なターゲットとして考えられている場合が多いので、転職活動でかなり決まりやすくなっているのです。

20代後半はまだまだ若くその先成長も期待できるし、会社自体にも適応しやすい。

それでいて社会人経験はあるのでそれなりに即戦力になることも期待できるし、3年以上は働いているのすぐ辞める心配もあまりない。

高いスキルを望むことはできないものの、新たな環境で働いてもらうには最も適した人材だと企業は考えています。

さらに20代は他の年代に比べて特に人手不足が顕著となってしまっていることも、転職のしやすさを後押ししている一因にもなっていますね。

選択肢が幅広い

20代後半は転職先の選択肢が幅広いことも一つの特徴。

職種での経験も3年から7年あるので経験者採用で応募することはもちろん可能。

それに加えて、未経験の仕事にキャリアチェンジすることも可能です。

未経験職種の求人は年齢制限が課されている場合が多いのですが、その年齢で多いのが30歳未満。

20代後半であれば応募することができるものの、30代前半になってしまうと応募することができなくなってしまう求人が非常にたくさんあるのです。

給料がアップしやすい

企業からの需要が高い20代後半。選べる企業の数も多く、経験を武器にすることもできるので、他の年代に比べると給料はアップしやすくなっています。

もちろん下がる人もいるので絶対ではありませんので転職活動時には注意が必要ですが。

また良くなるのは給料だけではありません。もっと休みが多い方が良い、残業が少ない方が良いといった労働条件面での希望も叶えやすくなっているのがこの年代です。

転職後も働きやすい

せっかく良い会社から内定を貰って転職できたとしても、転職後に会社に上手く馴染めずに転職が失敗に終わってしまったという人は少なくありません。

人間関係が上手くいかなかったり、新しい仕事を覚えることが中々できなかったりと、入社してから色々と問題が発生してしまいます。

そしてこれは年齢が高い人の方が起きやすい問題。

下手に経験があったり、年齢が高いことでプライドを持ってしまう為です。周りも扱いにくくなってしまうことも一つの原因でもあります。

しかし20代後半はそういった心配があまりありません。もちろん入社後に早く馴染めるように努力することは必要ですが。

年齢が若い分、周りは扱いやすいし指導もしやすい。かつ覚えるのは早い。転職後の働きやすさはやっぱり若い人の方が有利です。

また20代後半だとその後のキャリアに大きな可能性を残すことができるのが大きなメリットとして挙げられるでしょう。

まだまだ出世するチャンスも残されていますし、経験を積み30代を超えてから高いスキルを武器に転職してキャリアアップしていくという手段を取ることもできます。

20代後半の転職に関する情報

このようにな理由から転職適齢期と言われている20代後半。

ここではその20代後半に転職に関する情報を紹介していきます。

転職理由

20代後半の人に多い転職理由は以下のもの。

  • 仕事内容に不満がある
  • 給料が低い
  • 休みが少ない
  • 会社の将来性が不安
  • 人間関係が良くない

キャリアアップ、キャリアチェンジなど最終的には前向きな理由になるとしても、最初に転職を考える理由はやはり何かしらの不満から来る場合がほとんど。

こんな理由で転職するのは逃げだから上手くいかないと決めつけるのではなく、その理由をきっかけに前向きな理由を持つことが重要だと思います。

他には会社の同期、学生時代の同期との差を自覚したり、上司や先輩に対して憧れを持つことができなくなったりすることが転職理由になっている人も多いですね。

転職回数

転職回数が多くなればなるほど、転職活動では不利になることは確か。

20代後半だと許容範囲は2回目まで、3回目からは転職活動を通じて不利になることが多くなってくるので注意してください。

また前回の転職からどれくらい時間が経っているかも一つの判断基準。第二新卒として転職して3年以上働いてから2回目の転職をするのであれば特に問題はありませんが、前回の転職から3年未満だと、その期間が短くなればなるほどにマイナスの印象を与えてしまうことになります。

ただ中には20代のうちに4回、5回と転職を繰り返しながらも、転職のたびに年収アップ、キャリアアップしていくことができる人がいないわけではありません。

転職が活発な業界であるかにもよりますが、仕事面で高い能力があり、キャリアについて一貫性があれば成功することは十分可能です。

転職活動期間

20代後半が転職活動を始めた場合にかかる転職活動期間はおよそ2ヶ月。転職しやすい年代である分だけ、他の年代に比べると決まるまでの期間は短いです。

もちろんあくまで推定であり、人によっては3ヶ月~半年程度かかってしまう人もいますが。

仕事を行いながら転職活動を進めるのは中々大変なことですが、2ヶ月程度なら頑張れるはず。

必要以上に大変なものだと思わず、とりあえずスタートしてみることも大切だと思います。

異業種、未経験職種への転職状況

転職を考えている人の中には異業種、未経験職種への転職を考える人も少なくはないと思います。

まず異業種については特別心配する必要はありません。職種が同じであれば異業種でも仕事での経験を生かすことができるので経験者として採用してくれますし、年収アップも可能。

同業種での経験を必須としている企業の割合は高くないので選択肢も豊富です。

大変なのは未経験職種へ転職する場合。

職種を変えることでそれまでの経験を活かすことができなくなってしまう為、年収が下がる可能性が高いのでそれなりに覚悟は必要です。

ただ最近は若手の人材不足であることも背景にそれなりの大手も未経験者採用に乗り出しているので転職するチャンスは大いにあります。

30代になってしまうと未経験者でも応募できる求人が格段に減ってしまうので、キャリアチェンジするなら20代後半のうちに進めておきましょう。

20代後半の転職を成功させるコツ

では最後に20代後半での転職を成功させる為のコツを紹介していきます。

転職サイト、エージェントは絶対に使う

まず転職活動では必ず転職サイト、転職エージェントを使うようにしてください。

かなり便利です。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクナビネクスト
  2. リクルートエージェント
  3. DODA

転職活動を始めるにあたり、まず登録すべきなのがリクナビネクスト

転職サイト国内No.1であり、求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

登録方法も簡単でメールアドレスを入力後、希望のパスワード、名前、生年月日、性別を入れるだけ、3分程度で終わります。

具体的に自分が便利だったのは、強みを診断できるグッドポイント診断、市場価値診断、スカウト機能。

特にスカウト機能は条件の良い大手からオファーを貰える可能性があるのでぜひ活用してみてください。

転職サイトは転職エージェントと違って自分のペースで転職活動を進めることができるのが大きなメリットであり、まずはここで情報収集し、サポートが必要になったタイミングで転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

■公式サイト:リクナビネクスト

転職エージェントでは、リクルートエージェント

リクナビネクスト同様にリクルートが運営しており、国内最大級。非公開求人量は10万件以上となっています。

転職エージェントのメリットは非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といった転職活動全般のサポートを行って貰える点。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

リクルートエージェントは最大手である分、求人の量が豊富で実績もある分、おすすめできます。まず使うならやっぱり大手。あえて外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

そしてリクルートに次ぐ業界2位であるのがDODA

DODAは求人検索といった転職サイトの機能、プロによる転職サポートなど転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

■公式サイト:DODA

また他に使うとしたら、マイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

マイナビエージェントは少し前までリクルートエージェント等に比べて規模が小さかったのですが最近は拡大。求人数や登録者数もかなり増えています。

元々新卒採用や転職サイトでは有名なマイナビ。企業との関係性などはやっぱり強いです。

ハタラクティブは第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

いずれにしろ、まずは転職活動ではまずは情報収取から。リクナビネクスト等は気軽に利用できるものですから、ぜひここでスタートを切ってください。

社会人経験者であることを忘れずに

20代の人にありがちな転職活動のミスが就職活動と同じような取り組み方をしてしまうこと。

20代後半ともなれば重視されるのは社会人としての経験であり、その経験を通じて何を学び、何を身につけ、どんな実績を残してきたかということ。

にも関わらず、若さと入社後のやる気、そして自分自身の性格面ばかりでアピールしてしまい、企業が望んでいる人材になれていません。

これは特に未経験職種に転職する場合に多いですね。

その職種自体での経験がなくても、仕事のやり方などで活かせることはあるのにそれをアピールすることができていない人が多いです。

短期集中で必ずやり切る

先ほども述べたように20代後半での転職活動はだいたい2ヶ月程度で終わります。

この期間、短期集中で必ずやり切るようにしましょう。

転職活動を進めていると途中で色々と悩むこともでてきます。転職活動自体を辞めたくなる時もあれば、辞めた方が良いのではないかと思うこともあります。

ただそう思ってしまっても、途中で放りださずに最後までやり切ってください。

もちろん転職しないという判断をすることが間違った判断なわけではありません。

ただその判断をするのは転職活動の途中ではなく、最後までやり切ってから。そうでなければ正しい判断をすることはできません。

最後に

どの年代でも転職することは可能になった時代。ただとは言えこれから先の将来はどうなるかなんてわからないし、転職のしやすさにはやはり20代後半が有利。

もし少しでも転職することを考えるなら、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみてください。



このページの先頭へ