20代の転職、成功させるには

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

20代の転職、成功させるには

20代で転職する人は非常にたくさんいます。

実際働いてみると、思ってた仕事と違っていた。人間関係はうまく行かなかったなど、理由は色々あるでしょう。

今回は20代の転職はどういうものか、成功させる為に知っておきたいことを紹介します。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:仕事のミスマッチで会社を辞めたい。どうすれば防げる?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

20代の転職の特徴

まずは20代の転職がどういうものなのかを知っておきましょう。 

20代の転職は多い

20代で転職する人、あなたの周りにどれくらいいますか?

以前の記事、新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?の中で紹介していますが、大卒で3年以内に離職する人はおよそ3割もいるのです。

厚生労働省 の「平成26年度 大学等卒業者の就職状況調査」によれば、1年あたりの大卒の就職者数は40万人ですから、そのうちの3割となると、12万人となります。

大卒者で限定しても12万人は3年以内に辞めるわけですから、転職する人は相当多いということがわかります。

転職することが珍しいなんてことはもうないですね。

20代の転職のイメージや実情

20代の転職のイメージについてどういったものを持っていますか?

よく言われるのが、転職するのは早すぎるということ。

特に、入社3年未満での転職は早すぎるというイメージを持っている人は多いです。

まずは3年働いてみるということが浸透しています。

そして、転職市場では不利と思われています。

あくまでイメージはそうです。

しかし、実際はだいぶ違います。

まず、入社3年未満で退職して転職することは、第二新卒として転職活動を進めることになります。

この第二新卒ですが、企業は非常に積極的に進めており、需要がある世代なのです。

20代で3年以上働いており、第二新卒にならない20代後半の人は、通常の中途採用、すなわちキャリア採用扱いで転職活動を進めることになります。

一般的には年齢が高いよりも若いほうが有利である為、20代の転職は有利となることが多いです。

なぜ転職する?

20代で転職する理由にはどういったものがあるでしょうか。

退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。で紹介しているように、人間関係が上手くいかない、年収が低いなど労働条件が悪いといった、どの年代でもあげられる転職理由があります。

それ以外に、20代特有の転職理由として以下のものがあげられます。

  • 実際に働いてみて、自分がやりたいことではないことがわかった
  • 就職活動で失敗した為、再挑戦したい

20代の転職理由として特徴的なのが、ミスマッチによる転職と、再挑戦による転職です。

学生の時、実際働いたこともない為、知名度や企業の規模によって会社を選んでしまう人も多いです。

その為、入社後に自分のやりたいことと違うなどというミスマッチが生まれてしまいます。

このミスマッチが、20代の転職理由の一つです。

もう一つは就職活動の再挑戦。

就職活動で、自分の希望の職種に就けなかった為、違う職種で就職したものの、やはりその職種で働きたい為、転職して目指すといったものです。

20代の人はこれらの理由によって転職の道を選ぶことが多いです。

スポンサーリンク

 

第二新卒とキャリア採用

上記で紹介したように20代の転職は第二新卒と中途採用に分かれます。

第二新卒での転職

入社3年未満での転職が対象となる第二新卒の需要は非常に高くなっています。

企業側が第二新卒を進める理由は、一度社会人を経験しており、ビジネススキルがある程度備わっている点、若い為、今後の成長が見込まれる、2度目の就職の為、転職者も慎重になっており、ミスマッチを防げる、といった点があげられます。

実際、その需要の多さから第二新卒ナビという第二新卒に特化した転職サイトもでてきています。

ハタラクティブ

まずは3年以上働かないといけないというイメージがありますが、3年以内でも十分転職を成功させることができますし、むしろそれが功を奏す場合もあります。

もしもやりたいことが明確になっているのであれば、すぐ転職活動を進めてみるといいでしょう。

キャリア採用での転職

入社後3年以上たった場合には、通常の中途採用、いわゆるキャリア採用での転職をすることになります。

一般的には若いほうが有利である為、転職活動では有利に進めることができますから、成功しやすいと言えるでしょう。

しかし、20代であるが故に不利になることもあることは知っておきましょう。

キャリア採用では特にその人自身のスキルや実績が重視されます。

しかし、20代で転職するということは30代に比べると経験年数が劣っている分、転職時に上手くアピールできないことも多いです。

若さやチャレンジ精神だけでなく、しっかりとアピールすべきことを把握して転職活動に挑むことは必要となります。

20代で転職することのメリット、デメリット

20代で転職することによるメリットとデメリットも知っておきましょう。

メリット①:経験が増す

転職活動をすること、転職して違う会社で働くという経験は、その後の会社生活に良い影響を及ぼします。

新卒で入った会社だけだと、どうしても世界が狭くなってしまいますが、転職を経験することで広い世界を見ることができます。

メリット②:年収が上がることが多い

第二新卒の場合は除きますが、キャリア採用の場合には年収があがることが多いです。

メリット③:未経験の職種にチャレンジできる

20代だと、未経験の職種へのチャレンジがしやすいよいうメリットがあります。

年齢が高くなるほど、未経験職種に転職することが難しくなっていきます。

第二新卒ではそもそも、その職種での経験は重視されない為、未経験の職種であってもほぼ関係なく転職可能です。

デメリット①:実績が乏しい

20代での転職だと、その分野での経験が浅く、スキルが不十分であると思われてしまう可能性があることです。

転職活動時にはしっかりアピールできるように準備をしなくてはいけません。

デメリット②:すぐ辞めると思われる

20代のうちに転職するということは、同じ会社でそれほど長く働かないうちに転職してしまうということであり、

転職時には、すぐ辞めるのではないかと思われてしまう可能性があります。

1回目の転職であれば問題ありませんが、複数回の転職経験が20代であると非常に不利になってしまいます。

転職しようか悩んでいるなら

20代は特に転職していいものなのか、どうなのか悩んでしまう年代だと思います。

ただ、仕事に不満を抱えている、もっとやりたいことがあると考えているのであれば、まずは転職活動を進めてみましょう。

転職サイトを見るだけでも、今後の自分について考えるいい機会になります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:新卒入社半年で転職を決意、だけど1年は働いたほうがいいの?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク



このページの先頭へ