20代の転職に対する悩み。不安が大きくて踏み出せない場合はどうすれば良い?

20代の転職に対する悩み。不安が大きくて踏み出せない場合はどうすれば良い?

20代で転職することを検討する人は多いものの、その中で実際に転職に踏み出す人というのはそこまで多くはありません。

転職では有利であると言われている年代でありながら、色々と悩むことが多く不安が大きくなって踏み出せないという人がたくさんいるのではないでしょうか。

そこで今回は20代が転職する際に多い悩み、そして不安で転職に踏み切れない時にはどうすれば良いのかを紹介してます。

関連:仕事を辞めたい20代が転職すべき理由と転職しやすい理由。この期間を逃してはだめ!

関連:2回目の転職が不利になる場合は?20代だとまずい?

20代だからこその転職の悩みは多い

若いことが有利に働く20代は、30代、40代で転職したいと考えている人にとってみると羨ましい存在かもしれません。

転職先を選ぶ際も選択肢の幅は広く、転職の決まりやすさも全然違いますからね。

実際、年齢が高い人だとそれを理由にして転職を諦めてしまう人も少なくはありませんが、20代の人にはそういった人はいないでしょう。

しかしそんな20代であっても、転職には悩みがつきもの。そう簡単に転職に踏み切ることはできる人はそうそういませんよね。

20代だからこそ感じる転職に対する悩み、そして不安があり、実際に転職に踏み切るにはそれを乗り越えなくてはなりません。

20代の転職によくある悩み

転職したいのに転職できずにいる。

そんな20代の転職によくある悩みとしては、以下のものが挙げられます。

転職を決断するには早すぎるのではないか

20代でも特に20代前半、入社して3年未満の人はその転職が早すぎるのではないか、そんな風に感じる人は少なくないでしょう。

今の環境、仕事内容に不満はあるが、この先続けていけば何か変わるかもしれない。

でも続けたところで何も変わらないかもしれない。

どちらが正しいのかわからないことが大きな悩みの原因になってしまいます。

また早すぎることでまたすぐに辞めるのではないか、忍耐力が弱いのではないかと思われるのも転職活動をするにあたり不安の要因になってしまっている人がいるかもしれません。

経験が不十分、スキルが通用しないのではないか

20代であっても転職するならそれなりの経験、スキルは必要。

ただ20代だと一通りの仕事はできるようになったものの自慢できるような実績もまだ上げてない為、まだまだ経験が不足している、スキルが不十分であると感じている人も多いのではないでしょうか。

実際、転職エージェントに対して転職活動時に何をアピールすればいいのかわからないという悩みを相談する人は多いそうです。

また経験、スキルに自信を持てないが故に転職することができたとしてもやっていけるかが不安であるという悩みを持っている人も多いですね。

やりたいことがわからない

20代の場合、仕事を辞めたい理由として仕事がつまらない、仕事に面白みを感じることができないというものが多いです。

そしてまだキャリアチェンジをすることが可能である年齢だからこそ、転職を検討する人がたくさんいます。

ただいざ転職するとしても、やりたいことがわからないからという理由から転職することができずに働き続けてしまっている人は多いですね。

周囲から負けだと思われるのではないか

転職は逃げ、転職したら負けなんていイメージを持っている人が少なくはなく、自分が転職すると周りにそう思われてしまうのが嫌で転職に踏み切れない人も多いでしょう。

誰にだってプライドはあるもの。周りにそんな風に見られたくはないものです。

ただそのプライドは、いつかどこかで捨てなければせっかくの転職のチャンスを逃してしまうことになります。

転職先の人間関係が上手くいかないのではないか

人間関係に対する不安はどの年代になっても共通のもの。

仕事をする上で人間関係が上手くいくかどうかはとても大切ですからね。

どれだけ給料、労働条件が良くても人間関係が上手く行かなかったという理由だけで転職することになったり、精神的にまいってしまう人もいるくらいです。

転職するにあたり、特に今の会社での人間関係が上手くいっている人ほど、上手くいかないことへの恐怖心は大きなものになってしまっているのではないでしょうか。

転職活動自体のやり方がいまいちわからない

そもそも転職活動をどうやって始めれば良いのかいまいちわからないという人もいるでしょう。

極端に言えばハローワークや転職サイトで求人を探して応募し面接に挑むというそれだけのこと。

ただできるだけ効率良く、できるだけ手間を少なく、希望に合った転職を成功させることを考えると、ただがむしゃらにはやりたくないという人が多いと思います。

不安で転職に踏み切れない20代はどうすれば良いのか

20代で転職を考えている人が、実際に転職に踏み切る為には、こういった悩み、そして不安を乗り越えなくてはなりません。

もちろん転職はあくまで選択肢の一つであり、転職に踏み切らないまま働くことが決して悪いことではありません。

ただ本当は転職したい、そしてそれができる状況にあるのに、自分で不安を膨らませてその機会を失ってしまうのは良いこととは言えないでしょう。

では中々転職に踏み切れない20代はどうすれば良いでしょうか。

私がおすすめするのは、とにかく頭で考えるのではなく転職活動を始めてみることです。

転職活動は転職すると決心した人だけがするものではありません。

転職エージェントはカウンセリングを行ってくれます。そのカウンセリングから、自分では思いもしていなかった道を見つけることができたという人もいます。

経験やスキルに関しても、キャリアカウンセラーと一つずつ整理していくことで見つけることができる場合があります。

転職すると周りから逃げだと思われるかもしれないなんて気持ちも、いざ今よりも好条件の会社から内定を貰うと全く気にならなくなります。

ですからあなたがまずすべきは転職活動。それがあなたの将来に繋がっていきます。

今は転職エージェントを使えば自分ひとりで転職活動するよりもずっと楽に転職活動を進めることができますし、無駄なことも省けます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

また、とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ