20代でフリーターから正社員就職体験談。厳しい現実の中で正社員になれたのは?

20代でフリーターから正社員就職体験談。厳しい現実の中で正社員になれたのは?

高校・大学を卒業しても就職はせずにアルバイトで生活をしている人、一度就職したもののその会社を辞めてアルバイトで生活している人など、いわゆるフリーターという立場にいる20代の人は多くいます。

ただ年齢が増えるにつれてその働き方に不安を感じるようになってきて、どこかのタイミングで正社員になることを望む人もまた多くいます。

しかし新卒一括採用という枠から外れ、卒業してから職歴がない状態から正社員を目指すということには厳しい部分があるは事実。転職市場では卒業後すぐに就職して職歴を積み上げてきた人が高く評価され、職歴なしの人は低い評価を下されてしまうことがほとんどです。

ただ20代ならば正社員に就職できる可能性はまだまだ十分あります。そして実際に正社員になることができたという人もたくさんいます。

そこで今回紹介するのは20代後半でフリーターから正社員に就職することができた人の体験談。これから正社員になりたいと考えている人は参考にしてみてください。

関連:既卒でも新卒扱いで就職できるのはいつまで?年齢制限はある?

関連:大学卒業後1年間無職だった23歳で既卒で正社員に就職したやり方

私がフリーターになった理由

私は中堅レベルの大学を22歳で卒業後、そのまま一度も就職することなく27歳までフリーターを続けていました。

なぜフリーターだったのか。

夢を追いかけていた、どうしてもやりたいことがあったなんていう格好いい理由があればいいんですが、残念ながら私にそういったものはまったくありません。学生時代に就職活動をせずにそのまま卒業、そして学生時代から続けていたアルバイトをただなんとなく続けていただけです。

周りが就職活動をしている中で、自分もやらなくてはという思いがなかったわけではありませんが、まあなんとかなるだろうと深くは考えずに結局遊びやアルバイトを優先してしまった結果、待っていたのはフリーターというだけです。。

授業もあまり出ずに単位もぎりぎりでなんとか卒業したという感じでしたし、いわゆるダメ学生というやつでしたね。

卒業後就職せずにフリーターになっても、最初はあまり気にしてはいませんでしたね。とりあえずアルバイトで生活ができていたし、それどころか正社員として働いている人よりも収入が多かったしストレスも少なかったですから。

ただまあそんな余裕もしばらくたつとなくなって行きますが。

20代フリーターの厳しい現実

アルバイトの仕事自体は好きで楽しかったし、最初は特に不満を感じてはいなかったフリーター生活。

ただ25歳を超えたあたりからは不満、不安、焦りなどマイナスな感情しか感じなくなっていきました。

フリーターで居続けることはやっぱり厳しい現実があります。

フルに働いても収入は低い

まず給料の面。時給900円で週六日目一杯働いていたものの、額面の給料は22万円程度。

大卒初任給は20万円程度ですからそれよりは良いものの、アルバイトには昇給なんてほとんどないので数年たてばあっという間に追い抜かされてしまいました。

しかもボーナスなんてないので年収面で見れば正社員との差はとんでもなく大きな差がでます。

まあ当たり前のことだし、それを受け入れてはいたはずなんですがね。一人で生活する分には問題ない、そう思うことができていたのも20代前半までです。

不安になってきた将来

何よりフリーターをしていて一番辛かったのは将来に対する不安。

目いっぱい働いて20万程度の給料、気が付けば職場で最年長のアルバイト、さすがに目を背けることができなくなってきました。

心のどこかでいつまでも今の仕事を続けることができないと思っていながらごまかしてきたことが、年々ごまかしがきかなくなってきてしまったんです。

また不安と同時に劣等感も感じるようになってきましたね。大学の同期はもちろんアルバイト先でも年下の人が正社員として働いている姿を見て、自分の今の姿がみじめに思えてしまい、そのことが余計に不安な気持ちを助長させてしまいました。

アルバイトから正社員には無理

25歳から正社員になった方がいいだろうと強く感じるようになってきたものの、そこから変わらず2年間アルバイトを続けていた理由は、そのアルバイトで正社員になれるかもしれないと考えていたから。

正社員登用の可能性はあるという話を聞かされて、わざわざ就職活動をすることなく正社員になれるならばと思って、2年間待ってしまったんですよね。

ただ結局はタイミングやら本社の意向やらなんやらで正社員にはなれずじまい。

2年間無駄にしただけで、これならさっさと自分で正社員になる為の就職活動をしていれば良かったと思いました。

20代フリーターの就職活動体験談

フリーターでいることも辛くない、アルバイト先でも正社員になれる可能性がほぼなくなった私は27歳にしてようやく転職活動を始めるに至ります。

結果的には20社以上受けて1社から内定を貰い、無事現在は正社員として働くことができています。ただ就職活動自体はやっぱり楽ではありませんでした。

厳しい就活事情

とりあえずハローワークや転職サイトでめぼしい求人を見つけて応募。未経験者可となっている求人も多かったのでまあ何とかなるだろうと思っていました。ちなみに27歳職歴無しの人に大手は当然無理なので、中小企業が中心となる就職活動になりました。

ただ現実は厳しくて半数以上は書類選考で落とされてしまいましたし、面接に進んでも卒業から今まで何をしてきたのかなど割と厳しめに聞かれて結局1次面接で落とされることがほとんどでした。

しかし一つ恵まれていたのは20代という年齢。求人を見ていると29歳以下、30代未満と書かれた求人も多かったので、応募できる企業がないとはならなかったし、20代という年齢のおかげで書類選考に通過した部分もあったと思います。

ちなみに面接ではこんな厳しいことを言われることもありました。

  • こんな年齢まで何をしていたのか
  • 新卒で就職した人と5年の差をどう埋めるつもりなのか
  • 職歴がなくビジネスマナーが身についていない27歳という事実を自分でどう捉えているか
  • 考え方が甘いのではないか、正社員としてやっていけるのか

ようやく手に入れた正社員の座

学生時代に就職活動をしていなかった私にとって、学生時代よりも厳しい目で見られるであろう27歳での就職活動を自力で行うというのは難しかったみたいです。

不採用が続いてやり方を変えなくてはと思い転職エージェントを利用してみることにしました。転職エージェントって職歴なしの人は使えないと思っていたんですが、職歴なしの未経験者でも利用できるものがあるんですよね。

結果的にはこれが功をそうして、紹介して貰った会社を受けて色々とサポートを受けながら何とか内定。

就職活動を始めてから5ヶ月目のことでした。

自力でなんとかできる人もいるとは思うんですが、自分には無理だったのでだいぶ助かりましたね。

内定がでた時は喜びよりも安心が強かったです。ようやく正社員として働くことができることに安堵しました。

ただ同時に不安も大きかったですね。

27歳まで学生の頃から続けていたぬるま湯のアルバイトでしか働いてこなかった人が知っている人もいなくて、仕事のやり方もわからない中で一からスタートする。やっぱり恐怖心もありますよ。

せっかく内定を貰ったのに嫌だなーという気持ちも強くなってしまった時はありました。

正社員になってから

まあ怖かろうがせっかく正社員として働くことができるようになったわけで、さすがにやっぱりやめようとはならず無事働き出すことができました。

実際に働いてみた感想として、やっぱりアルバイトよりも大変だし仕事でのストレスも増えた。仕事として楽なのは当たり前ですがアルバイトです。

ただそれでも何とかなっています。最初はただがむしゃらでしたが、今は割と慣れて仕事を楽しむということもできるようになってきました。

フリーターからの就職に向けて

今は特に若手の人材不足が顕著となっているのでたとえ職歴がなくても20代なら十分に就職することが可能な状況。

このチャンスを逃さず、手遅れにならないようにまず行動を起こしていきましょう。

フリーターから利用する場合の転職エージェントならハタラクティブがおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

その他にも使える転職エージェントはありますから、必ず一つは利用することをおすすめします。

関連:20代におすすめの転職サイト、転職エージェント。とりあえずこれだけは使っておこう。

関連:無職期間が長い、職歴無しの人は転職サイト、転職エージェントを利用しないほうがいい?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ