新卒入社1年目。仕事が合わないから辞めたいんだけど辞めるのはあり?なし?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

新卒入社1年目。仕事が合わないから辞めたいんだけど辞めるのはあり?なし?

就職し社会人として働きだしてみたものの、想像していたものと違い仕事が合わないと悩む人は少なくないはず。

この先何十年と続ける仕事ですから不安にもなるし、そもそもその仕事をしていること自体も苦痛で仕方ないと感じている人もいるかもしれません。

ただそうは言ってもまだ1年目。辞めたいけど本当に辞めていいものなのか、後悔しないだろうかと不安になってしまっている人もまた多いと思います。

入社した会社がブラック企業だったら辞めるのも仕方がない、パワハラを受けているなら辞めても仕方がない、でも仕事が合わないという理由で辞めるのはどうなんでしょうか。

関連:新卒で入社したばかりでも仕事を辞める勇気は持つべき。転職は今でもできる。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

仕事を辞めるのが1回目であれば、それほど不安になることはない

現在の転職市場の動向から考えると、たとえ入社1年目であっても仕事を辞めること自体に不安になることはありません。

1年目で転職する人は第二新卒として転職することが可能となっていますし、しかも人手不足の超売り手市場です。

そして実際に1年目で辞めた人のうち、大半は辞めて良かったという意見です。

私の知り合いにも1年目で新卒で入社した会社を辞めて転職した人がいますが、辞めたい辞めたいと嘆きながら仕事を続けている人にくらべてずっと生き生きと仕事をしているように見えます。

1年もたたずに辞めてはどこでも通用しない、どこにも雇ってもらえないなんて人もいますが、事実は違うのです。

ただまだ社会人になって1年目なのに、すでに1度転職した経験があって再度転職しようという場合は注意が必要。1年目で短期間に2度の転職はかなりマイナス評価を受けることになり、転職できたとしても条件で妥協しなくてはいけなくなってしまう可能性が高くなります。

仕事が合わないという理由はどうなの?

そうは言っても仕事が合わないっていう理由はどうなのか、甘えではないのかと思ってしまう部分はあるかもしれません。

実際のところ、仕事が合わないという理由はどうなんでしょうか。

時間の経過によって解消される理由

仕事を辞める理由としてよくあるのが、給料が安い、残業が多い、休みが少ないといった理由。

ただ新卒者の場合、仕事が合わないという理由で仕事を辞める人もまた多いです。

ただ年齢が高くなるほど、この理由で仕事を辞める人は少なくなっていきます。

なぜなら給料が安い、残業が多い、休みが少ないといった理由は会社のシステムが変わらない限り、時間が経ってもそれほど変わらないものであるが、仕事が合わないという理由は時間の経過によって解消されることも多い理由だからです。

最初は合わないと感じていたけれど、仕事ができるようになり与えられる幅も広がってきたらそうは思わなくなってきた。

数年後に希望の部署に異動することができた。

上司が変わった途端に仕事が楽しくなってきた。

きっかけは色々とありますが、仕事を続けることによって変わることが他の理由に比べて多いのです。

とはいえ合わない仕事を続けるのはかなり辛い

では変わる可能性があるから仕事を続けるべきかというと決してそういうわけではありません。

1年目であれどうしても合わないとなった中で、そのまま働き続けるというのは相当辛いこと。

本当に考え方が変わる時は来るのだろうかと思いながら、この先何年も働き続けるなんて正直ぞっとします。

確かにこの先続けていれば、今の仕事が楽しいと思える日は来るかもしれません。

ただそれはわからないこと。

だったら転職してみるというのは一つの手段として大いにありではないでしょうか。1年目だって転職できる環境は整っているのですから。

多くの人が転職することに対して過剰に悪いイメージを持ちすぎなように思います。

ただ実際は転職はそれほど大げさなものではなく、しかるべき理由がなければしてはいけないものでもありません。

現在仕事が合わないと感じていて辛い、辞めたい。それだけで十分転職に値する理由なのです。

新卒1年目で仕事を合わないことを理由に悩んだ時の判断基準

まあそうは言っても、中々転職に踏み切ることができない気持ちもわかります。

ただ最も避けるべきは辞めるべきか続けるべきか悩み続けて、答えが出ないまま現状維持を続けてしまうこと。

そこで、新卒1年目で仕事が合わないことを理由に転職するかどうか悩んだ場合の判断基準を紹介します。

他にも不満があるなら辞めてよし

あなたが仕事が辞めたいという理由は仕事が合わないという理由だけでしょうか。

実は残業が多い、サービス残業がある、人間関係が上手くいっていない、将来的に給料が期待できないといった不満も仕事を辞めたいという気持ちに繋がっているのではないでしょうか。

もし何かしら理由があるならもう思い切って辞めてよし。

仕事が合わない上に他にも不満がある状態では、続けていたところで仕事が楽しくなってくることはありませんから。

他にやりたいことがあるなら辞めてよし

もし他にやりたいことが決まっているなら悩む必要はありません。さっさと転職しましょう。

先ほども述べているように1年目だからと言って転職することができないなんてことはありません。リスクを下げる為に、在職中に転職先を見つけることは必要ですが。

ただ本当にやりたいことが現実にあっていることなのかどうかは見極めが必要。

あくまで仕事です。過度な期待を抱かず地に足をついた考え方をしてください。

やりたい仕事だったけどイメージと違っていたという場合には一旦続けてみる

就職は一応成功してやりたいと思っていたという仕事に就くことができたが、実際にやってみるとイメージと違っていたという場合には一旦続けてみるのが良いと思います。

1年目ではまだまだ仕事の全容が見えていない人がほとんど。もう少し仕事を続けてみて、本当に合っていなかったのか見極める時間を作ってください。

もしあと1年続けてもまだ2年目。第二新卒としてキャリアチェンジするのに不利になることはありません。

転職活動をやってみるのも一つの手段

いまいち答えがでないという人はとりあえず転職活動をやってみることをおすすめします。

転職に関して未知の状態では答えは中々でないもの。

転職活動をすることによって、やりたいと思っていることが本当に実現可能なことなのかがわかるし、やりたいことが決まっていない人もやりたいことがなんなのかを見つけることに役立ちます。

現状では決めきれないなら新たな行動を起こしてみるべきです。

第二新卒としての転職活動

第二新卒して転職では、転職サイト、転職エージェントの利用をおすすめします。何かとスムーズに転職活動を進めることができます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ