転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうする?実際に退職して起きたことや考えたこと

転職は大きな環境変化を伴うことであり、特に転職したばかりの時はストレスを感じることも多いでしょう。

中々職場に馴染めなかったり、同僚に冷たい態度を取られたり、期待されていたことに応えることができなかったり。

また、中には思っていた仕事と違った、社風が合わないといった理由で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

転職後1ヶ月で退職した人、退職しなかった人

転職後にストレスを感じ、もう辛い、辞めたいと思った人は少なくないでしょう。

ただ、その人達全員が実際に退職したわけではなく、働き続けた人もたくさんいます。

退職してもいいのか、退職しないほうがいいのか、実際に起きた例を参考に考えてみましょう。

例1:転職先が全然決まらない!

一番良くあるのが、退職してみたものの次の転職先が全然決まらないということ。

転職後すぐに退職したという事実は、次の転職活動において不利になってしまう場合が多々あります。

最初の転職では書類選考を通過することはそう難しいことではなく、すんなり転職先が決まったものの、

1ヶ月で退職して再度転職活動を始めてみると、決まるどころか書類選考すら全然通らなくなってしまったという話もよく聞きます。

例2:もう少し頑張れば良かったと後悔

実際に働いてみると、不満ばかりがつのっていたけれど、実際に退職してみるとやっぱりもう少し続ければ良かったなと後悔してしまったというのもよくある話。

辞めて冷静になると、辛いと感じていたことが実はたいしたことではなかったと感じたり、一時的なものであることに気づいてしまったりします。

例3:実は希望に近い会社だったと後悔

転職活動の時、こんな仕事がしたい、給料をアップしたいなどの希望を持っていたはず。

しかしそれが叶えられても実際働きだすと、その希望が叶ったことへの喜びを忘れ、他の不満ばかり考えてしまうようになるもの。

ただ実際に退職すると、今度は不満よりも良い面が目立ってきます。

忙しかったけどやりがいはあった、仕事は上手くできていなかったけど面白さはあったなど、色々と考えて後悔してしまうことが多いです。

例4:転職してみるともっと良い会社が見つかった

転職後1ヶ月で退職した人の全員が失敗するわけではありません。

中には、さっさと退職してみると意外にもっと良い転職先が見つかったという人もいます。

確かに転職は難しくなるかもしれませんが、不可能になるわけではありません。

例5:とりあえず頑張ってみたらとうとう限界に

次に退職しなかった人の例です。

さすがに1ヶ月で退職するのはまずいと思い、辛いけど頑張ってみたが、耐えきれない環境に自分の限界がきてしまったという人もいます。

職場の人があまりにも冷たく、無視をされたりいじめられたり、上司からパワハラを受けたりするような場合もある為、時には辞める決断をするのも必要なことかもしれません。

例6:辛いのは最初の数ヶ月だけ、慣れると意外にそうでもなかった

次に、最初辛かったけど退職しなくて良かった場合の話。

最初は辛かったけど、働くうちに職場の人と打ち解け、仕事には慣れていき、転職後に感じていたストレスはすっかりなくなったという人も多いです。

意外に時間が解決してくれることってかなり多いです。

例7:単なるブラック企業、辞めて正解

転職先がブラック企業だった!なんてことも良くある話。

入社前に聞いていた条件と全然違っていたり、サービス残業がめちゃくちゃ多かったり。

そんな会社だと退職しても後悔する人は少ないですね。

転職後に辛い、辞めたいと思ったら

では、もし転職後1ヶ月で辛い、辞めたいと思ったらどうすればいいでしょうか。

新しい環境ではどうしてもストレスを感じるもの

まず退職前に知っておかなくてはいけないのが、新しい環境ではストレスは感じるものだということ。

最初から職場に馴染めない、仕事に慣れないというのは当然のことであり、もしまた転職しても同じように感じるのです。

転職したなら、そこは乗り越える必要があります。

ただ、きっと時間が解決してくれるはずです。

最初の1ヶ月は判断が難しい

転職後1ヶ月というのは、その問題が単に時間が解決してくれることなのか、ずっと辛い状態が続くのかを見極めるのが非常に難しい時期です。

給料や仕事内容、休日などが入社前と全然違うような場合であればわかりやすいですが、特に人間関係の面は判断することができないでしょう。

その為、後悔してしまうような誤った判断をしがちです。

もしすぐに辞めなければ心身に影響があるといったことがない場合には、自分でどっちなのか判断するまでは退職を止めておいたほうがいいでしょう。

以前の会社、転職活動時の希望と冷静に比較してみる

転職後には、どうしても不満ばかり目立つもの。

総合的には以前の会社よりも良くなっているのに、局所的な部分だけを見て前の会社のほうが良かったなんていう風に思ってしまうものです。

ですから、一度冷静に以前の会社、そして転職活動時に希望していたことと総合的に比較してみてください。

良い面もあれば悪い面もあるものです。叶ったものもあれば失ったものもあるはずです。

局所的に考えるのではなく、総合的に考えてみてください。

辞める場合でもまずは転職活動を始めるところから

もし退職するにしても、最初にすべきは退職願いを書くのではなく、転職活動を始めることです。

できることなら転職先が決まってから辞めたほうがいいですが、それが無理な場合であっても転職活動は始めておきましょう。

自分から積極的に行くことも必要

最初から合わない、辞めたいと思っているとどうしても受け身になりがち。

それでは当然働き続けても中々慣れることはできないし、ますます辛いと感じるようになっていきます。

慣れない原因は周囲に理由があるだけではなく、自分に原因がある場合もあるのです。

ですから、自分から解決することを意識して積極的に動いてみることも必要です。

再度転職活動を始めてみると色々気づくかも

もし退職するか、退職しないか迷っているなら、とりあえず転職活動を始めてみることで色々と気づくことができるかもしれません。

頭の中で悩んでいても中々答えは見つからないし、答えが見つかる前に決断してしまっては失敗してしまう可能性も高いのです。

だからこそ、転職活動をしてみながら自分の今の仕事も見つめなおし、どうするか考えてみることから始めましょう。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:ブラック企業はすぐ辞めるべき理由や、退職時の注意点

関連:ブラック企業の見分け方、企業選びの時に絶対確認!

関連:転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ