手取り18万円は普通?少ない?転職するかどうかの判断は仕事への満足度から考えてみよう

手取り18万円は普通?少ない?転職するかどうかの判断は仕事への満足度から考えてみよう

毎月手取りで30万円も40万円も給料を貰うことができればいいのですが、まあ世の中そんなに甘くないもの。毎月口座に振り込まれるのは30万円どころか20万円を切って18万円程度しか貰えていないという人は珍しいわけではありません。

ただ実際に手取り18万しか貰えていないと生活はきつくて贅沢をすることはできませんよね。そういう生活を送っていると給料が少ないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

とは言え、転職したほうが良いのかどうかはちょっと悩むラインの給料ですよね。

そこで今回は手取り18万円の現状に対して転職するかどうかを判断してみましょう。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:正社員なのに手取り13万円、年収200万円では生活は苦しい。早めに転職したほうが絶対良い。

手取り18万円って普通なの?

そもそも手取り18万円って普通なのか、それとも世間的に見ると少ないのでしょうか。

年収で言えば300万円から350万円くらい

手取り18万円となると、額面では23万円程度。住民税やら源泉徴収税やら社会保険料やらおよそ5万円程度引かれているでしょう。

もしもボーナスがない場合だと280万円程度。ボーナスがあればその分年収が上乗せされるので、年収はだいたい300万円から350万円という人が多いかと思います。

サラリーマンの平均年収は420万円程度であり平均以下です。ただ少ないかというとそうでもありません。

一部の人が高い給料を貰っていて平均年収を引き上げているので、実は6割程度の人が年収400万円以下となっていてむしろ標準と言えます。

20代後半であれば平均程度

20代後半の正社員の平均年収を見てみると、352万円となっている為、だいたい平均年収程度であると言えます。

ただし男性に限った場合だと平均年収が382万となっている為、平均よりも少ないですね。

ちなみに女性の平均年収は306万円です。

30代だと少ない

30代の平均年収は30代前半で397万円、30代後半で432万円となっているので、手取り18万円程度だと平均年収以下です。

さらに男性に限った場合だと30代前半で451万円、30代後半で510万円となっているのでかなり少ないほうかもしれません。

ちなみに女性の場合は30代前半で307万円、30代後半で299万円です。

正社員だとかなり少ない

これまで紹介した平均年収は派遣社員や契約社員はもちろん、フルタイムで働いていないパートといった非正規社員人も含めた値です。男性と女性に大きな年収の差があるのも、女性に非正規社員の割合が大きいことも理由の一つです。

正社員に限定した場合だと平均年収は全体で485万円、男性が536万円、女性が367万円となっており、上述した値よりも数十万円増えます。

その為、特に男性の場合であれば手取り18万円は少ないということが言えるでしょう。

転職するかしないかの判断はどうする?

これまでの結果から考えると、手取り18万円は正社員として働いている場合はやはり少ないというのが結論になります。

ただ、転職は給料の為だけにするものではありません。もし年収200万円程度であるならば絶対に転職したほうがいいとは思いますが、20代後半であれば正社員だとしても若干低い程度ですから、その他の点も考えてみる必要があります。

20代であればわざわざしなくても良い

20代の場合は今後の昇給で給料が上がっていく可能性は十分にありますから、転職するかどうかはそれ次第であると言えます。会社によっては昇格して一気に給料が上がるなんてパターンもありますから、自分の会社のシステムをよく理解しておきましょう。

仕事自体が好きな内容で楽しく働くことができているならば、無理に給料だけを追い求めて転職することによって後悔する可能性も高くなってしまいます。

目先の給料に目がくらんでしまって毎月の手取りが数万円程度上がった代わりに、毎日つまらない仕事をするようになってしまうのは決して良いことだとは言えません。

ただ30代になってもそれほど昇給が望めないし、今の仕事自体楽しいとは思っていないならば、転職のしやすい20代のうちに転職しておいたほうがいいでしょう。また、30代で手取り18万円ならば、積極的に転職にチャレンジすることをおすすめします。

残業が多いなら転職を考えたほうが良い

もしも残業時間が長いにも関わらず手取り18万円であるならば迷わず転職をしたほうがいいです。

例えば毎月残業を40時間しているとなると、残業代が5万円程度にはなるはず。にも関わらず手取り18万円だとするとサービス残業になっているか、基本給が低いかのどちらかです。

サービス残業で残業代を貰えていないならば当然転職したほうがいいのは当たり前ですが、基本給が低い会社で働くのも危険です。

もしも景気が悪化して残業をしてはいけないとなった場合には給料が数万円減って手取り14万円程度になってしまう可能性があります。いつも残業ができるという考え方は非常に危険であることを知っておきましょう。

20代後半以降であれば給料アップの可能性は高い

転職しても給料が上がらなければ意味はありませんが、20代後半であれば給料がアップできる可能性はかなり高いです。

特に平均年収が高い大都市部では大いに可能性があると言えるでしょう。

どうせ転職しても給料は上がらないだろうなんて考えている人は、とりあえず転職活動を始めてみるといいですよ、意外に色々と見つかるかと思います。

年収アップの為の転職活動ですべきこと

年収アップを目的に転職活動する場合には、ハローワークや転職サイトで検索できる公開求人から募集していてはだめ。転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

関連:手取り15万円以下の低賃金で働いている正社員はすぐに転職しよう


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ