1日16時間労働はさすがに異常!体を壊す前にできるだけ早く転職を

1日16時間労働はさすがに異常!体を壊す前にできるだけ早く転職を

1日の労働時間の上限は8時間と決められていますが、労使間で36協定を結び、かつ超過勤務手当や深夜勤務手当が支払われればそれ以上に働くことは可能です。

その結果、中には通常の勤務8時間に加えて8時間の残業があり、合計で16時間労働を行っている人も少なからずいて、それが体を壊す原因にもなっている場合があります。

関連:残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

関連:サービス残業が嫌で仕事を辞めたいならさっさと転職を。働いてもお金が貰えないなら続ける意味なし。

1日16時間勤務の現実

1日16時間が仕事で終わる、聞いただけでもぞっとしますが実際こんな無茶な働き方をしている人は少なくありません。

突然のトラブル対応などで1年に数回程度であったり、その分休みを増やしてくれるのであればまだしも、そんな働き方が頻発しているのであればこのまま働き続けていいものなのかどうかは少し考える必要があるでしょう。

そもそも1日16時間も働いていれば残りはたったの8時間。しかもその8時間のうち1時間は休憩時間として会社で過ごすことになるので拘束時間は実質17時間。

さらに通勤時間が片道1時間だとすればそれで19時間。そうなれば残りたったの5時間しかありません。

その5時間で食事をする、風呂に入るといった生活に必要なことをするわけですから、睡眠時間は4時間未満となり当然睡眠不足です。

プライベートの時間がないとか言う問題ですらなく、そもそも生きる上で必要なことすらできなくなる状態であり、体を壊す可能性はとても高いです。。

ここまで来ると仕事にやりがいがあろうが、成長につながろうが、職場の人間関係が良かろうが関係ありませんね。

そんな働き方違法ではないの?

こんな明らかに体を壊してもおかしくないような働き方をすることになることは、当然違法なのではと思う人もいるかもしれません。

しかし残念ながら合法的に可能です。

もちろんこれをする為には守らなくてはいけないこともあります。

  • 36協定が結ばれている
  • 残業手当が支払われている
  • 深夜勤務手当が支払われている

1時間でも残業をする場合、労働基準法第36条に基づいて労使間で36協定を結ばなくてはなりません。ただこれだけでは残業に上限(1ヶ月45時間、1年間360時間)があり、1日8時間も残業することになればこの上限をオーバーすることになる場合がほとんどでしょうから、その上限を撤廃できる特別条項付きの36協定を結ぶことになります。

あとは残業手当や22:00~5:00までの時間帯に働く場合は深夜勤務手当が必要。まあこれは当然ですね。

これらのことを守っていれば、1日16時間勤務も違法とはなりません。

ただ実際のところ、1日16時間という健康に害を及ぼすような働き方が常態化、振り替え休日をとらせることもないような会社では、残業代、深夜勤務手当代をごまかしていることも少なくありません。

月150時間以上も残業しているのにその残業の大半がサービス残業となって給料が全然増えないという人もたくさんいるのではないでしょうか。

1日16時間労働の体験談

残念ながらこのように1日16時間労働することは違法でもなく、必要であればしなくてはいけないのが現状。

実際ここでは1日16時間労働を体験した人のその労働の過酷さの話を聞いたので紹介します。

地獄の繁忙期

私が以前働いていた会社は、毎年1月から3月が繁忙期となっていて、この間はとにかく地獄でした。

毎日8時から仕事をして夜帰るのは早くても翌1時。遅いと翌3時くらいになります。3時に終わった日なんて家に帰ってシャワーをあびてなんだかんだしているうちに4時。また7時には起きなくてはいけないのでどんだけスムーズに眠ることができたとしても3時間しか睡眠時間がとれません。

しかも働くのは平日に限らず休日も土日のどちらかは出勤。おそらく残業は200時間を超えていたと思います。

「おそらく」というのは残業代が全額なんてでなかったから。最大でも60時間までしか貰えなかったので実際にどれくらいしたのかよくわかりませんね。

ただ閑散期との仕事量の差が大きかったので人を増やしてもらうことはなく、毎年その時期は地獄と化していました。

結局私は耐えきれず3年で退職。1年に3ヶ月間だけと言っても、このまま働き続けるのはさすがに無理でした。

心も体がボロボロに

残業毎月150時間以上、1日の労働時間は12時間から16時間。入社してからずっとそんな生活だった私は2年で心も体もぼろぼろになりました。

入社したのはいわゆるブラック企業。入社しても1年で半分以上が辞めていくような状況だったんですが、せっかく入社したから3年は働きたいと思っていて少し無理をしてしまいました。

自分が無理だと判断したら早めに見切りをつけた方がいいと思います。他人事だと思って適当なことを言う周囲、自分の状況なんて知らずに理想だけを言う周囲に惑わされず、自分を大切にする。今更ながらそれを強く思います。

無謀な働き方をしている人は一刻も早く脱出を

仕事は人生を豊かにする為に行うものなはず。その仕事によって健康を失い、自分の貴重な人生の時間を失うことは決していいことだとはいえません。

もしあなたが現在無謀な働き方を強いられているのであれば、今一度今の働き方のままでいいのか、本当にこのまま何年も働き続けていくのか、しっかり考えてみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ