1日16時間労働はさすがに異常!体を壊す前にできるだけ早く転職を

1日16時間労働はさすがに異常!体を壊す前にできるだけ早く転職を

1日の労働時間の上限は8時間と決められていますが、労使間で36協定を結び、かつ超過勤務手当や深夜勤務手当が支払われればそれ以上に働くことは可能です。

その結果、中には通常の勤務8時間に加えて8時間の残業があり、合計で16時間労働を行っている人も少なからずいて、それが体を壊す原因にもなっている場合があります。

関連:残業が多くて辛いというのは甘えではない。自分に合わないなら早めに転職するのがベスト。

関連:サービス残業が嫌で仕事を辞めたいならさっさと転職を。働いてもお金が貰えないなら続ける意味なし。

1日16時間勤務の現実

1日16時間が仕事で終わる、聞いただけでもぞっとしますが実際こんな無茶な働き方をしている人は少なくありません。

突然のトラブル対応などで1年に数回程度であったり、その分休みを増やしてくれるのであればまだしも、そんな働き方が頻発しているのであればこのまま働き続けていいものなのかどうかは少し考える必要があるでしょう。

そもそも1日16時間も働いていれば残りはたったの8時間。しかもその8時間のうち1時間は休憩時間として会社で過ごすことになるので拘束時間は実質17時間。

さらに通勤時間が片道1時間だとすればそれで19時間。そうなれば残りたったの5時間しかありません。

その5時間で食事をする、風呂に入るといった生活に必要なことをするわけですから、睡眠時間は4時間未満となり当然睡眠不足です。

プライベートの時間がないとか言う問題ですらなく、そもそも生きる上で必要なことすらできなくなる状態であり、体を壊す可能性はとても高いです。。

ここまで来ると仕事にやりがいがあろうが、成長につながろうが、職場の人間関係が良かろうが関係ありませんね。

そんな働き方違法ではないの?

こんな明らかに体を壊してもおかしくないような働き方をすることになることは、当然違法なのではと思う人もいるかもしれません。

しかし残念ながら合法的に可能です。

もちろんこれをする為には守らなくてはいけないこともあります。

  • 36協定が結ばれている
  • 残業手当が支払われている
  • 深夜勤務手当が支払われている

1時間でも残業をする場合、労働基準法第36条に基づいて労使間で36協定を結ばなくてはなりません。ただこれだけでは残業に上限(1ヶ月45時間、1年間360時間)があり、1日8時間も残業することになればこの上限をオーバーすることになる場合がほとんどでしょうから、その上限を撤廃できる特別条項付きの36協定を結ぶことになります。

あとは残業手当や22:00~5:00までの時間帯に働く場合は深夜勤務手当が必要。まあこれは当然ですね。

これらのことを守っていれば、1日16時間勤務も違法とはなりません。

ただ実際のところ、1日16時間という健康に害を及ぼすような働き方が常態化、振り替え休日をとらせることもないような会社では、残業代、深夜勤務手当代をごまかしていることも少なくありません。

月150時間以上も残業しているのにその残業の大半がサービス残業となって給料が全然増えないという人もたくさんいるのではないでしょうか。

1日16時間労働の体験談

残念ながらこのように1日16時間労働することは違法でもなく、必要であればしなくてはいけないのが現状。

実際ここでは1日16時間労働を体験した人のその労働の過酷さの話を聞いたので紹介します。

地獄の繁忙期

私が以前働いていた会社は、毎年1月から3月が繁忙期となっていて、この間はとにかく地獄でした。

毎日8時から仕事をして夜帰るのは早くても翌1時。遅いと翌3時くらいになります。3時に終わった日なんて家に帰ってシャワーをあびてなんだかんだしているうちに4時。また7時には起きなくてはいけないのでどんだけスムーズに眠ることができたとしても3時間しか睡眠時間がとれません。

しかも働くのは平日に限らず休日も土日のどちらかは出勤。おそらく残業は200時間を超えていたと思います。

「おそらく」というのは残業代が全額なんてでなかったから。最大でも60時間までしか貰えなかったので実際にどれくらいしたのかよくわかりませんね。

ただ閑散期との仕事量の差が大きかったので人を増やしてもらうことはなく、毎年その時期は地獄と化していました。

結局私は耐えきれず3年で退職。1年に3ヶ月間だけと言っても、このまま働き続けるのはさすがに無理でした。

心も体がボロボロに

残業毎月150時間以上、1日の労働時間は12時間から16時間。入社してからずっとそんな生活だった私は2年で心も体もぼろぼろになりました。

入社したのはいわゆるブラック企業。入社しても1年で半分以上が辞めていくような状況だったんですが、せっかく入社したから3年は働きたいと思っていて少し無理をしてしまいました。

自分が無理だと判断したら早めに見切りをつけた方がいいと思います。他人事だと思って適当なことを言う周囲、自分の状況なんて知らずに理想だけを言う周囲に惑わされず、自分を大切にする。今更ながらそれを強く思います。

無謀な働き方をしている人は一刻も早く脱出を

仕事は人生を豊かにする為に行うものなはず。その仕事によって健康を失い、自分の貴重な人生の時間を失うことは決していいことだとはいえません。

もしあなたが現在無謀な働き方を強いられているのであれば、今一度今の働き方のままでいいのか、本当にこのまま何年も働き続けていくのか、しっかり考えてみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ