仕事で10連勤以上はかなりきつい。当然のようにさせる会社は辞めて転職したほうが良い。

仕事で10連勤以上はかなりきつい。当然のようにさせる会社は辞めて転職したほうが良い。

仕事が忙しくなってくると、残業が増え、休日出勤もしなくてはならないという人も多いはず。

中には土日どっちも休日出勤ででなくてはならずに、全然休みがとれないなんて人もいるでしょう。

たださすがに仕事で10連勤以上すると心も体も疲れ切ってしまいます。それがまだ1年に1回とかなら良いかもしれませんが、もし常態化しているならば、自分の仕事について見直してみる必要があります。

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

関連:連続勤務がきつい!労働基準法では休日がどう定められているのか。

仕事で10連勤以上続くとかなりきつい

月曜日から金曜日まで働いて、土日も出勤。月曜日は色々とあるから休めない。よくあると思います。

でも火曜日か水曜日に振休や代休、有給を使って休めることができればまだましです。

ただ、中にはどの曜日もやることが一杯で休むことができなかったり、そもそも会社自体に振休をとる習慣がなかったり、有休を使うことが許されなかったりして、まったく休みをとれない人も多いです、

それでも平日に定時で帰れたらまだましかもしれません。しかしそういった会社はたいてい遅くまでの残業を強いられます。

これでは疲れをとる暇が全くありません。

私自身、10連勤以上したことがありますし、最大で19連勤したことがありますが、やっぱりかなりきつかったです。

休みがないということを甘く考えてはいけません。本当に体を壊してしまう危険があるのです。

違法ではない、でも社員のことを考えている会社ではない

仕事で休みがないということに対し、労働基準法に違反しているのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、実は違法ではありません。

法律上は何連勤でも可能

法律上、休日は毎週少なくとも1回、4週間で4日間以上与えなければならないと労働基準法35条で定められています。

しかし、休日を与えたとしてもその労使間で36協定を結び、休日出勤手当として3割5分以上の割増賃金を支払えば、その休日に働かせることも可能です。

休日出勤したとしても、法律上それは休日となる為、何ら法律に違反することなく何連勤でもできてしまうことになります。

ただ、社員にとって休日も働かせるのは大きな負担。何連勤もさせることに対して会社がどう捉えるか、モラルの問題になっています。

普通の会社は休ませてくれる

10連勤以上させることが違法ではないとは言え、違法でなければ良いというわけではなく、そんな会社は社員のことを考えている会社ではありません。

普通の会社は休ませてくれます。例えばやむを得ず土日どちらも出勤することになっても、事前にとらせるか、遅くても火曜、水曜あたりに振休や、有給休暇を推奨します。

会社によっては振休の取得を義務付けている会社もあります。

確かに10連勤以上させることも当たり前のようになっている会社はたくさんあります。しかしそれは普通ではなく、異常なことなのです。

体制、考え方に問題がある

何連勤もさせるような会社は、なんかしら問題があります。

よくあるのは体制の問題です。上司は問題だと思っていても、やむを得ずにそうしなければならなくなってしまっています。

本来は、土日どちらも同じ人に出勤させるのではなく分担して出勤させたり、仕事の負荷を減らしたりフォローしたりして平日に休ませるようにすべきです。

しかし、体制として問題があり、それができない場合が非常に多いです。

もう一つは考え方の問題です。

休みがなくても大丈夫、体よりも仕事が大事なんていう風に考えて、平日に休みをとるなんてことを許さない会社も少なからずあります。

また、連続勤務となる原因を社員の問題としてくる会社、上司もいますね。仕事が遅いのが悪い、スケジュールの立て方が悪いなど、自己責任であることをアピールしてきます。

体を壊してまで働き続ける理由はない。さっさと転職しよう

中には10連勤以上しても何ともないという人は確かにいます。しかしそんな人ばかりではありませんから、それを基準にして考えてはいけません。

自分には自分に合った働き方があり、きついことはやっぱりきついんです。

どんなにきつくても、頑張って仕事をすることが美学のような風潮がありますが、結局体を壊してしまったら何も良いことはありません。体を壊してまで働き続ける理由なんてないのです。

ですから、もしきついと思っているならば限界が来る前に、休日出勤を断る、それができないような環境であればさっさと転職してしまったほうが良いです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ