年収1000万円の手取りや人口の割合、生活など。サラリーマンが得るには?

年収1000万の手取り、割合等。サラリーマンが年収1000万を得るには?

年収1000万円というとどんなことをイメージしますか?

「金持ち」、「裕福」、「勝ち組」。

年収1000万円はサラリーマンにとっても憧れで、目標だったりしますよね。

ただ年収1000万円なんて貰うことができる人の割合は相当低くて、いくのはかなり困難であるというイメージを持つ人も多いでしょう。

今回はこの年収1000万円について、手取り、割合や、実際の生活はどんな感じなのか

さらに、実際のサラリーマンが年収1000万円を達成するにはどうするかを考察していきます。

関連:給料が安い!!そんな時に考える3つの方法。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

スポンサーリンク

年収1000万円の手取りや割合、人数

年収1000万円の時、手取りはどうなるでしょう。またどの程度の割合の人が年収1000万円を超えているのでしょう。

年収1000万円の手取り

年収1000万円の手取りはおよそ700万~800万円となることが多いです。

家族構成や、控除額等により大きく変わってきますが、もし前提条件が妻が専業主婦、子供が中学生以下であるとすると手取りはおよそ750万となります。

ちなみに手取り額は、年収より社会保険料、所得税、住民税を差し引いた額となります。

よく会社の組合費や、社宅等で直接天引きされているものも差し引いた上で、手取りと考えている人もたまにいますが、それは違います。

あくまで手取り額はそれぞれの会社によって異なるものではなく、国に納める税金や社会保険料を引いたものです。

手取りが750万円程度であれば、毎月62.5万円が使えるわけですね。こう考えるとやっぱり裕福な生活を送ることができるように感じます。

年収1000万円以上の割合、人数

では次に年収1000万円以上の人の割合ってどれくらいなのかを確認してみましょう。

男女合計

国税庁の平成27年度民間給与実態統計調査によれば、

1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は420万円(男性:521万円、女性276万円)となっています。

そして、年収1000万円以上の給与所得者の割合、人数は以下の通りとなります。

給与所得者数:47,940千人

  • 年収1,000万~1,500万:人数…1,539千人、割合…3.2%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…335千人、割合…0.7%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…101千人、割合…0.2%
  • 年収2,500万以上:人数…117千人、割合…0.2%

合算すると、年収1000万円以上の給与をもらっている人の人数は2,092千人、割合は4.3%となります。

ちなみに平成26年度では、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は415万円(男性:514万円、女性272万円)であり、年収1000万円以上の給与所得者の割合、人数は以下の通りでした。

給与所得者数:47,563千人

  • 年収1,000万~1,500万:人数…1,483千人、割合…3.1%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…306千人、割合…0.6%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…95千人、割合…0.2%
  • 年収2,500万以上:人数…111千人、割合…0.2%

合算すると、年収1000万円以上の給与をもらっている人の人数は11,995千人、割合は4.1%でした

平均年収1000万円以上の会社もまれに見かけますが少ないです。年収800万円以上であればよく見かけますが。

男性の場合

男性の場合に限ると以下の通りです。

給与所得者数:28,314千人

  • 年収1,000万~1,500万:人数…1,414千人、割合…5.0%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…302千人、割合…1.1%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…92千人、割合…0.3%
  • 年収2,500万以上:人数…109千人、割合…0.4%

合算すると、年収1000万円以上の給与をもらっている人の人数は1,917千人、割合は6.8%となります。

女性の場合

女性の場合に限ると以下の通りです。

給与所得者数:19,626千人

  • 年収1,000万~1,500万:人数…125千人、割合…0.6%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…34千人、割合…0.2%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…9千人、割合…0.0%
  • 年収2,500万以上:人数…9千人、割合…0.0%

合算すると、年収1000万円以上の給与をもらっている人の人数は177千人、割合は0.8%となります。

男性に比べると、かなり少ないです。

年収1000万円以上の人はごくわずか

男女あわせると100人に4人程度しかいないわけですから、やっぱり勝ち組ですよね。

男性にかぎった場合でも100人に6人程度。

それこそ30代で年収1000万円に行けば相当な勝ち組でしょう。

医師、弁護士などの専門職や、高給といわれるマスコミ、金融、商社、またトヨタ、ソニーなどの超大企業などで働く人が多くを占めるのではないでしょうか。

ただし、これはあくまで給与所得者の割合であり、経営者等は含まれていない為、日本全体であれば人数はもっと多いです。ただ割合はそんな変わらないと思います。

とは言ってもサラリーマンは保険や、退職金等のメリットがあるし、自営業であれば、課税の仕組みをうまく利用した節税をできるといったメリットがあるため、一概には比較できません。

また、サラリーマンであっても副業等で合算するともっと人数は増え、割合も増えるでしょう。最近は副業やっている人も多いですから。

ただ、どちらにしても割合としてはかなり低いですね。やはりエリートです。

ちなみに、税金の支払額という観点で割合を見てみると国の納税額全体のうち48.9%が年収1000万円以上の人の納税額となっています。

年収は勤めている会社次第な部分が大きく、実際の適正年収とは離れている場合も多いです。一度、自身の適正年収について調べてみるのも面白いですよ。

参考:転職の市場価値診断、テストの種類や知っておく必要性

スポンサーリンク

年収1000万円以上の求人はあるか

先ほど述べたように、給与所得者の平均年収は414万円。

年収1000万円になる為のハードルはなかなか高いです。

ただ、求人としてはないわけではありませんし、すぐには無理でも40代になれば可能という会社も中にはあるので、転職を目指すというのは一つの方法でしょう。

ただ、転職する際には転職エージェントの利用は必須。高年収の求人自体が転職エージェント経由でなければ紹介してもらうことができないものが多いので、実際に年収アップの転職ができた人の多くは転職エージェントを活用しています。

もちろん転職サイトも情報収集という観点でとても有用ですので、転職活動をする際には合わせて使うのがよいでしょう。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もう一つ、最近はハイクラス向けの転職サービスも多々でています。その中で最も使えるのがビズリーチ。

年収1000万円以上の求人もそろっていますから、条件があっているなら使ってみるのもいいでしょう。

■公式サイト:会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

 

年収1000万円の生活

非常に割合の少ない年収1000万円の人はどんな生活をしているのでしょう。

インターネットで調べると、なかなか生活が苦しいという話がよくでてきますね。

税額が大きい、児童手当が減額されてしまうだとかいうこともありますが、それでも金銭的にもらっているのは事実であり、生活に困るほどではないと思いますよね。

それでも、苦しいのはやはり生活レベルを向上してしまうから。年収1000万円=お金持ちというイメージをもってしまうあまりに生活をグレードアップしてしまう人がいるのです。

ちょっと高めの住宅購入や家賃が高いだとか、子供の私立学校入学、食事はいいものにといった感じで生活レベルを上げてしまいます。

せっかく頑張って高い年収もらえるようになったのだから、我慢しない生活を送りたいという気持ちもわかりますね。

ちなみに一般的に、2000万あればようやく生活に余裕がでるそうです。

私の周辺では、既婚者で奥さんが専業主婦の方は、やはり贅沢できていない、生活は厳しいと言います。

といっても、それなりに大きい一戸建てを持ち、子供は2人とも私立の大学まで。車も2台と、やはり普通の家庭の生活から考えると話を聞く分にはかなり裕福な生活を送っています。

一方で、独身者の方はかなり贅沢しています。

高級車に乗ったり、海外旅行に行きまくったり、美味しいもの食べたりといった優雅な生活。

独身の人にとっては年収1000万円あれば贅沢な生活をしても困らないくらいなのでしょう。

既婚者が生活面で本当に満足するにはもっと年収が必要であるということですね。単に贅沢といったらそれまでなのかもしれませんが。

スポンサーリンク

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

関連:年収800万円は高年収?手取りや割合、人数


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ