転職で年収1000万円以上を目指す方法。高給取りになる為の動き方とは

転職で年収1000万円以上を目指す方法。高給取りになる為の動き方とは

年収1000万円というとかなりの高給取りというイメージが強いかもしれません。

実際、労働者の平均年収は420万円、平均年収の最も高い男性正社員であっても538万円となっており、年収1000万円を超えるのはたったの4%程度とかなりの上位層であると言えます。

ただ、少なくとも25人に1人は年収1000万円程度は貰っていますし、年収が最も高くなる40代、50代に限ればそのもっと割合は高くなる為、決して非現実的な数字ではありません。

そこで、今回は年収1000万円目指す方法について紹介していきます。

関連:年収1000万円の手取りや人口の割合、生活など。サラリーマンが得るには?

関連:高年収はいくらから?あなたはどのくらいを目指す?

年収1000万円以上となるパターン

まず、年収1000万円となるパターンについて考えてみましょう。

平均年収の高い会社に入社する

一番楽なのは、新卒時に平均年収の高い会社に入り、その会社で働きつづけること。

年収1000万円を超えるような会社は当然人気があり、それなりに有名大学を卒業して、かつ高い倍率をクリアしていかなくてはなりませんが、それをクリアすることができれば滅多なことがない限りはクビになることはなく、たとえ出世できなくても年収1000万円になることは可能です。

年収は能力よりもどのような会社に勤めるかによって決まるものである為、たとえ本人の能力が低くても年収が高い人というのはかなりいるのです。

年収が高い会社に転職し、働き続ける

たとえ新卒時に年収1000万円を超えるような会社に入社できなかったとしても、転職でそういった会社に転職することは可能です。

当然倍率も高く難関ではありますが、新卒時の就職ほど学歴は影響しませんが、代わりに本人の能力が大きく影響する為、高いスキルを身につけることは必須と言えるでしょう。

年収1000万円以上を条件に転職する

転職する時点から年収1000万円を条件にして転職するという方法もあります。

あまり表にはでてきませんが、実はマネジメント層などをターゲットとして年収1000万円以上を提示してくる会社も少なくはありません。

ただ、年収500万円以下の人がいきなり年収1000万円以上貰えるというのは稀で、たいていは年収800万円程度の人が200万円程度の年収アップする場合が多いです。

歩合制の会社で成果を上げる

営業などの仕事だと、基本給に加えて成果に応じた歩合給を設定している会社も多いです。

そういった会社の求人広告なんかを見ると、年収1000万円以上という文字がうたわれていることも少なくありません。

書いている以上はないというわけではないでしょうが、実際はかなり困難であるので注意が必要です。とは言え、可能性はあると言えるでしょう。

また、外資系企業などで成果主義をとっている会社であれば、高い成果をあげることで年収1000万円を超えることもあります。

転職で年収1000万円を実現するには

年収1000万円を実現する方法として上記のような例がある中で、実際にすでに社会人として現実的な方法は転職によって実現する方法です。

その方法についてもう少し詳しく紹介していきます。

ハイクラスの転職エージェントサービスを利用する

まず一つ目がハイクラス向けの転職エージェントを活用する方法です。

通常の転職エージェントに比べると、年収1000万円以上の求人案件を多く抱えている為、転職してすぐに年収1000万円を貰うことができる会社に転職する可能性は高くなります。

ただ、このハイクラスの転職エージェントサービスは、既にハイクラスの人がさらにキャリアアップをという目的となっている為、現在の年収が600万円以上といったような制限がついていますし、マネジメント経験やかなりの高スキルを持っていなくてはなかなか転職できません。

たとえばキャリアカーバーといったものがあります。リクナビNEXTやリクルートエージェントを運営しているリクルートが手掛けているエグゼクティブ転職サービスです

いずれは年収1000万円となる会社に若いうちに転職する

次の方法が、すぐに年収1000万円を目指すのではなく、若いうちにそいずれはそうなるであろう会社に転職することです。

若いうちというのは、そのほうが可能性が高い為です。

とは言え、そういった会社は転職時点でも同世代の年収に比べて高いですし、ネームバリューとしてもかなりある企業である為、当然人気は高く、倍率は高くなります。

ただ、必ずしもできないわけではありませんからあずは挑戦してみることが大切です。

そういった人気企業の求人はあまり転職サイトで検索してもでてこないことが多く、たいていは転職サイトのスカウト機能や転職エージェントから紹介してもらうことで応募可能となる非公開求人となっています。

ですから、転職したいと考えているならばそういったものを使うようにしてください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

徐々に年収をアップさせていく

年収300万円の人がいきなり年収1000万円以上の会社に転職したり、零細企業で働いている人がいきなり大企業を目指すというのは正直あまり現実的ではありません。

そういった人の場合は徐々に年収アップさせていくことが現実的です。

転職回数が多くなるほど転職では不利になると言われてはいますが、しっかりとした目的を持っていれば不利になrずに徐々にキャリアアップしていくことは十分に可能です。

実際、年収300万円、500万円、800万円、1100万円りとステップアップしていった人もいます。

ただ、そこまでアップしようと思うと他社が高年収をだしてもほしがるような高いスキルが必要となりますから、現在の仕事をする中でもスキルを意識して働いていくことが必要となります。

転職で年収アップをさせることは十分可能

いきなり年収1000万円は難しくても、100万円以上の年収アップは十分可能ですし、それを積み上げていくことで年収1000万円にだんだん近づいていきます。

その為にも、早い段階から自分の希望のキャリアを明確にし、そのキャリアを実現する為にはどう動いていく必要があるかを考え、具体的に行動していくこtが必要になります。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ